237427 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はじめのいっぽのてまえ

2020.06.02
XML
カテゴリ:まんが

 ■レビュー内容
 

 「帰ってこれたのね。よかったね。おかえりねバド」
 バドがこれと言って努力したわけではないのだが、エミの方に変化があったんでしょう日本人らしい再会の場面でした。物を擬人化するというか、魂が宿ると言うか…。ロボット王子の家庭環境の話は伏線でしょうか、姉二人は再登場ありか?

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 どうしてもバディドッグの秘密を知りたいロボット王子は、バディドッグの実証実験の許認可申請をする評価機関との契約が得られない相沢に、口添えをする代わりにバディドッグを貸して欲しいと言う。情報漏洩を心配する相沢だったが、ロボット王子を欺くことなど簡単だというバドの言を入れ、一日と言う条件で応じるのだった。
 ロボット王子の自宅へやってきたバドは、あくまで介護ロボットとして振る舞うのだが、ロボット王子の二人の姉に隔離されそうになると、AIスピーカをハッキングし家電を暴走させ、難を逃れるのだった。
 バドを返してもらい、評価機関との契約も結ぶことが出来た相沢は、バド研究室の面々に報告する。だが、一ノ瀬は実証実験に進むにはまだ、実験で得られるデータを吸い上げるプラットホームが出来ていないと、喜ぶ面々をたしなめるのだった。
 そんな中、相沢は、先の件でバド研究室を快く思っていない浦上課長から呼び出しを受ける。ロボット王子とのやり取りを見られていた相沢は、機密漏洩を疑われてしまう。相沢のストレス値の上昇を見て取ったバドは、相沢に内緒で浦上の排除に乗り出す。バドは、エミに嘘をつきジンム電機本社まで同行させ、周囲で稼働していたドローンをハッキングし、タバコを吸いに屋上へ出た浦上を攻撃、怪我を負わせるのだった。
 そのことを知った相沢はバドに懲罰を与えるのだが、バドは仕事のためにも健康のためにも浦上の排除が最も有効であるはずと納得出来ずにいた。更に、相沢は浦上が妨害してきたのにもかかわらず、謝罪に行くという。バドは、益々理解できなくなってしまうのだった。
 そんな折、相沢家は一泊で温泉旅行へ出かける。ルナの浮かない顔を見たバドは、ルナから悩みを打ち明けられる。グループラインに誘った友達が一人孤立してしまっていて、どうしたらよいか分からないという。バドは、ネット情報から得た解決策をルナに提示する。それは、ルナが悪くなくとも双方に謝罪し、友人をグループラインから退会させたほうが良いというもので、バドは事の是非にかかわらず謝罪することで人間関係が上手く行くこともあるのだと知るのだった。







Last updated  2020.06.02 10:35:03
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

カテゴリ未分類

(0)

映画

(143)

日記

(8)

スポーツ

(11)

(89)

うちのワンコ

(1)

まんが

(1060)

ドラマ

(40)

Calendar

Comments

 あおいまりい@ Re:『ピアノレッスン』(10/27) はじめまして! ピアノレッスンという映…
 知りたい人@ この映画大好きです。 いい映画紹介されていますね。 私もこの…
 きん☆ぎん☆すなご@ Re[1]:『どら平太』(11/09) たこちゃん★~KIREI~を知りたい!さん。…
 たこちゃん★~KIREI~を知りたい!@ Re:『どら平太』(11/09) はじめまして。 私も、どら平太を見まし…
 きん☆ぎん☆すなご@ Re:私も。(10/19) tatoまめさん。こんにちは。 >蝶衣を…
 tatoまめ@ 私も。 最近この作品を観ました。 全体の深く張…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.