277422 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はじめのいっぽのてまえ

2020.10.22
XML
カテゴリ:まんが

 ■レビュー内容
 

 「何億年も先の話よ。そのころになれば今の人類なんて誰も残ってないわ」
 初期の作品、ニンバスの負の世界を再構成したもののようです。全てがハッピーエンドじゃなくて、何か物悲しいものが最後に残る、ISCの隊員とかヘルガとか…。とっても超人ロックらしい物語でした。
 時空を構成する二つの波。一つは宇宙を構成する物質やエネルギー、それと対称の性質を持つ波がもう一つあり、それを制御することで時空を変形出来る。その制御が、超空間通信やHD、ESPであるという定説。生きている岩は、第三の波を作り出していて、空間を変形させるのではなく、消滅させたり造り出したりすると考えられる。
 ってことのようですが、ここからハンザ博士がゲートを発明、は良いとして、この波って第三波動のことなのか?ニンバスの負の世界ではプシ陰線って言ってたし、第三波動って未来予知みたいな能力じゃなかったっけか…。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 アイザックは、ニエミネンの報告からゴダンの実行部隊がソニアとアミナを狙っていることを知ると、二人を守るため一人で行動を開始する。敵部隊をほぼ一人で片づけたアイザックだが、首謀者のハシェットを取り逃がす。ハシェットは、自分がニコルソンに乗せられたことに気付き、ニコルソンを抹殺するのだった。
 ロックは、ゴダンの情報から「生きている岩」を採取した惑星へ赴き、もう一度「生きている岩」の中へ入れるだけの岩を探し出すのだった。
 ソニアとアミナの安全を確保したアイザックは、「生きている岩」へ向かう。ロックがたった一人で中へ入ったことを知り、自分も中へ入るため「生きている岩」を操れるESPとしてトラウトマン大尉とともにロックらが向かった惑星へ赴く。「生きている岩」を操れるかどうかは、やってみないと分からないといっていたトラウトマンだったが、「生きている岩」の方からコンタクトがあり、アイザックとともに拡張を続ける「生きている岩」の中へ向かうのだった。
 ロックは、「生きている岩」の中で苦戦していた。ニムバスは、この拡張はもう止められない、5000年程で人類は飲み込まれるといい、人類が行った仕打ちの報いを受けろと言い放つのだった…。







Last updated  2020.10.22 11:03:13
コメント(0) | コメントを書く
[まんが] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

カテゴリ未分類

(0)

映画

(143)

日記

(8)

スポーツ

(11)

(89)

うちのワンコ

(1)

まんが

(1209)

ドラマ

(40)

Calendar

Comments

 あおいまりい@ Re:『ピアノレッスン』(10/27) はじめまして! ピアノレッスンという映…
 知りたい人@ この映画大好きです。 いい映画紹介されていますね。 私もこの…
 きん☆ぎん☆すなご@ Re[1]:『どら平太』(11/09) たこちゃん★~KIREI~を知りたい!さん。…
 たこちゃん★~KIREI~を知りたい!@ Re:『どら平太』(11/09) はじめまして。 私も、どら平太を見まし…
 きん☆ぎん☆すなご@ Re:私も。(10/19) tatoまめさん。こんにちは。 >蝶衣を…
 tatoまめ@ 私も。 最近この作品を観ました。 全体の深く張…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.