318291 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はじめのいっぽのてまえ

2021.03.03
XML
カテゴリ:まんが

 ■レビュー内容
 

 「ひとりでハチマキとか寒すぎる。みんなを巻き込めてよかった」
 物語の構成は完全にスポ根ものです。チーム内の不和や自己犠牲そして結束。差し込まれる他校のエピソードもいい。地味で天然で毒舌なのにモテ女、逢坂恵夢…いや恵夢たん登場。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 太一は、西田の言に動揺を隠せない。千早は、駒野の情報を記したメモを見て、今一番疲れているのは駒野だから一回戦は駒野を外すと決断する。駒野は、チームのためと言いつつ勝負から逃げていたのではと、西田の指摘に言葉を失っていたが、一回戦を勝ち上がった西田の「次は出るよな」の言葉を心から喜ぶのだった。
 準決勝の相手は、昨年のクイーン戦西日本代表逢坂恵夢を擁する明石女子。その逢坂と対戦することになった千早は、流石の逢坂の取りに流れをつかめない。だが、逢坂は千早の取りに千早もクイーンを目指していることを感じ取り、団体戦である事を忘れ本気になるのだった…。


風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける
(かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは みそぎぞなつの しるしなりける)
 風が楢の葉に吹きそよぐ、この上賀茂神社の楢の小川の夕暮れは、すっかり秋の気配だが、夏越しのみそぎの行事だけが、いまだ夏であることのしるしなのだなあ。
 歌番号:98、作者:従二位家隆、出典:新勅撰集夏192、上決まり字:かぜそ、下決まり字:みそ







Last updated  2021.03.03 11:04:09
コメント(0) | コメントを書く
[まんが] カテゴリの最新記事


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

カテゴリ未分類

(0)

映画

(143)

日記

(8)

スポーツ

(11)

(89)

うちのワンコ

(1)

まんが

(1347)

ドラマ

(40)

Calendar

Comments

 あおいまりい@ Re:『ピアノレッスン』(10/27) はじめまして! ピアノレッスンという映…
 知りたい人@ この映画大好きです。 いい映画紹介されていますね。 私もこの…
 きん☆ぎん☆すなご@ Re[1]:『どら平太』(11/09) たこちゃん★~KIREI~を知りたい!さん。…
 たこちゃん★~KIREI~を知りたい!@ Re:『どら平太』(11/09) はじめまして。 私も、どら平太を見まし…
 きん☆ぎん☆すなご@ Re:私も。(10/19) tatoまめさん。こんにちは。 >蝶衣を…
 tatoまめ@ 私も。 最近この作品を観ました。 全体の深く張…

© Rakuten Group, Inc.