000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はじめのいっぽのてまえ

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

映画

2019.12.29
XML
カテゴリ:映画

■レビュー内容
  【評価】2度は見ない

 アンタレス戦はなかなかの見どころです。美女の涙に立ち上がり強敵を葬る英雄譚…、とはいかない悲しい結末でしたが、アルテミスとオリオンならこうなるんでしょう、逆だけど。設定としては面白いけれど、原作者の書き下ろし付きなのに、尺としてはちょっと物足りないかなぁ。

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 大森藤ノのライトノベルを原作にしたアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の劇場版。原作者の大森が脚本も手掛け、劇場版のための書き下ろしのストーリーを紡ぐ。ボイスキャストは冒険者の少年ベル・クラネル役の松岡禎丞、主神ヘスティア役の水瀬いのりをはじめ、大西沙織、内田真礼らがアニメ版より続投、新キャラクターのアルテミス役を人気声優の坂本真綾が担当している。
 巨大地下迷宮ダンジョンを中心に繁栄する都市オラリオは、神時代より前から伝わる“神月祭”を前に盛り上がっていた。人々にリトル・ルーキーと呼ばれ、都市で注目された冒険者のベル・クラネルと、彼の主神ヘスティアもそのにぎわいの中心にいた。屋台やさまざまな催しによって夜の闇はしばしその暗さを忘れ、都市全体が月の光で覆われる。
 お騒がせ者のヘルメスが槍を引き抜く勇者を捜して催し物を開いていた。レベル6のアイズが挑戦しても引き抜けなかった槍をベルが引き抜いてしまう。ベルが、槍を引き抜くと神アルテミスが現れ、ベルをオリオンと呼ぶ。高額の報酬を約束したはずのヘルメスは、オラリオの外の遺跡に出没したモンスターの退治を依頼するのだった。
 アルテミスとともに遺跡に向かうと、そこには見たこともないモンスターの群れと死んでしまった森があった。アスティーらヘルメスファミリアやリューと合流したベルらは、古代の大精霊に封じられたモンスターであるアンタレスの討伐に向かうのだが…。


アルテミスのオーリーオーンの悲劇
 オーリーオーンは、ポセイドーンの息子。陸でも海でも歩くことができ、非常な豪腕の持ち主で、太い棍棒を使って野山の獣を狩る、ギリシア一番の猟師
 狩猟の女神であるアルテミスとギリシア随一の狩人であるオーリーオーンは次第に仲良くなっていき、やがて結婚するだろうと噂されるようになる。しかし、アルテミスの双子の弟(兄)であるアポローンは、乱暴なオーリーオーンが嫌いだった事と純潔を司る処女神である彼女に恋愛が許されない事から、二人の関係を快く思わなかった。
 アポローンはオーリーオーンの元に毒サソリを放つ。驚いたオーリーオーンは海へと逃げた。アポローンはアルテミスの弓の腕をわざと馬鹿にし、海に入って頭部だけ水面に出していたオーリーオーンを指さしして「あれを射ることができるか」と挑発した。アルテミスはそれがオーリーオーンとは気づかなかった。アルテミスは矢を放ち、オーリーオーンは矢に射られて死ぬ。
 アルテミスがオーリーオーンの死を知ったのは、翌日にオーリーオーンの遺骸が浜辺に打ち上げられてからだった。アルテミスは後に神となるほどの腕前の医師アスクレーピオスを訪ね、オーリーオーンの復活を依頼したが、冥府の王ハーデースがそれに異を唱る。
 アルテミスは父であり神々の長であるゼウスに訴えるが、ゼウスも死者の復活を認めることはできず、代わりに、オーリーオーンを天にあげ、星座とすることでアルテミスを慰めた。
 なお、さそり座は、アポローンが謀ってオーリーオーンを襲わせ、彼が海に入る原因となったサソリであるとされた。そのためオリオン座は今も、さそり座が昇ってくるとそれから逃げて西に沈んでいくという。







Last updated  2019.12.29 10:08:21
コメント(0) | コメントを書く


2019.11.01
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】一見の価値あり

 大ヒット話題作を遅まきながら見ました。ゴジラが進化していくって設定に唸ってしまったが、見どころはCGじゃないのかなぁ。政府の危機管理とか自衛隊の存在意義とか、そういったものの現状を明らかにして問題提起しているよう。巨大不明生物はともかく真実味がウケたんでしょう。見事なゴジラも含めて面白かった。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが…。
 総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎が准監督。14年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出し、リピーターが続出するなど社会現象とも呼べる大ヒットを記録。興行収入は81.5億円に上り、第40回日本アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか7部門で最優秀賞を受賞した。
 矢口役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインに総勢328人のキャストが出演し、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加した。







Last updated  2019.11.01 11:10:31
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.09
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】一見の価値あり

 THE ORIGINはこれで終わりの様です、ファーストガンダムに続くってことですね。ルウム戦役の戦闘場面は見ものですよ、ぞくぞくしました。それにしてもレビルの本隊はお粗末すぎだよ~。物語はほぼ漫画のままで、大きな違いはなかったように思います。ファーストガンダム見直そうかなぁ。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 SFロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」でアニメーションディレクター、キャラクターデザイナーを務めた安彦良和が描いたコミックを、安彦自身の総監督でアニメーション化した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の完結編となる第6話。
 宇宙世紀0079年1月23日、ルウムを戦場にジオンと地球連邦の戦いが始まり、赤いモビルスーツ「ザク」を駆るジオン軍の若きエースパイロット、シャア・アズナブルは、目覚ましい戦果を上げて「赤い彗星」の異名をとるようになる。激戦の末、両軍の間で和平交渉の場が設けられるが、時を同じくして、ある声明が世界に向けて発信される。一方、連邦軍はジオンへの反攻を目的に「V作戦」を始動。サイド7に暮らす少年アムロ・レイは、父が開発に関わっている新兵器「ガンダム」の秘密を独自に探っていた。







Last updated  2018.11.09 13:35:33
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.24
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】お好みで

 TVアニメ、コミックで描かれるゲームで決める異世界が出来るまでの物語。AIが注目を浴びる昨今、機械が心を持つって設定が数多くの作品になってますが、命のない「物」を擬人化するのは日本人の特性なんでしょうか。
 僕のおすすめは、2001年のメトロポリス。手塚治虫の漫画をアニメにした物ですが、クライマックスでレイチャールズの「I Can't Stop Loving You」(愛さずにはいられない)が流れるんです、もう号泣。この曲が流れるだけで涙が…。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 榎宮祐によるライトノベルを原作に、2014年に放送されたテレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の劇場版。
 テレビシリーズでは、一切の争いを禁じ、全てをゲームで決める異世界「盤上の世界(ディス・ボード)」に召喚された天才ゲーマーの兄妹・空と白が、さまざまなゲームを勝ち抜いていく姿を描いた。
 劇場版となる今作では、テレビシリーズから約6000年前、「盤上の世界」が創造される以前の、世界を統べる唯一神の座をめぐって大戦が続いていた時代を舞台に、知られざる物語が明らかにされる。
 様々な種族に追いやられ、存亡の危機にあった人間の若きリーダー、リクは、ある日、打ち捨てられた森霊種(エルフ)の都で機械仕掛けの少女シュヴィと出会う。心を持ったために機械としてはエラーが発生し、仲間から見捨てられたシュヴィは、エラーを修正するためにリクに「人間の心」を教えてほしいと頼むが…。







Last updated  2018.08.24 09:46:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.05
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】お好みで

 吹き替えで見始めたのだが、やっぱり声が気になって字幕に切り替えて見た。グルーとドルーは一人二役だったけど、陰と陽が声で上手く表現されていてすごく効果的だった。グルー一家が巻き込まれる事件はオーソドックスなんだけど、家族の物語としては1作目から進展していて、そっちの方がメインで楽しめる作りになっていていい感じ。次作もあるんでしょうねぇ。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション「怪盗グル―」シリーズの第3弾。
 晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり、80年代ファッションに身を包んだバルタザールは、様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまう。そんな時、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。父親から莫大な遺産を相続しているドルーは、父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。一方、グルーの相棒ミニオンたちは、グルーが反悪党同盟をクビになったことで再び悪の道に戻ってくることを期待していたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出るのだが……。







Last updated  2018.07.05 09:54:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.30
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】2度は見ない

 波打ち際で貝殻を拾いをするちっさなモアナから見た海の中を映し出す場面、仮想現実のような美しい映像は違和感もなく秀逸。アニメーションの可能性が広がり、へたな実写映画よりいい出来。なんだけれど、物語はディズニーお決まりの話で新鮮味はない。結局映画の面白さは、物語や脚本の出来次第なんだろうなぁ。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 「アナと雪の女王」や「ズートピア」など、ヒット作を連発するディズニー・アニメーション・スタジオが、南の島と大海原を舞台に描いた長編アニメーション。「リトル・マーメイド」「アラジン」のロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが監督を務め、海を愛する美しい少女モアナが、島の危機を救うために冒険を繰り広げる。
 かつて世界を生んだ命の女神テ・フィティの心が、伝説の英雄と言われたマウイによって盗まれ、世界に闇が生まれた。それから1000年にわたり、モアナの生まれ育った島モトゥヌイでは、外洋に出ることが禁じられていた。そんなある時、島で作物や魚たちに異変が発生。海の不思議な力に選ばれた少女モアナは、いまもどこかで生きているマウイを探し出し、テ・フィティの心を元あった場所に戻すことができれば世界を救えると知り、父親の反対を押し切り大海原に旅立つ。







Last updated  2018.06.30 13:31:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.29
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】お好みで

 旧日本海軍艦艇の特徴を模して少女が海戦をするんですが、艦隊戦の面白味があるわけではないのだが、まぁそこそこ戦闘場面は楽しめます。艦娘、深海棲艦の存在の謎が一部明かされています。TVアニメしか見てないのですが、なぜ、何の目的で等々、戦っている細かな設定は明らかになってなかったと思います。そこの設定ってあるんでしょうか…。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 実在した艦艇を擬人化した「艦娘(かんむす)」を育成・強化する人気シミュレーションゲームを原作に、2015年に放送されたテレビアニメ「艦これ」の劇場版。テレビ版に続き特型駆逐艦「吹雪」が主人公となり、成長した艦娘たちと謎の敵「深海棲艦」たちとの新たな戦いを描く。
 鎮守府の存亡をかけた「MI作戦」で勝利を収めた艦娘たちだったが、戦線は南方の海域へと拡大していた。新たな前線基地に集い、次なる作戦に備える吹雪ら艦娘たち。しかし、作戦目標の海域に大きな異変が発生し……。
 監督の草川啓造、脚本の花田十輝、声優の上坂すみれらテレビ版のメインスタッフ&キャストが再結集している。







Last updated  2018.06.29 09:03:58
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.28
カテゴリ:映画




 ■レビュー内容
  【評価】お好みで

 ARでも無敵ってことは、世界最強だねぇ。ARとかARMMOとかの設定は置いといて、物語としては超絶強ぇ~キリトが大活躍で爽快感は満点。ポケモンGOもARゲームだよなぁ、あの集団もやらない人から見れば変な人達だよなぁ。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 人気テレビアニメ「ソードアート・オンライン」の劇場版。原作は川原礫によるライトノベルで、謎の次世代オンラインゲーム「ソードアート・オンライン」の仮想空間に閉じ込められてしまった少年キリトが、仲間とともにゲームクリアを目指して奮闘する姿を描いた。劇場版は川原による書き下ろしオリジナルストーリーとなり、監督・脚本はテレビシリーズも手がけた伊藤智彦が引き続き担当する。
 VR(仮想空間)世界へのダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端ウェアラブル・マルチデバイス「オーグマー」が発売され、「オーディナル・スケール」と呼ばれる専用のARMMO RPGによって、オーグマーは瞬く間に世間に広まっていく。アスナたちもプレイしているそのゲームに、キリトも参戦しようとするのだが…。







Last updated  2018.06.28 09:50:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.25
カテゴリ:映画

 ■レビュー内容
  【評価】お好みで

 う~ん、娯楽作品としては面白いんじゃないかなぁ。原作を読んでないので何とも言えませんが、映画にするほどの物語ではないような気がします。TVアニメで魔法の世界をもっと掘り下げて描いたら面白かったかも…。絵の感じはまんまジブリだった。やっぱり、声が気になる、声優に俳優使うの止めないかなぁ~、俳優の顔が浮かんでしまって…。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編第1作となるファンタジーアニメ。イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」を原作に、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの冒険を描く。
 田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で発見する。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるが、メアリがついたある嘘が大きな事件を引き起こしてしまう。
 声優は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画「湯を沸かすほど熱い愛」で注目される杉咲花がメアリ役で主演を務めたほか、メアリによって事件に巻き込まれてしまう少年ピーター役で、「借りぐらしのアリエッティ」でも米林監督と組んだ神木隆之介が出演。そのほか、エンドア大学の校長役を天海祐希、魔女の国から禁断の花を盗んだ赤毛の魔女役を満島ひかり、メアリの大叔母役を大竹しのぶがそれぞれ演じる。







Last updated  2018.06.25 10:24:32
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.22
カテゴリ:映画




 ■レビュー内容
  【評価】お暇なら(見て損はない)

 予備知識は、心と体が入れ替わる男女の話ってくらいで、ほとんどなし。話題になった2年前の映画、恋愛ものなのかと思いつつ期待しないで見たのが良かった、面白かった。無くなってしまった町を見下ろした場面には、そうくるかぁ~ってちょっと衝撃をうけました。物語の展開も早く、伏線が気持ちよく効いていて物語の構成がうまい。
 宮水神社や御神体の話が物語の鍵として出て来ますが、八百万の神々って自然現象を神格化したようなところがあって、人間が説いた宗教とは違っているように感じる。自然への畏怖だったり、自分たち人間への戒めだったり、先人が長い年月をかけてたどり着いた真理のような…。土地の氏神を結びと呼び、結びを伝えてきた。糸をつなげること、人をつなげること、時間が流れることも神様のなせる技結び、食べたり飲んだりすることで魂と結ぶ、これも結び。口嚙み酒は、人と神様を繋ぐ大切なしきたり。忘れてしまった何かがあるのだと…。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる田中将賀がキャラクターデザインを手がけ、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品に数多く携わってきた安藤雅司が作画監督、主題歌を含む音楽を人気ロックバンドの「RADWIMPS」が担当した。国内興行ランキングでは公開から29週連続でトップ10入りを果たし、興行収入250億円を超える歴史的な大ヒットを記録。第40回日本アカデミー賞ではアニメーション作品として初の最優秀脚本賞を受賞した。
 1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。心と身体が入れ替わる現象が続き、互いの存在を知った瀧と三葉だったが、やがて彼らは意外な真実を知ることになる。声の出演は瀧役に神木隆之介、三葉役に上白石萌音。その他、長澤まさみ、市原悦子らが出演。







Last updated  2018.06.22 10:35:35
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.