2020.12.09

クリスティ・ロンドンマッシブ 第2巻

カテゴリ:まんが

 ■レビュー内容
 

 「学校で言われたんです。ホープ家では必ずトラブルが起きるって」
 ホープ家のスーパーメイドの一人バーサが活躍します。魔女、いや召喚術師でしょうか。ホームズの敵、犯罪界のナポレオン、モリアーティ教授もクリスティにかかるとたじたじ…。

 

■あらすじ【ネタバレ注意】■

 ブタペストで行われたドイツ、オーストリア、ハンガリーの外相会議の会場が爆破され、外相を含む十数人が死亡する。無政府主義者の犯行と思われたが、依頼を受けた「黒のゼウス」と呼ばれる爆弾魔が活動を再開したと推測される。
 新聞の隅っこに載ったその記事を読んだクリスティは、伯父の所へ出かけていくのだが、その途中、街でロシアの老婦人事件で見た教授の使用人イーアンを見かけるのだった。
 オックスフォード・クライストチャーチ・カレッジ数学教授ジェームズ・モリアーティと名乗った人物は、クリスティが女王陛下の孫だと知っており、さらに女王陛下暗殺の計画がある事を示唆するのだった…、アルミの松葉杖事件。






TWITTER

Last updated  2020.12.09 11:40:01
コメント(0) | コメントを書く
[まんが] カテゴリの最新記事