5467967 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かみぽこぽこ。

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


かみぽこちゃん

フリーページ

お気に入りブログ

ホームページ 田中およよNo2さん

暮らしごと 千佳りんさん
中年よ、大志を抱け! 断言児さん
じょん・どー PhDを… じょん・どーさん
エッジ・ランナーズ 猫ジャラしマスターさん
かっちゃんの~1歩… katsuchan55さん
~ももの新たなる旅… もも1016さん
人生やだとはいえな… やだやだもんさん
講師の花道 教師Aさんさん
愛国、日本 パボアホイジオタさん

コメント新着

 ダンスインザダーク@ 政府税制調査会は何をしたか? 結局、政府税制調査会はこっそりと増税し…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 タカダ@ アクセス数  アクセス数には、アンテナに登録して放…
 ゴルゴムの仕業だ@ 狂信者に薬は効かない…どうしてこうなった かみぽこさんは民主党崩壊時に起こるであ…
2005年05月31日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はサッカー日本代表について、
少し書いてみたい。

日本代表がW杯予選アウェー2連戦の前の
強化試合で連敗したことについて、
サポーター、マスコミなどの反応が
少々混乱しているように思われるからだ。

私は英国にいるわけで、
この強化試合2試合を観ていない。
情報はインターネットのニュースだ。

そんな私が日本代表について語るのは
非常に不謹慎だと思うけれども、
どうぞお許し願いたい。

インターネットのニュースによると、
この強化試合2試合での日本代表は

「試合をほとんどコントロールしながら決定力がなく、
逆にカウンター1発で点を取られて敗れた」

ということに総括できるみたいだ。
これをスターティング・ポイントにして、
いろいろ書いてみたい。

まず、よく言われる
「ジーコ監督批判」なのだけれども、
この2試合は

「中盤を支配してゲームをコントロール」

していたのであり、

「ただ、最後のフィニッシュが決まらなかった」

だけなのだから、
ジーコ監督のいわゆる

「ブラジリアン・スタイルのサッカー」

が好きか嫌いかは別にしても、
この試合をもってして
ジーコ監督の采配批判というのは、
ちょっと違うような気がする。

だって、シンプルに考えて
ジーコ監督の意図するゲームは
できていたということだから。

「カウンター1発で点を取られた」

ということに関しても、
カウンターで危険な場面というのは、
どんなチームのどんな試合でも
1回や2回はあるものであって、
別に珍しいことではあるまい。

それがたまたま点を取られたから
不運でしたね、ということであって、
完全に崩された形を試合中
何度も何度も作られたわけではないのだから。

1回だけDFの裏に出されてピンチになったことなんか、
もしシュートが決まってなかったら
誰も覚えていないだろう。

そんなもんだ。
これが本番でなくてよかったですね
という程度のことじゃないか?

サッカーというのは
相手も一生懸命戦っているのだから、
1点や2点取られることは
それこそ想定の範囲内であって、
ジタバタすることじゃない。
相手より多く点を取れば勝ちなのだから。

そう、逆に言えば
この強化試合の問題点は
突き詰めると「点を取れなかった」
ということにつきるわけだ。

つまり、私が思うに、
この強化試合の結果に対して
もし批判されないといけないとすれば、
それはジーコ監督ではなく、
選手の側であるべきじゃないのだろうか。
(あくまで強化試合は強化のためであるので、
そもそも批判される必要はないような気がするけど、
それは置いといて。。。)

ところが、どうも世の論調は逆で
ジーコが悪い、
ジーコのせいで
選手が力を発揮できない、
という印象が強い。

なんかそれは違うような気がする。

それから今回の
強化試合の結果を受けて、
どうして

「海外組待望論」

が湧き上がらないのか
外国から見ていて不思議である。

だってシンプルに考えて、
いわゆる「国内組」中心のメンバーでは
格下と思われる相手にも勝ちきれない
ということがはっきりしたってことでしょ。

私はアジアカップに関して書いた時も、
ジョー・コールについて書いた時も、
そもそも「国内組」は
しょせん一軍半であって
W杯予選は彼らだけでは
勝ちきれないと言っていたわけで、
こんなの前からわかっている
明白な事実だと思うのだけど、
どうして誰もそうはっきり言わないのか?

点が取れないことが問題なのだから、
プレッシャーの中で点を取れる選手、
プレッシャーの中で点を取るために
必死に頭と身体を使える選手が
必要なんだろう?

それこそ「海外組」だろう。
みんな何にこだわって、
このことをはっきり言わないのか?

これまでのW杯最終予選でも、
活躍したのは海外組だけと言っても
過言ではないし。

北朝鮮戦で流れを変えたのは
高原、中村投入だったし、
イラン戦のゴールを呼んだのは、
DFを吹き飛ばした柳沢のプレーだったしね。

私は海外組というのは、
今、あんまり派手な活躍というのはないけど、
結構みんないい線いっていると思っている。

試合に出たり出なかったり、怪我をしたり、
チームも勝ったり負けたりで、
なかなか大リーグのイチローや松井秀のように
派手な目立つ活躍はできてないけれども、
着実に自分のポジションというのを
築いてきていると思うんだよね。

怪我も多い小野や中村だけど
ついにビッグ・クラブへの移籍が見えてきたし、
柳沢はイラン戦でわかったように、
「人に点を取らせる」という持ち味(?)に
フィジカルの強さが加わった。(苦笑)
メッシーナに完全移籍なんでしょ?

稲本もいろいろ苦労したけど、
ようやくプレミアでやれる力を
つけたようだ。
来年が勝負の年だと
思えるようなシーズンの
終わり方だよね。

残念ながらバーレーン戦は出れないけど、
高原は7得点という数字以上に
チームで信頼を得ているしね。

そして怪我で苦しんだ後の
大久保の爆発。
なんで呼ばないんだ?

あと、中田英が少し心配なわけだけど、
このクラスの選手になれば
試合に多少出ていなくても
まあ問題はないでしょ。

そりゃ、海外組が入りゃ
すぐ点がどんどん入るなんて
甘いもんじゃないだろうとは思う。

しかしね、
私は期待したいんだよね。
彼らのこれまでの、
観ているこっちが
イライラするばかりの
地味な成長にね。(苦笑)

厳しいプレッシャーのかかる試合だからこそね。

「海外組」には、
プレッシャーがかかると
頭も身体も硬直してしまうようにしか見えない、
「国内組」とは違って、
なんとかしようと最後まで
あれやこれやとやり続ける
たくましさはあるように思うからね。

そう願いたい、そうあってほしいという
「海外組」としての私の願望かもしれないね。(苦笑)

要するに今日書きたいことは、
サポーターもマスコミも
本人たちまでもどこか混乱気味の
サッカー日本代表なのだが
物事をシンプルに突き詰めて考えてみると、
こうなる。

1.ジーコ監督のやり方については、
好き嫌いは別にしても
監督の意図するサッカーはできている。
ゲーム自体は支配しているのだから、
基本的にそこに問題はない。

2.問題はジーコではなく点が取れないということに尽きる。
「国内組」では点を取れなくて格下相手でも勝ち切れない
という事実をまず直視すること。

3.問題は「海外組」の個の力が解決する。
そう願いたいというのが私の願望。(苦笑)

まあW杯予選、
そんなに悲観するような状況ではないよ、
というのが私の言いたいことです。

みんなで気合入れて応援しましょう。






最終更新日  2005年06月01日 16時51分29秒



© Rakuten Group, Inc.