5467450 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かみぽこぽこ。

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


かみぽこちゃん

フリーページ

お気に入りブログ

ホームページ 田中およよNo2さん

暮らしごと 千佳りんさん
中年よ、大志を抱け! 断言児さん
じょん・どー PhDを… じょん・どーさん
エッジ・ランナーズ 猫ジャラしマスターさん
かっちゃんの~1歩… katsuchan55さん
~ももの新たなる旅… もも1016さん
人生やだとはいえな… やだやだもんさん
講師の花道 教師Aさんさん
愛国、日本 パボアホイジオタさん

コメント新着

 ダンスインザダーク@ 政府税制調査会は何をしたか? 結局、政府税制調査会はこっそりと増税し…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 タカダ@ アクセス数  アクセス数には、アンテナに登録して放…
 ゴルゴムの仕業だ@ 狂信者に薬は効かない…どうしてこうなった かみぽこさんは民主党崩壊時に起こるであ…
2006年04月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、「稲本潤一はご近所様♪」ですよ~♪♪

「ウェストブロミッチ・アルビオン(WBA)
VSボルトン・ワンダラーズ」

行ってまいりましたよ。(笑)

しかし、意外な展開になってしまった。
稲本君がベンチ入りするも出場なしで、
中田ヒデさんがフル出場とは。。。

まあ、こんなもんだよね。
もうこんなもんで一喜一憂しないよ。(笑)

これまで稲本君を観た試合を
ちょっと振り返ってみる。

フルハム VS アストン・ビラ(ビラパーク):後半途中出場
日本代表 VS アイスランド:(マンチェスターシティ):フル出場
日本代表 VS イングランド(マンチェスターシティ):先発途中交代(→骨折=涙)
カーディフVS おらが街蹴球団・青空隊(おらが街):フル出場
WBA  VS ブラックバーン(WBA):ベンチ外
WBA  VS バーミンガム(バーミンガムシティ):フル出場
WBA  VS マンチェスター・ユナイテッド(WBA):フル出場
WBA  VS リバプール(WBA):ベンチ外
WBA  VS ボルトン(WBA):出場せず

代表戦・カーディフを除けば
フル出場が2試合、
途中出場が1試合
出場せずが3試合。

出ないほうが多い。。。(涙)

でもね、稲本君はプレミアで
やってるんだからね。
こんなのは当たり前だからね。

今日の試合に
出るとか出ないとかは関係ない。
試合に出ようが出まいがね、
応援するものは応援するのだ。

ここは、海外に出て
文化や習慣の違うところで生活し
その上世界最高峰のレベルのリーグで
監督やスタッフ、チームメートと
外国語でコミュニケーションを取り、
毎日練習をして試合に臨む
稲本君を応援しているのであり
試合だけを観て喜んでいるのではないからね。

まあしかし、そうは言っても
試合に出なかった
稲本君に関しては
今日はこれ以上
書きようもないわけで
とりあえずハーフタイム中の
控えの選手の練習での
稲本君の写真を載せておこうと思う。

練習の稲本
日本のTV中継では
全く稲本君は映らなかっただろうからね。
元気にやってましたということで。。。(苦笑)

さて、今日は中田ヒデさんである。

非常に意外なことなのだが、
私は中田ヒデさんのプレーを
生で観るのはこれが初めてだ。

私は他の日本代表クラスの選手は
ほとんど一度は生でプレーを観ている。

ところが、中田ヒデさんだけはなかった。

私が修士課程だった頃かなあ。
アンフィールドでUEFAカップの
リバプールVSローマがあってね、
中田ヒデさんがキャプテンマークをつけて
フル出場したのだけれど、
この試合、直前まで行くつもりでいて
結局行けなかった。

ご存知の通り、一昨年の
日本代表のイングランド遠征は
観にいったのだけど、
彼は怪我でいなかった。

それで、初めて動く中田ヒデさんを
生で観たわけだけれど。。。

やっぱりね、
つくづく思うのは、
サッカー選手ってのは
外野で何を言われていようとも
本当の姿はピッチの中にあるって
ことだろうね。

これね、いつも思っているんだけど
今回ほどこれを痛感したことはなかった。。。

練習の中田。
これは試合前の練習での
中田ヒデさん。

プレミアのチームの中に入ると
小柄な彼だけれども、
凛とした立ち姿、
キビキビとした動きは
非常に印象的だった。

マスコミを通して入ってくる彼の話は
どうしてもセレブな感じがしてしまうし
彼のHPの発言も
なんだこりゃ?みたいな
勘違いした個人主義の匂いが
プンプンしてしまうので
以前批判したのだけれどもね。
(2004年6月17日
「スポーツ選手よ、子供たちにメッセージを!:佐世保女子小学生殺害事件に関して。」

ボルトンで出場機会に
恵まれないことについても

「もう辞める」

みたいなニュアンスで
報道されてるわけだけど、
実際に練習している姿を見ると、
中田ヒデさんという人は
とても真摯にサッカーに
取り組んでいるのがわかる。

現状に投げやりな人が
試合前の練習にね、
あんな引き締まった表情
キビキビとした動作を
するわけがない。

試合開始
さて、試合開始。

中田ヒデさんは左サイドのMFで先発。

正直な話なのだけれども、
中田ヒデさんってのは
やっぱりいい選手だと思った。

同じMFだと考えると
申し訳ないけど
やっぱり稲本君よりは
格上だなと思う。

攻守の切り替え、
ボールを持っている相手への寄せ、
攻守の切り替えなどの運動量、
味方の位置を常に確認する視野の広さ、
そして何より倒れない強さ、
どれを取っても
ここ数試合観た稲本君よりは
はるかに上だなと思う。

まあ、中田ヒデさん
よく走っていたよね。

上空を飛び交うボールを追い、
ほんとによく走っていた。

うん。。。

1つだけ今日皆さんに
間違いなくお伝えできることが
あるとすればね。

中田ヒデさんのコンディションはいい。
モティベーションを失ってもいない。

試合にあんまり出ていないので
疲労も少ないし体も切れている。

W杯は大いに期待できると思う。(笑)

いやいや、これはほんとの話ね。
新聞の「存在感を見せられず」だけでは
なんのことかわからない人が
多いでしょう?

中田ヒデさんは大丈夫。
このまま適当にシーズンを
終えればいいんだと思う。(苦笑)

そして、ここから先はね、
私の主観だと断って書きたいのだけど
ずっとジェイジェイ・オコチャのプレーを
観ていたわけですよ。
厳密に言えば、
観ていたというより、
目に付いたというほうが
正しいんだけどね。

オコチャはやや後方に位置して
中田ヒデさんほど
グラウンド一杯に
動き回っていたわけじゃない。

ただ、彼はボールを持つとね
ズバーン!っと
大きく前に蹴るんだよね。

前線にはノランやデービスという
でかくて早くて強い
若い衆が2人構えているわけだけど
彼らにボールが通るとね、
一挙にチャンスになるし、
それに合わせて後方まで下がっていた
中田などが前線にどーっと走っていって
パスをもらおうとするわけだ。
いわゆる、

「局面を一挙に打開するプレー」

というやつを、
オコチャのおじさんは
やってるわけだけど、
やっぱり

「理屈抜きにインパクトが強い!」

と思った。(笑)

これはね、以前に
こんなエントリーを
書いたことがあるんだけど
(2005年4月18日
「ロベール・ピレスがモテるわけ」
要は、ロベール・ピレスが
普段はノラリクラリと
プレーしていながら、
おいしい場面になると
突如目の色を変えて動き出す、
ということを書いたわけだね。(苦笑)

こういうの、
もうほんとに理屈抜きだよね。

中田ヒデさんに
欠けてるものがあるとすれば
技術でもフィジカルでも
スピードでも戦術眼でも
なんでもなく、
理屈ぬきにおいしいところを
取ってしまうこと。

「稲本潤一はバカになれ!」

と前に書いたけど、
中田ヒデさんも
結局同じなんではなかろうか。

中田ヒデさん、
そんなに一生懸命
前に後ろに走らなくていい、
ということじゃないかなあ。。。

それでは、またね。

-------------------------------------------
「稲本潤一はご近所様♪」バックナンバーはこちら。






最終更新日  2006年04月20日 06時08分46秒



© Rakuten Group, Inc.