5304132 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かみぽこぽこ。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


かみぽこちゃん

フリーページ

お気に入りブログ

コロナ転生の日々(2… Jonenさん

暮らしごと 千佳りんさん
中年よ、大志を抱け! 断言児さん
じょん・どー PhDを… じょん・どーさん
エッジ・ランナーズ 猫ジャラしマスターさん
かっちゃんの~1歩… katsuchan55さん
~ももの新たなる旅… もも1016さん
人生やだとはいえな… やだやだもんさん
ぱろぷんて爆弾~落… t8o8tさん
講師の花道 教師Aさんさん

コメント新着

 ダンスインザダーク@ 政府税制調査会は何をしたか? 結局、政府税制調査会はこっそりと増税し…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 タカダ@ アクセス数  アクセス数には、アンテナに登録して放…
 ゴルゴムの仕業だ@ 狂信者に薬は効かない…どうしてこうなった かみぽこさんは民主党崩壊時に起こるであ…
2007年07月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、「早くも安倍内閣を総括する(苦笑)」の
シリーズも最終回としたいのですが、
最後は少し政策のことも
語ってみたいと思う。(苦笑)

えっ?

いつも「まじめに政策を」とか言ってて
結局、政局政局、うひょひょ。。。
の話になっちゃってるじゃないかって?(苦笑)

確かに。。。(失笑)

いや、今日は、
この人物について語りながら、
安倍内閣の経済運営にも
話を進めて、
このシリーズの最終回と
したいと思います。(苦笑)

「塩崎恭久内閣官房長官」

安倍内閣のキーマンとして、
この方のことは
安倍内閣誕生の時から
何度も何度も書いているわけだから、
安倍内閣の総括のトリも
塩崎長官としたいと思うわけだ。(苦笑)

まあ、最初に安倍人事の時に
塩崎長官こそ政権のキーマンと
取り上げた時にね
(2006年9月30日
安倍人事で見えたもの。(後編):中川幹事長の本心と塩崎官房長官のあまりに重い負担。
正直、ピンとこなかった方も
多かったんじゃないかと思う。

前任の「安倍官房長官」に比べて、
いかにもエリート臭くて
発言も優等生的で
おもしろみがない。

あんまりけんかが強そうにも見えない。
この人が安倍首相を守れるのか?
と思っても別に不思議ではない。

今でも、そう思っている人が
いるんじゃないかな?

でもね、これだけ
閣僚の不祥事や問題発言の数々、
年金未払い問題の発生、
それらに対する安倍首相の対処の悪さ、
あるいは安倍首相自らの
「広義だの狭義だの」発言で
外国で総スカン、
更には強行採決の乱発と、
これほどムチャクチャな内閣は
1955年以降見たことがないと
僕は思うけれども(苦笑)
そんな中でね、
塩崎さんは官房長官という
毎日記者会見しなきゃいけない
立場にありながら、
ここまでなに1つミスがなく、
なに1つの失言もないわけだ。

これ、実は大変なことである。

なぜなら、繰り返すけど
塩崎長官は毎日記者会見してるわけで
これらの問題の数々について
すべてコメントしなきゃ
いけないわけだ。

余計なことを口走ったら
問題はムチャクチャに
なっちゃうわけだ。

しかし、僕の確認する限り
塩崎長官は1つもミスがない。

おもしろ味がないと
言う人もいるだろうね。
確かに、福田さんのような
当意即妙さも
細田さんのような
絶妙な味も(苦笑)
安倍さんのような
強気もないわけだから。

あるいは、自分の主張がないと
言う人もいるかもしれない。

しかし、官房長官の自己主張が
内閣が崩すことは
日本の政治ではよくあることでね。

端的な例は細川内閣の
武村正義官房長官が
細川首相の「国民福祉税構想」発表の後、

「過ちを改めるのに、憚ることなかれ」

と言って、首相を批判したこと。

この国民福祉税の
是非はともかくとして
武村発言が細川内閣崩壊の
きっかけとなったのは
間違いないわけでね。

もし、松岡さんのことでも
柳沢さんのことでも

「私は、辞任すべきだと思う」

とか、塩崎長官が
一言でもしゃべったりしたら。。。

ほんと、メチャクチャになっちゃったよね。(苦笑)

それと、安倍首相が、
「広義とか狭義とか」や
憲法や集団的自衛権とか
結構、微妙な主張が
出ることが多くて、
それに対して、
実は微妙に違う主張を
持っていそうな
塩崎長官だけれども
(塩崎長官は、軽武装・経済至上主義の
旧宏池会系の古賀派だからね。)
自分を出すことは一切ない。

これは、玄人的には
非常に唸らせるものが
あるんだよね。(苦笑)

でも、塩崎長官は内閣の公式見解を
ただ優等生的に話してるだけで
なんの主張も政治力もないのかというと
そういうわけではないと思う。

淡々とした塩崎長官の政治力が
ちらりと垣間見える場面が
これまでもいくつかあった。

例えば、2月だったでしょうか、
日銀が政策委員会で
公定歩合を上げるかどうかって
ことがあったけど、
中川秀直幹事長が

「日銀法を変えるぞ!」

と、日銀を脅すような発言を
してたわけだね。

しかし、塩崎長官が

「公定歩合は日銀の専管事項ですから」

と、淡々と発言した後、
中川幹事長は、
何も言わなくなった。

そして、日銀は公定歩合を
0.25から0.5%に
引き上げる決定をした。

これについては、
後ほどもっと詳しく
書きたいと思うけれども。

それと、渡辺よっすぃーさんが
大騒ぎしていた
「公務員改革」なのだけれども
この法案を国会に上げる時に

「強行採決は考えていない。
真正面から審議していく」

と、淡々と答えていた
塩崎長官だったが、
(まあ、最終的に強行採決に
なったのだけど。。。=苦笑)
衆院での委員会審議の際に
民主党側から

「審議に応じる条件は
塩崎長官の出席」

という条件が出された。

渡辺よっすぃーさんでは
お話しにならんよと、
塩崎長官と話がしたいと
いうことだったんだよね。

もう、強行採決の乱発で
与野党の間の信頼関係など
まったくなくなったような状況で
塩崎長官なら信頼できると
民主党が考えていたということだ。

このように、
安倍政権への逆風の中で
塩崎長官は「静かなる存在感」を
示してきたように思われるが、
更に塩崎長官恐るべしなのは、
もう何度もこのブログで
書いているけど、塩崎長官が

「財務省の天敵」

であることだ。

詳しくは中・後編で書くけれども
「省中の省」財務省と
徹底的に対立する関係にありながら
淡々と仕事をしている凄み。。。

安倍内閣の閣僚の中で
最もスキャンダルを探られても
不思議でないにもかかわらず
これまで何も出てこないこと。

なぜ、塩崎長官は撃たれないのか。

それでは、彼のこれまでの
政治家としての経歴も振り返りながら、
その理由を分析してみたいと思います。

中編へ参ります。






最終更新日  2007年07月12日 23時37分01秒



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.