000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

かみぽこぽこ。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

お気に入りブログ

【黄金世代】第4回… Qoo。さん

【作品紹介2】 星山… Izumi Yukioさん

暮らしごと 千佳りんさん
中年よ、大志を抱け! 断言児さん
じょん・どー PhDを… じょん・どーさん
エッジ・ランナーズ 猫ジャラしマスターさん
かっちゃんの~1歩… katsuchan55さん
~ももの新たなる旅… もも1016さん
人生やだとはいえな… やだやだもんさん
ぱろぷんて爆弾~落… t8o8tさん

コメント新着

 ダンスインザダーク@ 政府税制調査会は何をしたか? 結局、政府税制調査会はこっそりと増税し…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 タカダ@ アクセス数  アクセス数には、アンテナに登録して放…
 ゴルゴムの仕業だ@ 狂信者に薬は効かない…どうしてこうなった かみぽこさんは民主党崩壊時に起こるであ…
2007年08月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


最後に、安倍首相と
自民・民主両党の

「93年初当選組」

に、猛ゲキを飛ばして、
この総括のまとめとしたい。


現在の自民党の状況が
かつての民主党の姿と
非常にダブって見えるのは
僕だけじゃないだろうね。(苦笑)

かつて、前原代表時代の民主党は
周りを同年代で固め、
旧社民党系を意思決定から排除し
労組を軽視した。

今、安倍首相は
周りを「仲良し官邸団」で固め
考えの違うベテランを排除し
支持団体を軽視した。

僕が前原代表時代に
いずれ、民主党の問題は
自民党の問題になる
と言ったのは
前原さんと安倍さんが
「93年初当選組」の同期であって
政治手法や考え方が
よく似ていたからというのが
その理由だったけどね。

この「93年初当選組」とは、
前原さんや安倍さんの他にも
塩崎恭久さん、石原伸晃さん、
枝野幸男さん、野田佳彦さん、
田中真紀子さんが
代表なのだけれど、
93年7月の総選挙で
自民党が38年ぶりに下野した時に
初当選した人達である。

その特徴は、
時代が大きく変わった時に
初当選したためか、
当選1回で入閣した
田中真紀子さんを筆頭に
若いうちから抜擢されて
政策過程の中心に
入ったということ。

そして、まだ若手と呼ばれる
年代にもかかわらず
党を運営する立場に
なってしまったこと。

その結果、経験不足を露呈してしまったこと。。。

この「93年組」は

「下積みが足りない」(森喜朗さん)

と、批判されることが
多いのだけど
逆に言えば、
若手のうちにこれだけ
多くの経験をした世代は
他にはないとも言えるのだよね。

それは、以前書いた塩崎さんの
政治的経歴を見てもらうと
よくわかるのだけれども。
(2007年7月12日
早くも安倍政権を総括する(苦笑)(6):塩崎恭久はなぜ撃たれないのか。(前編)
早くも安倍政権を総括する(苦笑)(7):塩崎恭久はなぜ撃たれないのか。(中編)
早くも安倍政権を総括する(苦笑)(8):塩崎恭久はなぜ撃たれないのか。(後編))    

おそらく、10年後になると
この93年組は
経験豊富なベテラン政治家に
育っている可能性がある。

ただ、これは厳しい言い方に
なるかもしれないけど

「93年組は、今こそ踏ん張らないと
明日はないよ」

と、主張させていただきたい。

安倍さんが続投すべきか
僕はここではコメントしないけど
ただ、安倍さんが
首相を続けたいと言うなら
ここで踏ん張って
まずは人事権を
できるだけでも確保しないと
なにもできなくなるし、
10年後にやり直せるということは
ないんだよということだ。

党内のベテランに対して
いまさらいい子ちゃんに
なってる場合じゃないよ。

党三役総退陣の中で
首相だけが辞めないというのは
すでにいい子ちゃんの
判断じゃないのだから、
人事権は手放さないと
突っ張り通せと言いたい。

塩崎官房長官だけは
譲らない方がいいよ。(苦笑)

民主党のほうだと
前原さんや野田さんは、
やっぱり政策過程の中心を
小沢さんと旧社民党系から
奪い取るくらいの
ど迫力を見せないと
小沢さんがいなくなった時でも
貴方たちには党の主導権は
回ってはこないよということ。

なぜなら、10年後にはね、
もっと若い政治家が
台頭してくるからだ。

安倍さんが麻生さん・谷垣さんを
押しのけて首相になったように、
また、前原さんが菅さんを破って
代表になったように、
今度は貴方たちを落とそうとする
若い世代が出てくるということだ。

今、闘わなければ
あなたたちに明日はないのだ。

このままだと、93年組は
次の世代に蹴落され、

「無能な世代」

の烙印を押されて、
終わることになるだろうね。

僕は、93年組を見ていると
結構強気に自分の考えを
押し通そうとする割には、
それで政治的闘いが生じた時、
あっさりと腰砕けになる傾向が
あるように思う。

みなさん、わかりますよね、これ。。。(苦笑)

賢い人が多いのだろうし、
経験も積んでいるのに、
けんかに弱いというかね。

けんかをしようともしない、
けんかを悪いことだと
思っているような感じすらする。

だけど、最初に強気なことを
言ってしまっているから、
腰砕けになった時、
あれはなんだったのって
ことになって
必要以上に周囲や国民から
反感を買ってしまうというかね。。。

僕は、93年組の問題点というのは
政治的手法が稚拙だからとかいうより
まず、闘わないで
すぐ逃げるところだと思う。

とにかく、まず闘わなければ
なにも始まらないのだから。
稚拙でもなんでもいいから、
闘ってもらいたい。

だから、今日は最後にこう言いたい。

「93年組よ、もっと闘え!
今、政治的闘いを挑んで勝たなければ、
貴方たちには明日はないよ」

ということをね。

それでは、またね。

-------------------------------------------
「かみぽこ政治学」バックナンバーはこちら。






最終更新日  2007年08月01日 19時52分10秒

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.