000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気になるブログ10件

PR

X

全130件 (130件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

カテゴリ未分類

2006年08月16日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
小生がここ数年注目するIT関係のベンチャー企業が何社かある。今日はその中で、いち早く上場を果たしたSI、コンサルティングを業とするE社の現況に
ついてである。創業から4年で上場を果たし、他の比較対照となるベンチャー企業に較べ、充実度、成長性ともに抜群と思われた同社であったはずなのだが、ある時を境に業績に著しいかげりが見えてきたのだ。

同社のHPに、E社の顧客を契約代金の不払いを理由として、訴訟を起こしたとの記事が掲載されたのがその時であったように思う。掲載記事には、システム開発をE社に依頼した非鉄金属問屋である顧客が検収をあげたにもかかわらず、支払いを拒絶したので訴訟に及んだとある。システム開発の世界では、引渡し完了後も作り直し、機能使用の変更等に伴う追加作業があることは珍しくない。ただ、顧客をシステム開発上の食い違いを理由として訴えるというのはあまり聞かない話である。さらにはその訴訟を起こした事実をHPに掲載するなどというのは前代未聞の事である。HP上の他の事業報告書を見ると、さらに奇妙な事実がわかった。年度ごとに、収益を支える顧客の業界が違うのである。前年は金融業界、今年は建設業界、来年の見込みはサービス業界といった具合である。通例、業界に特化することが常識的なIT業界ではありえない。これでは、まるで新しい業界をつまみ食いしてきたような感じすら与えてしまうことだろう。実際は当たらずと言えども、遠からずだったようである。

さて、久しぶりにE社のHPをのぞいてみたところ、人事に関する奇妙な記事を見つけた。代表取締役社長が営業本部長、営業部長、マーケティング部長、技術部長を兼任するというのである。大手の上場企業でも、社長が営業本部長等をタスクフォース的に兼任することはあるが、このようにいくつもの職責を兼任することは実質的には不可能であろうし、対外的にも社長が何もかもかかえているというイメージを与えてしまうではないか。上場企業として企業としての情報公開の義務を忠実に果たしていることにはなるのだろうが、実質的にはマイナスイメージしかもたらさないだろう。営業本部長他が退職して、それを社長が兼任するにいったと受け取るのが一般的だろう。どうも、顧客を訴えたこともそうだが、このような好ましくない人事変更を平気で外部に見せてしまうことについて、あまりにも考えがなさ過ぎると思われる。IR的観点から言っても論外だろう。

最近、大手SI会社の資本参加を得て、業績の建て直しに懸命なE社ではあるが、
企業としての良識、あるべき姿が見えてこない現状では、衰退の一途をたどり、
優秀な知見を備えた技術者集団の解体につながることは必須である。事実、業績も下り坂の一途、人員の減少、技術を支えてきた創業当時の技術者の離脱が目立つ。ベンチャーの企業としての基盤はやはり脆弱である。短期間に上場を果たすことを誰しも望むところではあるが、腰の据わったしっかりした企業となるためにはそれなりの時間と努力が必要なようである。

ブロガーを繋ぐSNS








最終更新日  2006年08月22日 15時28分37秒
コメント(78) | コメントを書く


2006年08月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
このところ、息子の学習意欲が気になっている。高校生の息子に勉強しようとする意欲が見られないのだ。意欲がわかないようだ。勉強の仕方がわからないといったほうが正しいかもしれない。中学までの勉強は、ある意味、学校の授業をまともに聞いていれば、理解し、こなしていけると思う。

しかし、高校の勉強ともなると、そうはいかない。予習をしないと、授業を完全に理解することも、テストで良い成績をとることも難しいのではないだろうか。知らない英単語を辞書で引いて、確認する。古文や、漢文も事前の予習がなければ、授業を聞いただけではおそらく、頭に残るものは少ないのではないかと思う。

高校生にもなると、部活を初めとして、興味や関心事が増えてくる。まったく、何事にも無関心というのは、あまりないのではないかと思う。むしろ、あれも、これもと考え、悩みあぐねた末に、何もやらないという選択肢を選んでしまうことになってしまったのではないだろうか。

これは、我々、大人も同じである。学生時代、社会人を問わず、若いときは何事にも興味をいだく。しかし、その実現の方法を見つけられずに、時間ばかりが経ってしまったという経験を誰もが持ちうるのではないだろうか。後になって、あの時、あーやっていれば、
こーやっていればと、後悔にも似た回想をすることになるのだろう。

その後悔の原因となっているのは、まず、何かを始めるという少しばかりの勇気が足りなかった事、そして何より自分にとってのやり方、考え方を身につけていなかったことにあるように思える。勉強についていえば、自分にとって、勉強するという意欲をかりたてるものとは何かをまず見つけ出すことが必要なようだ。

ともすると、何ゆえに勉強するのかとか、何ゆえに働くのかといった愚問に時間をとられることもあるのだろうが、それは時間のまったくの無駄にすぎない。その時点において、何をすべきかは自ずと決まっているのである。学生の本分は学業であり、社会人のなすべきことは仕事以外にはない。がり勉である必要はないが、その年齢においてやるべき命題が学業であれば、それに断然いそしむべしと子供には教えていきたい。

仮に、大学に進学しないにしても、社会人として、人間として、社会生活を営んでいくために必要な教養を身につけることは大事な事だと知ってもらいたい。無論、小生が仕事に全精力を傾けることに何のためらいもないのだから。
ブロガーを繋ぐSNS








最終更新日  2006年08月22日 15時40分07秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年08月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しいコミュニティが出来ました。
出来事(1).jpg

昨日よりは今日、今日よりは明日と思って、頑張っている人もいれば、明日のために今日を生きるのではない斜にかまえる人もいます。今日という時間に繰り広げられるドラマは人の数ほど様々あるんですね。ある人にとっては何気なく過ごした1日が、ある人にとっては新鮮で、憧れの1日になるのかもしれません。

誰かに知ってもらいたい、誰かに相談したい、そんな出来事がありますよね。そんな思いをこめて、ブログを書くことがあるんではないでしょうか。知り合いには相談しにくけれども、ブログを書いている仲間にそれとなく、意見を聞いてみたいなんてことがありませんか。

さて、ブログリングの中に今日の出来事というコミュニティを作りました。誰かに話さずにはいられない記念すべき今日を送られた方はもちろん、平凡な何気ない今日を送られた方まで、どなたでも参加できます。貴方にとっての今日について語ってください。

ブログリング:ブログリングはブロガーの為のSNSです。ブロガーであれば、どなたでも参加できます。(一部、アダルトサイト等を除く)

ブログリングの登録はこちらからどうぞ。







最終更新日  2006年08月01日 20時23分25秒
コメント(3) | コメントを書く
2006年06月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
その男Tと出会ったのは今から20年前になる。ある外資系企業の同期入社である。あまり付き合いが深いわけではなかったが、記憶の片隅に残っていて、知人との会話の中で、時折、話題となることがある。

たまたま、最近、連絡をよこした人物がいて、転職の相談にのってくれというのである。その人物が現在所属している会社の社長がTらしいのである。当方が知り合いであることを本人に知らせる必要もないので、黙って聞いていると、昔の記憶が蘇ってきた。知人いわく、話がころころ変わるというのである。だれしも、時、所がかわれば、話の内容も変わっていくものではないかというと、それが別人に変身したかのように変わるというのである。

たしかに、Tはカメレオン的な男である。Tと米国に出張した知人もそう証言している。日本にいるときと、本社で外人と話すときとではまったく別人のようだというのである。声の調子、身振り手振り、全てにおいて、相手を意識して、アピール、アピールだったそうである。確かに、日本人が外人と英語で会話する時には、言葉の問題もあり、多少、人格が変わった風にさえ見えることがある。それは理解できる。

ただし、Tの場合は、ところかまわず二枚舌を駆使して、カメレオンになれる特性をもっているのである。お客を呼んで、ホテルでの泊まりこみのコンベンションをおこなった時のことである。彼の上司が、あろうことか、お客を尻目にホテルの裏庭でテニスを始めたのである。当然、お客を待つ社員はおとなしく待機が常識である。誰もが自分の目を疑うような光景である。誰かが、Tにやめさせるように忠告し、Tも了解したまでは良かったのだが、その後、信じられない光景を目にしたのである。Tはあろうことか、上司に近寄ると、なにやら話しかけ、タオルをわたし、玉拾いをはじめたのである。彼いわく、上司の命令は絶対で、何事にも臨機応変に対応しなければならないのだそうだ。

これから、Tがどのような人生を歩んでいくかはわからないが、その天性の二枚舌がどこまで通用するのか、見守っていきたい。また、その二枚舌がTにどんな試練を与えていくのか大変興味がある。人生は意外と?公平にできていて、そんなに自分勝手にはいかないものである。自分の信念に恥じない公明盛大な生き方は幸運をもたらし、偽りだらけの虚構の人生は最後にはつじつまが合わずに破綻していくのではないかと小生は考えている。






最終更新日  2006年06月25日 14時15分38秒
コメント(3) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
このところ、IT関連の展示会があちこちで行なわれている。先日もコンピュータソフトウエア関連の豪勢な展示会、カンファレンスが都内某所で行なわれていた。

外出先からの帰りに立ち寄ってみた。木曜日の午後だというにもかかわらず、人が溢れんばかりのすごい盛況ぶりだった。気になるブースがあり、そちらに立ち寄ってみる。

ブースの前に立ち、おもむろにPCの画面を覗きこむ。当然のことながら、説明員が愛想よく話しかけてくるものと思いきや、目の前のお客を無視するかのように他の会社の説明員と思しき人間と談笑にふける輩。

他のブースでは、その前をとおるたびにカタログの配布とブースへの誘導に躍起になっているというのに何たることか。いや、まてよ、この会社、リストラが慢性化してたな。他の会社の人間とどうやら転職の相談でもしてたかな。

そうなんです。展示会は転職の情報交換の絶好の機会であることを思い出しました。さすが、M&A、トップの交代、リストラと変化に事欠かないIT業界にあっては情報収集は不可欠なようです。

*******************************************************************
ブログリング(http://blogring.ne.jp/)を知っていますか。ブロガーが作ったブロガーのためのSNS、それがブログリングです。ブログを書いていれば、誰でも入れます。どなたの紹介もいりません。ブログを読めば、その人の人となりがわかります。ブログという証明書があれば、それが何よりの紹介状です。あなたもちょっとレベルの高いSNS、ブログリングに参加しませんか。
ブログリングのお申し込みはこちらから→http://blogring.ne.jp/






最終更新日  2006年06月25日 08時22分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近の小生の体験談を紹介させていただきます。まず、早朝の電車の中での出来事です。時間は6時を少し回ったぐらいでした。入り口に近い場所でつり革につかまっていると、突然前に座っていた女性がバックを小生の足元に落としたのでした。

携帯電話とめがねケースが飛び出した状態になったのですが、落とした本人は早朝の深い眠りについており、バックを落としたことも、バックの中身が散乱していることも気がつかない様子でした。小生が行動を起こすのに数秒はあったでしょうか。目に前にいた小生としても、そしらぬ振りをすることもかなわず、散乱したものをバックに収め、彼女に「落ちましたよ」といって手渡したのでした。無言で受け取る彼女。それどころか、かぶっていたキャロットをさらに目深にかぶりなおし、携帯のメールを確認し、自分のポケットにしまいこむ始末。信じられない行動ではありませんか。拾ってやって損した、それが正直な気持ちでした。

さて、今度はある日の昼食時の事である。行きつけのカレーレストランに行った時の事です。会社を出る時間が少し遅れたためか、レストランは既にお客でいっぱい。そのレストランはなかなか人気があり、昼食時は店の外に待ち客の行列ができることも珍しくありません。その日も、幾人かが外で待っていたのでした。あきらめて、他の店へ向かうべく歩道に踏み出した時、そこに先を急いだ若い母親の自転車がつっこんできたんです。

後ろ向きに店の入り口を後にした連れの友人がその自転車と接触し、一瞬、自転車が倒れかけたのです。後部には小さな子供。とっさに反応した友人は自転車を支え、すいませんと一言。むっとした表情で一瞥をくれて、走り去る若い母親。その後姿を見ながら、友人とどちらが悪いんだろうという話になりました。いくら多少の前方不注意があったとはいっても、歩道を歩行者を無視したかのような自転車の走行はまずいのではないかという話におちつきました。それ以上に、人にぶつかっておいて、無言で走りさるというのはなんという非礼なやつかというのが、小生の感想でした。

この二人は無論、異なる人間ですが、小生には共通の点があるように思います。人間としての素直さにかけていると思うんです。自分の事が大事なの誰しも同じでしょうが、人間は一人で生きているのではありません。誰かに迷惑をかけることもあれば、誰かに助けられることもあります。その時、迷惑をかけられた人間、手をさしのべた人間に対してきちんとした対応をすべきではないでしょうか。それは決して難しいことではありません。誰にでもできる、一言かけることなんですが。






最終更新日  2006年06月23日 15時22分44秒
コメント(5) | コメントを書く
2006年06月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日は父の日。一家の大黒柱として、日々頑張っているお父さんに家族がねぎらいの気持ちを込めてプレゼントをくれたり、肩をもんだりといったサービスをしてくれる日のはずなんですが、そんなことは我が家では期待できそうにありません。駄犬の散歩に始まり、珈琲をいれるのもすべていつもの土日とかわりません。

いつも小生より起床が遅い家内は、小生がいれた珈琲に濃いと文句を言いながら、黒砂糖をいれて口に運んでいました。ねぎらいの言葉もなく、父の日のことなどまったく忘れている様子。以前はシャツや下着を新しくそろえてくれたこともあったような気がするのですが、どうも最近はそんなことは期待できそうもありません。

それどころか、先週末に開店した回転寿司につれていけとせがまれる始末。寿司は嫌いじゃありませんけど、開店したてのお店は大変混むので、落ち着いて食べられないのであまり気乗りしません。むしろ、イタリアンのお店で、好みのパンとパスタを食べたいのだけれど、却下されそうです。

息子たちはといえば、長男は朝食をとるなり、自分の部屋でテレビゲームに向かい、小生の話など聞く耳持たず、父の日のことなど話題にすることもできませんでした。起床が一番遅い中学生の二男が話してくれた先週の林間学校での事件はおもしろかったですが、これも父の日には関心がなさそうです。

確かに、自分も父の日に父親になにかをしてあげたという記憶はありません。これも当たり前のことなのでしょう。高校生や、中学生の息子が父の日に父親に感謝の言葉やねぎらいの言葉をかけるなどというのは、ほとんどありえないことなのだろうと思います。もし、そんな道徳教育の模範的な行為が普通におこなわれるような社会だったら、現在起きている人殺しや、詐欺事件等々の社会を騒がせているような事件などおきないのでしょう。

父権などという古い言葉を持ち出すつもりはありません。むしろ、父親としてその存在が軽んじられないよう頑張らないといけないと意を強くしています。世の中一般に目を向けると、無言の中にも家族の父親への感謝が伝わるような家庭になることが健全な社会への第一歩なのではないかと考える父の日です。

*******************************************************************
ブログリング(http://blogring.ne.jp/)を知っていますか。ブロガーが作ったブロガーのためのSNS、それがブログリングです。ブログを書いていれば、誰でも入れます。どなたの紹介もいりません。ブログを読めば、その人の人となりがわかります。ブログという証明書があれば、それが何よりの紹介状です。あなたもちょっとレベルの高いSNS、ブログリングに参加しませんか。
ブログリングのお申し込みはこちらから→http://blogring.ne.jp/








最終更新日  2006年06月18日 14時42分58秒
コメント(3) | コメントを書く
2005年11月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類






最終更新日  2005年11月16日 16時04分39秒
コメント(3) | コメントを書く
2005年11月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日の言葉
*************************************
人生にとってもっとも大切なのは、
その時々の何が最も重要な事柄であるかを
よく考え、そこに全エネルギーを集中させ、
その他のことは一切切り捨てること。
(利根川 進:ノーベル賞受賞者)
*************************************


1、最近頑張ってる事

2、紅葉の勧修寺

3、過去に生きる

4、憧れの「白いところ」サントリーニ島

5、ささやかな願い・・・

6、女性専用車輌ですよ・・・。

7、接遇って何だ?

8、寒さのお陰で  [テディベア(ミニバラ)]  

9、近所の看板  [日常]

10、 久しぶりの面接で頭に来ました






最終更新日  2005年11月15日 18時06分32秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年11月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類






最終更新日  2005年11月11日 15時38分44秒
コメント(0) | コメントを書く

全130件 (130件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


© Rakuten Group, Inc.