000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GOOD NEWS

PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ

バックナンバー

2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月

コメント新着

楽天プロフィール

設定されていません

2005年06月19日
XML
カテゴリ:映画の感想
先週、ブルース・ウィリス主演の「ホステージ」を観て来ました。

原作の小説を読んで気に入ったブルース・ウィリスが、自ら映画化権を買い取り、プロデュースした作品です。彼とデミ・ムーアの子供が出演していますが、デミ・ムーアに良く似ているのですぐに分かると思います。デミ・ムーアの方が可愛い感じがしました(^_^;)。

全体的なストーリー構成は、飽きさせない展開にはなっていると思いますが、やはり、あの家って、強固なセキュリティ・システムの筈なのに、こそ泥的な3人の若者に簡単に侵入されていたのがお粗末かなぁ(^_^;)。「ホーム・アローン」と「ダイ・ハード」を合体させたような感じでした。ブルース・ウィリスは、まだ、ダイ・ハードでしたね。がんばっていました。

ストーリー : 凄腕交渉人だったジェフ・タリー(ブルース・ウィリス)は、かつての人質事件で子供を救えなかった自責の念が拭えず、その職を退き今は小さな街の警察署長となっていた。しかし、そこでも、新たな2件の人質事件が勃発する。最初は単純な強盗事件と思われたが、その家には巨大犯罪組織のマネーロンダリングに絡む機密資料が隠されていた事から、ジェフは家の中の強盗と、外の犯罪組織との両方を敵に回して戦う羽目になる。

公式サイトはこちらです。






最終更新日  2005年06月20日 01時37分54秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.