000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GOOD NEWS

PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ

バックナンバー

2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月

コメント新着

楽天プロフィール

設定されていません

2005年06月20日
XML
カテゴリ:映画の感想
日曜日に観に行ったのですが空いていました。ちょっと肩透かし?(^^ゞ私は、割とこういうのが好きなので、「スパイダーマン」と同じくらい面白かったです。そうそう、バットマンが飛んでいるシーンはCGじゃないらしいですね。バットマンも映画の中でバットグッズを自分で手作りしていましたが、映像も手作り感が出ていました(笑)。CGでは表せないリアリティ感を感じました。

ストーリーの持つイメージを明暗で言うと、前半は「スパイダーマン」が”明”とすれば、「バットマン・ビギンズ」は”暗”という感じで主人公は、よりストイックになっています。自分の恐怖を見つめて、自分に恐怖を科し、それと同化する事で、自分を敵に恐怖の対象とさせる。

主人公のブルースは、幼い頃の強烈な恐怖体験から逃れられずにトラウマとなり、その恐怖心がきっかけで両親が殺害される事件を目の当たりにする。罪の意識とトラウマと闘いながらも、復習に燃え、悪を憎み、悪を知るために放浪を続ける。

普通のアメコミヒーロー映画にはないような、勧善懲悪では片付けられない奥行きのあるストーリーになっていると思います。前作の「バットマン」シリーズの4作品とは切り離した、新たな「バットマン」シリーズの始まりとして観た方が良いと思います。

共演陣がまた最高なキャストが揃っています。二人の影の協力者として、フォックス役のモーガン・フリーマンとゴードン刑事役のゲイリー・オールドマン。執事のアルフレッド役のマイケル・ケインは、もう適役すぎ!。そして”影の同盟”での指導者デュカード役のリーアム・ニーソン(う~ん、ジェダイ・マスター!!(*^_^*))。精神科医クレイン役のキリアン・マーフィー

もう1回観てもいいかもというくらい面白かったです。いや、むしろ映画って、2度3度と観るべきだと思います。常に新たな発見があるものですから(*^_^*)。

公式サイトはこちらです






最終更新日  2005年06月21日 11時26分10秒
コメント(10) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.