000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GOOD NEWS

PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ

バックナンバー

2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月

コメント新着

楽天プロフィール

設定されていません

2005年11月14日
XML
カテゴリ:映画の感想
「エリザベスタウン」を観て来ました。主演は「ロード・オブ・ザ・リング」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「トロイ」とコスチューム役のイメージが強く残っているオーランド・ブルームです。

共演が「スパイダーマン」のヒロイン役のキルスティン・ダンスト。「ステルス」のタフなヒロイン役のジェシカ・ビールがオーランド・ブルームをふる役で、ちょっとだけ出演しています。

監督は「あの頃ペニー・レインと」で2001年度アカデミー賞の脚本賞を受賞した
キャメロン・クロウ監督です。

■ストーリー抜粋≫  公式サイトはコチラです。(上映時間:2時間3分)

シューズ・デザイナーのドリュー・ベイラー(オーランド・ブルーム)が新たにデザインした靴の売り上げがさっぱりで、返品が相次ぎ会社は倒産寸前、ドリューは一人その責任を負わされる形で会社を首になる。同僚でもあった恋人にもふられて希望を失ったドリューが自殺をしようとした時、妹から父が死んだと連絡が入る。とりあえず、一旦は思いとどまり父の葬儀に参列する為に父の故郷エリザベスタウンへと向かう。


★感想です☆

ゆる~い青春ドラマをゆったり観たい人にはお薦めです。後半はロード・ムービーっぽい仕上がりになっていて、バックに流れる音楽が心地よかったです。別段・・・大して感動する事は無かったですよ(~_~;)。感動物を期待して観るとダメかも。これと言って人間関係の嫌な展開も無かったですし、大事件が勃発する訳でも無いです。空気みたいな淡々とした、なんて事も無い物語です(^^ゞ・・・でも、人間には空気は必要ですからね、無駄に思える時間も気付かない内に、実は大切な癒しの時間になっていたりします。感動やエピソードがぎっしり詰まった映画では無いですからお腹一杯にはなりません(-"-)。でも、時には腹八分目も良いかな!?と・・・(^^ゞ・・・泣きたい人は想像力とゆるい涙腺が必要です(*^_^*)。


コスチュームを脱いだ””の演技で、初めて主役に挑戦したオーランド・ブルーム癖の無いピュアな演技が良い所でも有るのですが・・・演技に押しが弱いというか、・・・どのセリフも同じようでインパクトが弱いんですよねぇ。成功していたデザイナーが転落していく様があまり上手く表現されていなかったし、死まで考えるに至るまでの苦悩、怒りや絶望感などの心の葛藤を演じる時間が、あまり用意されていなかったですから、観る側にとっては、主人公・ドリューの行動が唐突な感じがして、自殺が軽い思いつきの事の様に感じました。だから、その後の父の故郷へ帰っての傷心を癒すストーリーの流れが、あまり心に響いてこなかったです。オーランドの演技は、心の底から押し上げるような熱い衝動をぶつけたり、羽目を外す様なハジケた人は似合わないですね(-.-)。人生の岐路に立った時の再生する力強さは感じられなかったです。そう言う映画でもなかったのかな?(^^ゞ


私が共感し難いのが葬儀の場面ですね。今までたくさん洋画を観た中で何度か葬儀の場面が有って慣れているとは言え、この映画の葬儀の場面でも未亡人となったスーザン・サランドンが舞台の上で歌い踊り、下ネタまで披露して参列者が拍手喝采を送ると言う場面が有りました。あぁ言う葬儀の経験が無いだけに、あの場面では感動ポイントを外してしまいましたね(~_~メ)。それと、亡くなった父親と主人公・ドリューとは、生前どういう交流をしていたのか?とか、断絶していた期間が有ったのか?、確執は有ったのか?とか言う彼らの心の距離はどれ位だったのかが分かるエピソードも少ないので、親子の絆の深さを読み切れなかったです。これも感動ポイントを外す要因でした。


あと、おせっかいフライト・アテンダント役のキルスティン・ダンストの存在も、登場場面が強引な展開で進んでいってリアリティーに欠けて、最初はうるさかったです。後半は可愛くなっていくので観れましたが、もう少し、ましな出逢い方は考えられなかったんでしょうか?あれが、男性だったらセクハラ、もしくは、ストーカー?とも言うべき強引さ!(~_~;)。オーランドの演技がとにかく生真面目で、笑えないラブコメと言う感じです(~_~;)(誉めているつもりです。(^^ゞ)。あっさりした気持ちの良い映画でしたが、それぞれの人物との関わりを繋ぐエピソードが少なく、感動ポイントが見えにくかったのが惜しかったです!(・へ・)


starキャメロン・クロウ監督 関連作品star


バニラスカイ(期間限定) ◆20%OFF!☆☆☆☆☆☆☆☆あの頃ペニー・レインと〈E-SELECTION〉(初回限定生産) ◆20%OFF!☆☆☆☆☆☆☆☆ザ・エージェント20%OFF!


「バニラスカイ」2001年☆☆☆☆「あの頃ペニー・レインと」2000年☆☆☆「ザ・エージェント」1996年
トム・クルーズ主演☆☆☆☆☆☆アカデミー賞(脚本賞)受賞☆☆☆☆☆トム・クルーズ主演






最終更新日  2005年11月14日 15時39分30秒
コメント(28) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.