2021.03.08

お姉さんありがとう!信じています。

カテゴリ:カテゴリ未分類
​  母が認知症のため、我が家からデーサービスに通うようになってから8ヵ月が経とうとしています。実家は、母が一人で位牌を守っていたので、そのことがずっと気にかかっていました。兄が一人居たのですが、30代の若さで、会社の事故で幼い子二人と奥さん(兄嫁)を残して亡くなってしまいました。それから30数年時が経ち、当時はまだ若かった私の両親でしたが、父が70代初めで亡くなり、母は、昨年まで一人で頑張ってきました。別所帯で暮らしている義理のお姉さん(Eちゃん)家族ですが、明日、位牌を引き受けてもらうことになりました。一緒に実家に行ってもらう約束になっています。母を通じてのコミュニケーションが主だった点もあり、なかなか意思の疎通がはかれていなかったことに気付かされ、最近は、忙しくても少しだけ顔を見せに立ち寄っています。お互いに近い所で暮らせていてよかったと思っています。何気ない会話の中で、母の事、今後の事、・・・ちょっとずつ話せることでお互いの想いが伝わっていると感じています。心の行き違いに遭遇した時、私の心の中で『亡くなったお兄さんが愛した人なのだから』と、夜空の星をみて自分の気持ちをたて直していました。何度もなんども想いなおす日々がありました。でも、『お姉さんありがとうございます』お姉さんを信じています。

今回も感謝、日々感謝!





TWITTER

Last updated  2021.03.08 11:42:16
コメント(0) | コメントを書く