1155619 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ティーライフの夢貯金!

エアコン 

  エアコンを上手に使って電気代を節約  



■■■ 省エネのための上手な使い方 ■■■
■■■ 設定温度と風向を調節して快適に ■■■
夏はカーテンやブラインドを使って、窓からの直射日光を防ぎましょう。
窓の大きさやカーテンなどの種類にもよりますが、日差しによる熱の進入を約30%カットできます。
また、冬の日中は日光を取り入れ、夜間はカーテンなどで熱が逃げるのを防ぎましょう。
お部屋の中で冷たい空気は下に、暖かい空気は上にたまりがちです。 エアコンの風向を冷房時は水平に、暖房時は下向きにすると温度むらを少なくできます。
扇風機を併用してお部屋の空気をかき混ぜるともっと効果的です。
風向を上手に調節して、快適で省エネな冷暖房をしましょう。
湿度が15%下がると体感温度は1℃下がるため、逆に設定温度を1℃高くしても同じ快適さが得られ、この分設定温度を上げれば約10%の電気代節約ができます。

■■■室外機に置き場所・お掃除 ■■■
室外機は風を吹出して空気と熱交換を行っています。
このため、吸込み口・吹出し口がふさがれると冷暖房効果が弱まり、電気代もかかります。
室外機のそばには物を置かないでください。
エアフィルターの目詰まりは電気代の無駄使いだけでなく、異常音や水漏れ、臭いなどの原因にもなります。
シーズン初めには必ず清掃し、普段は2週間に1回のお掃除をする。

■■■タイマーの利用とプラグ■■■
タイマー機能を上手に使って、無駄な運転を避けましょう。
また、エアコンは使わないときもリモコン受信のため少しずつ電気を使っています。
長い間使わないときは電源プラグを抜いて、無駄な電気をカットしましょう。

■■■シーズンオフ■■■
1ヶ月以上使わない場合のお手入れ方法

1. 晴れた日に半日ほど送風運転をして、機械内部を乾燥させましょう。
2. 電源プラグは抜いておきましょう。
3. エアフィルターを掃除し十分乾かして、もとどおりに本体に取り付けておきましょう。
4. リモコンの電池は液漏れ防止のため、取り出しておきましょう。

Template Shop


■節約メモ(エアコン編)

家庭で使う電化製品の中でNO1の消費電力がエアコン。かしこく使わないとね!

節約1
☆設定温度<1日9時間使用した場合>

夏場(6~9月半ば)・・27℃を28℃に(1℃上げる)   
約380円のトク!

冬場(11月~4月半ば)・・21℃を20℃に(1℃下げる)   
約1680円のトク!

   *もう一工夫
  エアコンと扇風機の併用・・・空気の循環で効果UP
・対流させると1~2℃の温度差をカバー出来る!
カーテン・・・・・・・(冬)床まで届く厚地を使用            (夏)直射日光をさえぎるレースやブラインドを使用

節約2
冷暖房を使用する時間を1日1時間短縮すると1810円のトク!

節約3
2週間に一度フィルターを掃除すると 40円のトク!

節約4
オフシーズンはコンセントを抜くと120円のトク!

1年で・・・・・・・合計  3990円の節約になります。 

  新しく買い換える際の節約
p_01.jpg*省エネ性マーク
左/通常表示
右/省エネ基準達成率 100%以上の製品

~どっちがお得?~ 省エネ型で高価なエアコン VS ただ安いエアコン →エアコンを約13年使った場合、約12万円、省エネ型の方が電気代が得である!!  



~その他のエアコン代節約の工夫~




tx-home.jpg


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.