1131946 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ティーライフの夢貯金!

夫の小遣い

夫のこづかいは給料の10%が適正額!?

収入がけっこう多いのに、貯蓄が出来ない家庭で、家計を圧迫しているのが、夫のこづかいというケースが意外と多いのだそうです。

仕事関係の付き合いが多く、外食などに必要というのが理由。一定額では足りなくなって夫に追加要求されたら、仕事なら仕方が無いということでついついプラスで渡してしまうということもあると思います。

でもこれではいつまでたっても、お金は貯まりませんよね。

夫のこづかいの妥当な額は手取り月給の10%くらいなのだそうなので、それをつらぬく姿勢が必要になります。

どうしても付き合いが多くて足りないときは、夫婦でルールを決めてボーナスなどから補てんしてもいいのでは、、、。あと、昼食代が必要な場合は奥さんがちょっと頑張ってお弁当を作れば昼食分が浮くでしょう。(1個作るのはかえって無駄だったりするから、子供や自分の分も一緒に作れば家族中の昼食がいっぺんに出来ちゃいます)

もしも、今、手取りの10%より多く渡していれば、夫婦でよく話し合ってそのプラス分を貯蓄に回せばより大きな夢に変わるかもしれません。

仮に5000円削っても1年で6万円貯まるんです!!それを数年続けたら、、、、大きいですよね~~~。

貯蓄を増やすには夫婦の協力が必要です!

情報を開示して夫にも協力を求めましょう。そのためには、妻も貯蓄目標をしっかりもって、キチンと予定を立てて、書類にして渡しましょう!

男の人って、キチンとデーターを出してそれを見せれば案外、納得するみたいですよ。ただ、「貯金が出来ない~~~お金が足りな~い。こづかい減らしちゃだめ?」って言ってるだけなびいてくれません。

ちなみに我が家では今は夫のこづかいは0円です。凄い悪妻だと思わないでくださいね。なぜ、0円かといえば、夫が休日出勤したりした臨時の日当は手渡しなのでその分を彼がこづかいにしているからです。(定額ではないのでその分は自分でやりくりしてるのでしょう)

それで浮いた分(手取りの10%といえば我が家の場合3万5000円程)、しっかり先取り貯蓄して生活費として使えないようにしています(最初から無い物と考える

SD-fl6-05.jpg
Template Shop




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

tx-home.jpg


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.