462842 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

快風身体均整院

部分と全体(肩と胃その他)

例1)肩の場合
※肩こりを例に挙げましたが、これら図のような流れは、その他にも四十肩・五十肩など、肩に関する症状全般のベースにもなり得ます。

※左右・上下のバランスを例に挙げましたが、例えば肺や頭の疲れは、猫背など前後のバランスにも影響します。

katakoinonagare

【参考文献:身体均整師会 第91・92回全国講習会講義録「異常傾斜圧の観察と調整(南一夫講師)」より作成】

これら図のようなことが、体の各部で起こります。腸と膝、胃と足首など、例を少しずつ増やしていきたいと思います。

【当院での改善例】
(1)首から肩にかけての痛みとこり。肝臓調整により首周辺の血流を回復させると同時に迷走神経(上図の肝臓から出ている神経です)の緊張を解くことで、わずかにずれていた首の骨(頚椎)も整い、痛みも消失。(52歳男性 施術回数1回)

(2)寝違え。右の首すじが痛む。胃と腸の調整により、右迷走神経(上図の胃から出ている神経です)の緊張を解くことで、翌日にはもとのように首を動かせるようになった。(70歳女性 施術回数1回)

(3)この他の改善例については当院の日々の施術例(ブログ形式)をご覧下さい。
ご自身で何か症状をお持ちで、今すぐそのしくみを知りたい方は、お電話かメールにてお問い合わせ下さい。

その際、現在の症状以外に便通や血圧など体調で気のついたことや、過去の症歴、受傷歴、手術歴なども教えて下さると、食事や生活習慣など、来院しなくても改善に向かう方法をアドバイスできるかもしれませんので、思い出せる範囲でお知らせ下さい。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.