576397 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

快風身体均整院

PR

全254件 (254件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

日常

2021年01月15日
XML
カテゴリ:日常
印刷がずれたり、宛名を書き間違えたりと、今回も年賀状をけっこう余分に使いました。

スマホやSNSでつながっている今の時代に、そうまでしてやる意味は? という考え方もあります。

何かをする前に、やる意味のあることだけを選び出せたら楽なのですが。

均整院を開業した当時、軌道に乗せるためにやるべきことを100個書き出して、実践しながら削ったり、新たに加えたり。「年賀状を書く」もそのうちのひとつでした。

最初の頃は、しばらくご来院のない方にも、忘れられないように毎年出していました。

そのうちに、しつこくするのはやめて、お顔を思い出したり、ふと気になったときに、「お変わりございませんか?」など、一言添えて出すように変えてみました。

ご来院のあるなしに関わらず、だんだんと毎年やりとりさせていただくようになる方もいます。

郵便番号印刷が枠からずれていたり、「5」を「6」にがんばって書き直していたりする年賀状をいただくと、自分と同じように苦労してパソコン設定や宛名書きに向かっている姿が浮かび、ホッと温かくなります。

最初は快風院の宣伝から始まった「年賀状を書く」でしたが、ほどよいつながり感が楽しくなって、今でもずっと続いています。

やるべきこと100個は、開業についての講義用に小冊子にして、毎年実践を通したバージョンアップしているうちに、さらに磨かれていきました。

何事も続けていると、量が質に変わるといわれます。「質量転化」というそうです。

そのためには、目標を掲げた後に思いついたことは、なんでも役立ちそうです。

パソコンのソフト「Word」を新しくしたら、設定にかなり手こずった今回。

記憶が新しいうちに手順をメモをして、また今年の年末の楽しみにします。

tyoppa-2.jpg

※漫画「ONE PIECE」連載1000話記念コラボのチョッパー
(かわいいフリー素材集 |「いらすとや」)


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯昨年8月から毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。残り2月6日開催のみとなりました。私も担当の一人として参加しますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん(今回のチョッパー他、「ONE PIECE」連載1000話記念コラボ​だそうです)、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2021年01月15日 06時35分03秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年01月08日
カテゴリ:日常
「あなたの頭、重たいねーっ。使いすぎだよーっ」と、均整の師匠の一人であるY子先生に、勉強会で実技モデルになるたびに言われていました。

「レスリングしてて、よかったよーっ。あなた、もともとお尻小さいんだから、これからも運動してふくらましておかないと、頭とバランスとれないよーっ」と叱咤激励される毎回。

90歳を超えているとは思えないダイナミックな均整施術を受け、モデルの役得を味わっていました。

頭と体のバランスは大事です。わかりやすい例は、デスクワークとウォーキング。

机に向かうことに疲れたら、自然と散歩に出かけたくなる人は多いのではないでしょうか。

均整の仕事も、体を使うようでいて、施術をしながら整い方をその都度確認し、次の一手を考えるなど、けっこう頭を使う割合が大きいため、意識して体を動かすようにしています。

毎朝歩いたり走ったりしていると、施術上の課題の答えやヒントがよくひらめくので、ポケットにはいつもメモ用紙とペンを入れています。

そのひらめきにより、お客様に喜ばれる機会がまたひとつ増えると思うと、ますます体を動かして、ひらめきを得たくなります。

頭と体が出会った分だけ、今を生き生きと感じることができるともいわれます。

未来への不安よりも楽しみに頭を向けるための、地にしっかりと足をつけられる体を、今年もコツコツ鍛え整えて、均整師としての役目に邁進致します。

昨年はY子先生勉強会をほとんど開催できませんでしたが、元気な山形弁のお声を、早くまた聞きたいです。

gojira.jpg

※2021年元旦の日比谷、ゴジラ像と
TOHOシネマズシャンテから昇る朝日。


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯昨年8月から毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。残り1月と2月開催のみとなりました。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2021年01月08日 07時08分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月01日
カテゴリ:日常
昨年末のある夜、UCとしまえんで映画を観終わったあと、オフにしていたスマホの電源を入れながら、近くのがってん寿司へ向かいました。

ドアを開けると、BGMがあいみょん「裸の心」。(いいねー)と思いつつも、(あれ? いつもお店でBGM流していなかったかも)と少し考えているうちに、自分のスマホからだと気がつき、あわてて消しました。

ポケットの中で、ミュージックスタートボタンに触れてしまったようです。空いている静かな店内だったので、余計に恥ずかしい。

こんな小さな初めて体験、ときどきあります。大事にしなければと思います。

大きな「初めて」は、大人になると少なくなりがちです。

自転車に初めて乗れたっ。日が暮れるまで広場をぐるぐる走り回った。気持ちいいっ。次は道に出たいっ。

泳げたっ。プール終了のベルが鳴っても水から上がりたくないっ。次は飛び込みたいっ。

バック転できたっ。昼休み終わってほしくないっ。次はバック宙がしたいっ。

小さな「初めて」も、どんなだったかをよく感じれば、次への方向が自然に見えてきます。

「裸の心」でよかった。なんとなく年末っぽいし。「マリーゴールド」だったら、もっと恥ずかしかったかも。

劇場内で飲んだビールの酔いが醒めたので、もう一杯飲みながら、どんな初めて体験にも胸を開いておく、と決めることができました。

皆様にとりまして、素敵な初めてがたくさん起こる2021年でありますように。

keiga.jpg


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯昨年8月から毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。残り1月と2月開催のみとなりました。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2021年01月03日 14時32分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月18日
カテゴリ:日常
先週、レイトショーの映画を観たあと、西武線豊島園駅の改札をくぐると、終電1本前でした。

先頭に近い車両に向かう途中、スマホを握ったまま居眠りしている、池袋方面から乗ってきた様子の若い女性を見かけました。

折返し池袋まで戻されてしまうと、その後の電車はありません。

そうなるのを見過ごしたくはないけれど、声をかけて驚かせたくもない。もしかして、途中の駅を寝過ごしたから、戻るつもりでいるのかもしれないし。

いろいろ考えながら、目標の車両に着いたとき、発車まで3分。「起きてー」と念じているうちに残り1分。

「仕方ない、行って声をかけよう」と立ち上がったところで、駅舎から運転席に向かう運転手さんに起こされ、女性はあわてて降りていきました。

私が起こそうと決断してもしなくても、きっと運転手さんが起こしてくれたでしょう。

全体の流れとしては同じ。でも、決断してから見る景色は、流されたまま見る景色とは変わった気がしました。

2日後の夕方。巣鴨にある均整法学園での夜間講義に向かうため、1時間ほどのウォーキングに出発しようとすると、今にも降り出しそうな雨雲が、空一面に広がっていました。

電車でのことを思い出し、「降られたときにはなんとかする」と、まず決断。

視線の高さ、胸の張りがいつもと変わったウォーキングを楽しみながら、巣鴨に無事到着しました。

小さな決断の貯金額は、姿勢に現れるようです。

全体の流れは同じでも、巻き込まれずに、見渡す力が貯まる貯金です。

aruasanotoshimaeniki.jpg

※ある朝の椎名町駅、豊島園行き。
いつもありがとうございます。


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年12月18日 13時14分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月11日
カテゴリ:日常
雨上がりのある日、ウォーキング途中の公園で、雲梯(うんてい)をブランブランと渡っていました。

最後に着地しようとしたとき、下にできていた水たまりに気をとられて手をすべらし、避けようとしていたのにポチャリ。

こんなとき、もう一度最初から渡り直して、水たまりを避けて着地、終了と、スッキリしたくなりますが、「また今度」も、いいものです。

「なかったことにしないで」と言っている、水たまりの声を聴けるかもしれませんから。

どんな小さな出来事も、何かを教えようとしてくれているのだとしたら、なかったことにするなんてもったいない。

居酒屋のテーブルの上。とっくりの口に注ぎやすい向きがあったり、スープ餃子のレンゲが、器の向こうに隠れていたり。

こちらからは見えなくても、一緒に飲んでいる仲間が、隣や反対側から教えてくれます。

「違うほうから見てみたら?」と、レンゲもとっくりも教えてくれています。きっと水たまりも。

そんなことを思いながら星空の下、ほろ酔いの雲梯ぶら下がり。

水たまりは、しばらくできなさそう。また近々会いましょう。

untei.jpg


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年12月11日 07時34分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月06日
カテゴリ:日常
ブラックコーヒーもカフェオレも好きなので、冷蔵庫にはいつも牛乳があります。

よく買っている紙パック牛乳の注ぎ口が最近、キャップ式に変わりました。

パックを傾ける加減がわからず、最初はドボドボ入れすぎましたが、ようやく慣れました。

高校のとき、授業中にノートに描いた、先生や友達の似顔絵が好評でした。

ただ、左斜め前の角度からしか描けませんでした。

好評に気をよくして、絵で身を立てようと思ったのなら練習したはずですが、そこまでは気が向かず、他の角度には、いつまでも慣れませんでした。

均整法学園の学生時代、利き手(左)と逆の手を使う技が、最初のうちは上手くできませんでした。たとえば足首を回す、などです。

こちらは似顔絵と違い、プロになるために一生懸命練習しました。

似顔絵も均整も、ちょっとしたきっかけから興味を持って始めたのは同じ。

似顔絵はその後、レスリング技の研究ノートのイラストに役立ち(やはり左斜め前から図)、技を失敗して痛めた体に均整施術を受け、均整師につながりました。

もしも絵の仕事を選んで、途中で挫折していたとしても、そこからきっと均整師にたどり着いた気がします。

興味のあること、好きなことは、「やってみよう」と思える分だけ、あまり力まずにやってみれば、そのうちほどよくつながりそうです。

最近、映画の題字にとても惹かれます。先日観た『朝が来る』の題字も素敵でした。

習字、やってみる? と思ったりもしますが、私にとって、どの角度にも突破口のない字は、絵よりももっと敷居が高い世界。ほどよい加減のカフェオレを飲みながら、もう少し考えてみます。

kafeore.jpg


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年11月06日 07時37分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年10月23日
カテゴリ:日常
プラスチック製ボールペンのフック(クリップ?)、何かのはずみで、たまに折れたりしませんか?

先日やってしまい、まだ書けるのに捨てるのはもったいないと思っていたら、よい使い道を見つけました。ランニング時にメモしたくなったとき用です。

短パンのポケットに逆さまにいれておくと、折れたフックの根もとの角張りがちょうど、ポケット内のメッシュ生地に引っかかり、走っているうちに落とさずにすむのです。

あと、公園に着いたら逆立ちなどもするので、このときもバッチリ、落ちてきません。

ニッチすぎる使い道ですが、「折れたら捨てる」という思い込みをはずせてうれしかったです。

思い込みといえば、ブログやSNS投稿のときの定型文。

コピペしてるのだから間違えようがないと思い込んでいると、繰り返しているうちにいつの間にか何文字か消えていて、「快風院『均整日記』」が、「快風院整日記』」となっていたり。

またやってしまったと悔しい反面、思い込みに気づけたことがうれしいです。

毎週通っている体の使い方レッスンや手技の勉強会も、「えーっ、体ってこうだったのか!」と、その都度、思い込みのはずれる楽しさがあるから続いています。

はずれた分、やるべきことは増えますが、それ以上にやらなくていいことも見つかり、毎日がだんだんとシンプルになります。

体も心もシンプルに、今日も何かひとつ、思い込みのはずれる一日でありますように。

haro.jpg


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年10月23日 06時48分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年10月16日
カテゴリ:日常
通っているスポーツジムが営業再開した6月頃のこと。

久しぶりのベンチプレスを、「うっ、けっこう重いなー。やっぱりなまっていたかな」と感じながらも、何とかこなしました。

片付けるときに重りの合計を見直すと、いつもよりプラス10kg、間違えていました。やればできる、と感じた瞬間です。

同時にふと、こんな出来事を思い出しました。

均整法学園に通っていた頃のある日。同級生の男性が、調子の悪い足首を整えてほしいというので、習いたての施術を練習させてもらうことに。

足首を直接ではなく、うつ伏せの背中への施術だけで、足首の動きがどれだけよくなるかに挑戦しました。

施術後、再度足首を確認すると、思った以上にスムーズに動きます。

自信満々に「どう?」と聞くと、彼が一瞬キョトンとした後に笑いながら、「それ、足が逆」と。

背中を施術している間に、左と右を間違えたのでした。

ただ、間違えたおかげで、整ったときの手応えが分かりました。ここまでよく動くようになって、はじめて整ったといえるのだなと。

その手応えを本当に出せるように求め続けた結果、今があります。

「やればできる」の方向を、心の声に教えてもらえたと思っています。

人によっては心の声が実際に聞こえるかもしれないし、胸が詰まる、開くなどの感じで、自分の進む方向がわかる人もいるかもしれません。

私は“勘違い”が心の声かも。

それぞれ得意な心の声の聴き方で、進むべき方向に、今日もまた一歩進めますように。

itibanbosi3.jpg


四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年10月16日 08時19分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年10月09日
カテゴリ:日常
先日、仕事場のインターネットがつながらなくなり、修理をお願いしました。

約束の時間にいらした若い男性の方が、あっという間に復旧して下さいました。

それまでの何日間か、自分でできたことは、モデムやルーターの電源を入れ直したり、コードの接続を確認したりするくらい。やはり専門家は頼りになります。

その男性が、私の均整施術をもしもそばで見ていたとしたら。以前よりも施術の動きが細かくなったこともあり、きっと何をしているのかわからなかったでしょう。

どこか痛めたときには体バランスの専門家、頼ってきて下さいね。修理をありがとうございました。

その日の午後、女性のお客様が小さな息子さんと一緒にご来院。ひと月前に忘れていったおもちゃをお返しできました。

「先生にありがとうは?」とママに背中を押されても、いつもは元気に待合室で遊んでいるのに、照れて何も言えません。

その後、ママが更衣室で着替えている間に、トコトコトコと寄ってきて、白衣の胸ポケットに、サイダー味の飴を入れてくれました。

施術後のママに、自宅でできるセルフ均整をお伝えしてお見送り。

電源入れ直しやセルフ均整のように、自分でできることを精一杯やってみて、それでもだめなら遠慮なく、誰かの力を借りればいいですね。いつか誰かに貸せるときもあるはず。

ポケット飴、誰の力を借りるまでもなく、最強かも。

ame.jpg

四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年10月09日 07時47分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月25日
カテゴリ:日常
ここ最近、また少し断捨離ができました。今回は本。

そろそろ断捨離しなければと思い始めるのは、パソコン机の後ろの本棚に並んでいる『ワンピース』まで、キャスター付き椅子に座ったまま、スィーッと移動できなくなってきたときです。

本が増えてワンピース棚前に積み上がり、キャスター移動の道をふさぐとストレスになります。

六畳一間のアパートに住んでいた頃、広い部屋に越したいと思った一番のきっかけは、「スィーッ」を夢見たことでした。

部屋に合わせた本棚は小さくて、入りきらなくなった本の山が棚の前にできあがると、ワンピの読みたい巻を自由に取り出せず、とてもイライラのもとだったのです。

「大きな本棚と机の間のフローリングの床を、キャスターの付いた椅子でスィーッとすべって移動して、読みたいワンピを自由に手に取りたい!」

そんな夢を見て日々、均整院が一日も早く軌道に乗るよう励んでいたら、気がつけばスィーッができていました。

変化は自分の内側から起こって、外側に広がります。

そうかといって、理想の姿や生活を、一気に全部イメージしようとしても無理があります。

「スィーッができるようにする!」のような、ちょっとした夢の小池が集まって、湖になります。

湖が見えてきたら、投げやすそうな小石を拾って、片っ端から投げ込むと。

一個だけではすぐに消えてしまう波紋が、何十個も投げ続けているうちに合わさって、湖全体に広がります。

無理せずに、好きな小池と、自分の手にすっと収まる投げやすい小石から始めると、湖から「スィーッ」でもなんでも、いつの間にかあふれ出してくるのです。

mizukiri3.jpg

四つ葉快風身体均整院 お知らせコーナー四つ葉

◯8月から来年の2月まで(10月を除く)、毎月第1土曜日に、「身体均整法学園」来年度受講生募集説明会を開催しています。私も毎回、担当の一人として参加していますので、ご質問等、気軽にお声がけ下さいね。詳しくはこちら​「身体均整法学園ブログ」​をご覧下さい。

◯均整施術ではどんなことをするのか、普段の施術の流れを、​「快風院 均整日記」​に連載しています。

◯ ​『内臓ウォーキング』他、拙著のご紹介​:これまでに5冊出版させていただきました。感謝致します。

◯快風身体均整院ブログの挿絵には無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」さん、無料イラスト「イラストわんパグ」さんのイラストを使わせていただいています。いつもありがとうございます。






最終更新日  2020年09月25日 08時17分48秒
コメント(0) | コメントを書く

全254件 (254件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.