215151 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

病気なら試して! AST名古屋西気功

PR

Profile


kinnta13

Category

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

2011/01/15
XML

北国の友人達は、休日は雪下ろしに翻弄されています

有難い事に名古屋は寒くても雪は積もらず、道路の凍

結もないです


ボク自身は、5月からの速読トレーニングから、辛いも

のが美味しく唐辛子たっぷりなので寒く感じません

マイナス気温の寒風の中バイクで走り周っていますよ



今日の写真

さる大きな病院に行った時、窓から名古屋の街中が見

えました

名古屋の南から名古屋駅方面を望んでいます

まるで押井守さんのアニメに出てきそうな都会の景色

彼方まで見通せる冬枯れの澄んだ大気

嘆き、喜び、苦しみ‥

そんなドラマを内包したバベルの塔

彼岸からやってきて、また彼方へ去ってゆく

私達は、そんな一時の命の炎をこの砂のお城で燃や

しているのですね



さてガンの手ごたえ

これから書くことは、あくまで未熟で発展途上のボク

個人的感想で、団体や組織が発表している事とは違

いますので、お間違えのないよう

ましてAST気功では、感覚に頼らずデーターを見て

進める事を大切にしています

感覚に頼りすぎ、現実を歪曲する事を懸念しています



感覚に頼るのは危険ですが、あるものを否定もできま

せん

上手に参考にすればよいのかと

その感覚を少し



“気”は眼に見えません

どこまで治療が進んだのか、このままでよいのか心配

になる時があります

もちろんデーターがよい方向にあれば問題はなし

そのよい方向が起こりつつある吉兆とか瑞祥を、患者

さんの発する熱の波で感じる事が多々あります



治療の開始時は、気功治療をやっても、やっても

ノレンに腕押しの状態で「コツン」と手ごたえが、あ

りません

1回目の治療の時は、全然応えない方もいます

患者さんも最初は仕方がないと思っていても、しばら

くそんな状況が続けは「本当に効いているの」と思い

たくなるでしょう

事実そこで止められる方もいます



しかし、そこがガマンのしどころ

耐えて続けていると、だんだん返事が熱で返ってくる

のです

それが、どの辺りかは病気の進行具合や回数によります

一概に言えません

信じて頂いて、じっくり取り組むしかないのです



ある時点から底をうち

Uターンしてくる

綱引きならズリズリと引き戻せるようになる

それを待つのは互いの信頼しかありません



送った“気”が熱波で返ってくる

火や分化の“気”がよく感じるようです

この熱波をつかむ

コレが出てこえば、抗がん剤や放射線をしても、生命

の火は少々のことでは崩れません


燃えてくれば異物もガン細胞も退けます

生命にとって抗がん剤も放射線も毒物です

生命が活性するという事は、がん細胞とこれらと両方

に戦うことになりますが、乗り切れます



命の火が燃えていないと、がん細胞の撃退を抗がん剤

や放射線にやってもらわなければなりません

それは、更に生命も傷つけます

しかし、あまりにもガンの勢いが激しすぎれば、これ

らの手助けが必要の場合もあるでしょう

だから医学とAST気功両方をやるのがベストなのです



AST気功治療が進んでくると、送った“気”で患者さ

んの体が熱波を発するようになります

その熱波の返りを待つ

そうすると検査データーもよい方向に向かうようです

これで「AST気功って効くね」とやっと思って頂け

るようです

断崖絶壁での勝負

これで一歩キケンから遠ざかりました





人気blogランキング参加中です。
ポチッと♪クリックで喜びます♪
↓   ↓
バナー


 AST名古屋西気功クリニック=気功治療に興味のある方、身体に不安のある方などお気軽にご相談ください。

AST名古屋西気功クリニック=特に首から上の治療に自信があります。相談ください。

症状別のサイトはこちら







Last updated  2011/01/16 12:02:22 AM
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Archives

・2022/07
・2022/06
・2022/05
・2022/04
・2022/03

Comments

ふーみん*@ Re:気功で若返り(01/28) 初めまして。             …
いずも。り@ Re:出雲・松江への旅(05/30) 私も先月出雲に行ってきました。松江にも…
kinnta13@ Re[1]:出雲・松江への旅(05/30) 2008年のブンチャンさん 旅行に行っ…

Headline News

Favorite Blog

第三の視点 夢見志さん
おばさんの“雑記帳” ブンチャン2008さん

© Rakuten Group, Inc.