000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

腫瘍なら試して! AST気功=AST名古屋西気功クリニック

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

2014/06/15
XML
カテゴリ:癌などの難病治療
260615
初夏の日差しが照りつけるものの、風が冷たい名古屋。 

日陰に入ると汗は引くのですが、なんとなくムシムシ。 ハワイのようにはいきません。

今日の写真は、毎日散歩する名古屋千種区の覚王山、日泰寺の五重の塔。 東側から坂添いに見えてくる五重塔が好きです。 京都のお寺のようです。

先日一通のメールをいただきました。 去年の8月ガンの気功治療をしていたが転移が見つかり、気功治療を中止した患者さんのお母さんから、今年の3月亡くなったとのお知らせでした。3ヶ月経ってやっとメールが出せたのでしょう。「お世話になりました」という内容でした。

表面的には成功しなかったガン治療と言うことになります。 普段は、もうそれ以上「力及ばず残念でした」以外は申しません。しかし僕にとっては、とても心残りのあるケースでしたので、今日はブログに書きます。

この患者さんの原発は卵巣、直腸がんだったと思います。原発は手術され、さらに肺に転移、左肺を切除、今度は残った右肺、大動脈とリンパに転移しかかり来院されました。

ガンのひつこさは相当なもの。それでも25回くらいの治療で、マーカーは下がり状態は安定していました。しかし、絡むようなヒドイ咳がでていました。

とても気になったので、通ってみえる病院で何度も検査してもらうよう、伝えましたが、そのたびに何もないと言われたとのご返事でした。

ガン治療は「もぐらたたき」の感があります。気で病巣を抑えてゆくと、どこかにまた顔を出す場合があります。それは新たな転移というより、すでにトンネルができていて、そちらに逃げた感じです。

ですので、またそこを抑えにかかります。それを何度か繰り返すうちにガンの総量エネルギーがだんだん弱くなり下火になるケースがあるのです。 ガンの勢いが激しいほど、起こりやすいと思われます。

医学ではこういう、捕らえ方をしないかも知れませんが、ガンのケースにあたっていると、こう感じるのです。 本当の収束には年という時間がかかります。

この方の場合、気功をしていたのに転移した。もう頼りにはならないというご感想だったのでしょう。「もう、転移したので止めます」とのご連絡。現象としては、致し方ない。 結果を予想しながら「そうですが、解かりました」と返事しました。

まだ続けましょうと言えなかった。僕のほうが信頼をなくした痛みで、気持ちが折れたかも知れません。 こんなこと、何度でも乗り越えましょうと言えなかった。 残念さが残ったケースでした。

望みを託してやってくる、ガン患者さんを全員治してあげたいが、そうならないもどかしさを思い出すメールでした。


愛知県名古屋市中村区豊国通6-23吉田ビル1F
AST名古屋西気功クリニック
TEL 052-411-2177 お問い合わせはブログを見たと


1.AST名古屋西気功クリニック=お身体に不安のある方
2.AST名古屋西気功クリニック=首から上の治療に
3.こんな症状も治療対象です
4.もう方法がなくお困りならご相談ください。
5.社会不安障害もご相談ください。


人気blogランキング参加中です。
ポチッと♪クリックで喜びます♪
↓   ↓

代替療法 ブログランキングへ

ホリスティック医療 ブログランキングへ







Last updated  2014/06/15 05:27:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
[癌などの難病治療] カテゴリの最新記事

Calendar

Archives

・2017/09
・2017/08
・2017/07
・2017/06
・2017/05

Comments

いずも。り@ Re:出雲・松江への旅(05/30) 私も先月出雲に行ってきました。松江にも…
kinnta13@ Re[1]:出雲・松江への旅(05/30) 2008年のブンチャンさん 旅行に行っ…
2008年のブンチャン@ Re:出雲・松江への旅(05/30) 足の痛みは大丈夫でしたか 高齢の人との…

Headline News

Favorite Blog

ガラスビーズいっぱい New! ブンチャン2008さん

第三の視点 夢見志さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.