2287217 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

里おじさん活動普及促進委員会

きらら三○九


吾九.JPGきらら三○九という変わった名前の焼酎です。
「吾九」ではありません。まちがえちゃいますね。
「問わず語らず名も無き焼酎」の大山甚七商店のお酒です。
教科書にも載っていない焼酎です。

インターネットで調べましたが、きらら三○九については、蔵元もどうも製造方法は明らかにしていないようですね。

マイルスデイヴィスが、演奏曲名をなぜ、コンサートで言わないのかって聞かれた時に、「知っている人には、告げる必要もないし、知らない人には、意味がない。」って言ったみたいですね。

インターネットには、

「さらりとした口当たり、抵抗無く喉を通る滑らかさで、とんでもない飲みやすさ!
でも、そこは大山さん。優しく香るほのかな香り、微かに残る(くすぐるような?)甘味。
あとから「実は芋焼酎なんだよ~」と教えてくれます!(笑)

飲み方は断然ロック、水割りがGOOD!
夏は「きらら三〇九」冬は「問わず語らず名も無き焼酎」と言ったところでしょうか?
芋焼酎入門編として、または女性の方にオススメします。」


ってありましたが、おいらは、どうしても好きになれない焼酎でした。

多分、麹は「黒」だと思いますが、いろいろと飲み方を工夫しましたが、おいしいと感じる飲み方は、見つけられませんでした。残念です。

ところが、残ったのを何とかしようと思い、「くじら綾紫」とか、「蒸撰綾紫」とか、「極めの赤」のような紅芋系の焼酎とブレンドして呑むと、これが、バカうま。

おいらのオリジナルブレンドのベースとして、飲んでます。

と書きながら、三○九の最後の一杯をストレートで飲んでいますが、なぜか、うまく感じる‥

不思議な焼酎です。

【製造:大山甚七商店】
【原料:さつまいも(種類不明)】
【麹:米麹(種類不明)】
【蒸留方法:不明】
【アルコール度数:25度】







Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.