2285117 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

里おじさん活動普及促進委員会

莫称氏

あくねし.JPG

何かと市長がお騒がせしている阿久根市ですが、その阿久根市にある蔵、大石酒造さんの製品「莫称氏」です。
大石酒造のレギュラーは「鶴見」です。これも定評があります。
そして、「がんこ焼酎屋」。
どちらも未飲ですが、評判は聞いております。

これで「あくねし」と読むようです。
莫称氏とは、阿久根地区で一番古い豪族の名前のようで、そこからネーミングしたようです。

黒麹らしい濃厚の味わいですね。
ボディがしっかりしているので、薄めのお湯割にしても、味わいは薄くなりません。

甘味は強いほうですが、一口含んだときに感じる甘味はすぐに消えて、その奥から渋さのような不思議な味わいが沸いてきます。
うん、これは美味しい。
芋の良さがしっかりと出ている焼酎だと思います。

お湯割りで、ホクホクの芋の良さを味わいながらいただきたいですね。

おいら個人的には、「あくねの華」も好きです。
いろいろと調べてみますと、大石酒造は出水地区にある蔵です。

この出水地区では、さつま芋は、白豊が多く栽培されているようです。
あくねの華も白豊でしたけど、この莫称氏も白豊が使われているようです。
やはり、コガネセンガンとは異なる味わいになりますね。
白豊の焼酎、おいらは好きですね。

阿久根市長も、こういった焼酎を飲めば、あまり過激なことは言わなくなるのではないかなぁ‥

はい、これ、レギュラー焼酎の合格レベルです。
定価は1,840円と良心的。

評価は、☆☆☆☆は、いけると思うのですが。


【製造元:大石酒造株式会社】
【原料:白豊】
【麹:米麹(黒)】
【蒸留:常圧蒸留(たぶん)】
【アルコール度数:25度】



莫称氏 内容量 1800ml


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.