2238321 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

里おじさん活動普及促進委員会

幸蔵「戌」

幸蔵の原酒「戌」.JPG
原酒はアル度が高く少量で酔えるので、食後酒として好きですね。

寝る前にちびりちびりとやりながら、来し方行く末に思いを馳せるというのは、一日のシメに贅沢な一時だと思います。

今夜は、宮崎は幸蔵酒造の原酒です。
この蔵は、毎年原酒を出していて、その年の干支を銘にしてます。
これは、2006年の戌です。

包装箱の能書きです。

太陽と大地の恵み豊かな原料の風味を損なうことなく
単式蒸留機でじっくりと時間をかけて蒸留すると
アルコール60度~65度の高い濃度の原酒が
滴り出てきます。
焼酎の旨味がたっぷりと凝縮されたこの初垂れを集め
大正八年創業時から伝わる素焼きのかめ壷に仕込みました。
首まですっぽり土に埋まったかめ壷の不思議な
力のおかげでしょうか
若者のような爽やかさと力強さを兼ね備えた
ひと雫が出来上がりました。
キリリと冷やしてストレートまたはロックで
ゆっくりとお楽しみ下さい。


甕壷仕込みで、寝かせてあるのですね。

原酒は、冷凍にすると、味が似てくるのですが、やはりそれぞれの個性はありますね。
この焼酎は、冷凍にしてトロトロで呑むと、とっても苦い。
うん、子どもの頃に呑んだ、ビールの苦さに通じるかも。

でも、エグさはないです。
ピュアな味わいですね。
シンプルです。

でも、藁系の複雑さはあまり感じません。
オイラ的には、もう少し、奥深さがほしいです。

評価は、☆☆☆★ですね。
基本的に、40度以上の原酒は、どれも好きですね。

【製造元:幸蔵酒造株式会社】
【原料:黄金千貫】
【麹:米麹(黒麹)】
【蒸留:常圧蒸留】
【アル度:43度】


【幸蔵酒造】 昔気質 1.8L


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.