095801 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

気楽会の気仙沼日記

December 12, 2006
XML
カテゴリ:やまだ

やまだです。

ということで、ふみさんに案内してもらいながら、
ともさんと共に、美術館内を探索っ。


館内風景


キレイな館内です。

今までも、行こう行こうと思いつつ、
行ったことなかったんですよねー。

「女の子と行こう!」

とか、美術館の趣旨と外れたこと
考えてるからいけないんでしょーねー(^^;

まぁ、それは置いといて。。。


館内を歩くと、奥にガラス張りの展望スペースが。


展望スペース


気仙沼が見渡せて、かなりいいカンジです☆
展望部分だけが建物から突き出てるので
ちょっと怖いです(^^;

しかも、地面もガラス張りの部分があって、
その上に立ったりすると、ゾクっときます。

これは一度、体感してみるべし!ですよ。


さらに、
地下(?)に降りると、企画展やってました。

リアスアークでは、北海道東北在住の、
若手作家をフィーチャーした企画展を
年に5回くらい開催しているようです。


若手作家のシリーズ企画


今回の企画展は12月27日までやってます。


パンフ(無料)からの写真。


加茂幸子展


モコモコした質感の作品。

3次元なので、見ていて楽しいです。
見てるとめちゃくちゃ触ってみたくなります(^^;

コツコツと音をたてながら歩く、
美術館の静かな雰囲気も良いものですよ。



そして、超オススメは、常設展なんです。

300円と有料なのですが、
これは絶対行く価値ありです。
地元の人こそ行くべきです。

「方舟日記」という名の常設展なのですが、

「食文化」を中心に、この地域の文化や風習、
歴史が学べる展示になってるんです。

昔はどんな食生活だったか、とか、
どういう風に漁をしていたか、とか、

とにかく、へー、ほー、と勉強になる。

しかも、カタイだけじゃないっ。

美術館の学芸員さんが描いた、
可愛く、楽しく、温かみのあるイラストを
交えた手書きの解説パネルが展示品の横に
張ってあるのです。

これがとってもいい味でてます。
普通に見ていて楽しいですよー。マジ。

美術館内ということで、
写真で紹介できないのが、すごく残念。。。


リアスアーク美術館、絶対オススメです。

観光で来た友達とか連れて行ってもよいと思います。

たった300円でこの地域の特性や文化が
展示見ながら学べるので、かなり得した気分。

建物自体も珍しいつくりになっているので、
美術館内を歩くだけでも楽しいですよ。


お土産コーナーもおもしろい物あります。


海洋系のぬいぐるみ


タコやイカのぬいぐるみとか。。。(^^


地域にこういう美術館があるってのは
実はとってもすごいことではないかと。
かなり自慢になると思います。

行ってない人はぜひ!行ってみて~。

PS
案内してくれた、ふみさん、
一緒に回ってくれた、ともさん、
ホントにありがとうございましたっ。

おかげでとっても楽しかったです。


まだ見てないところもあるので、
また行ってみたいですね。







Last updated  December 12, 2006 10:10:35 PM
コメント(2) | コメントを書く
[やまだ] カテゴリの最新記事


PR

X

Calendar


© Rakuten Group, Inc.