026000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

キリンコの読書と語学

PR

Category

Free Space

キリンコと申します。
読書メーターにも参加しています。
見かけたら、声かけてください。

読書家と名乗るには、恥ずかしい読書量です。

図書館は利用しません。古本店もあんまり。

所有している本を再読しながら、整理しつつ
新しい本はKindleで購入しています。

にほんブログ村 本ブログへ


最近読んだ本

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Oct , 2017
Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017

Wishlist

Rakuten Ranking

Nov 16, 2015
XML
カテゴリ:小説(女性作家)
読み終わったら手放すつもりで、数年ぶりにページを開いた。

四分の一ぐらいまで、読みながら「あ、これ好きな感じ」と思った。
頭を打ってから記憶があやふやな「私」。
二度の結婚を経て独身の母と、父親の違う幼い弟。死んだ妹、妹の恋人だった小説家。

妹の恋人と、そういう仲になってしまったあたりから
どんどんあれあれ、面倒臭い方面に。

後半はほぼ、不思議ちゃんたちのオカルト話。

それから、手元にあるのは1997年に刷られた角川文庫なのだけど
表紙をめくってすぐに、その、当時の吉本ばななさんの顔写真があって
それが、ページを捲るたびに目に入っちゃうのが、なんとも。
この主人公の「私」のイメージが、個人的に好まない風貌のばなな氏と重なってしまって辛かった。

...悪口になってしまったけども、
好きな描写や、言葉もいっぱいあった。

ちょっとドキッとしたのは
「町でよく見かける、外にいるのに服装も顔も室内のままな人。のっぺりして反応が鈍く、人の目を見ない、ゆるみきった人。」

ああ、私危ない。
服もちゃんとおしゃれするし、メイクもするけど
最近の私は気持ちが「よそ行きモード」じゃないままに、部屋の延長みたいに飲みに出かけてるな、と感じてた。
のっぺりした女になってるかもしれない、気をつけよう。



この小説への一番の不満は
サイパンのコズミズ・サンドイッチが「どんな風に美味しいのか」書かれていないこと。

今、サンドイッチという単語を書いただけで、思い浮かべたのは
読み終えたばかりのこの『アムリタ』ではなく
うんと昔に読んだきりの『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の
キュウリの入ったサンドイッチだもの。

え、そんなに食べ物の描写が欲しいなら、東海林さだおでも読んでおけって?



アムリタ 上巻/ 吉本ばなな

にほんブログ村 本ブログへ






Last updated  Nov 16, 2015 03:20:27 PM
[小説(女性作家)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.