000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

The Sky

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

散歩

2019/08/02
XML
カテゴリ:散歩
◆私は若い頃から「冷房の中に長時間居ると、身体がだるくなる。」
 と思い込んでいた。

 科学・医学などの知識からではなく、若い頃に読んだ格闘技雑誌か
 何かで読んだのだろう。
 それでも長く信じて来たので、何か腑に落ちるところがあったとは思う。

 数年前、風通しもいい部屋なので頑張ってなるべく冷房を使用しない
 ようにしてみたこともあり、葦簀(よしず)も併用することで
 乗り切ったが、炎天下の祭りの準備で熱中症らしき症状になり、
 歳も歳なので、以来エアコンに頼っている。
 
 確かに、冷房の効いた部屋と炎天下を出入りしていると、汗が冷えたり
 と体調は崩しそうだが、最近はない。

 外に出るときは徹底して「男の日傘」を利用しているからである。
 一昨年あたりから活用している日傘だが、30分ぐらい外を歩いて
 いても、少し風さえあれば大して汗もかかない。

 勤務先で男性で日傘を使っている人はまず見ないが、気にせず、むしろ
 自分から広めていこうと思っている。

 というのも、勤務先の事業所内の各建物などが徐々に新しくなり、
 真っ白な壁やガラスの多用などで、照り返しが激しいのである。
 おまけに道路も「蓄熱性の低いもの」ということでバンバン照り返す。

 高齢化している従業員が太陽炉の中で焼かれるようなものであり、毎年
 熱中症で救急車が来ている状況では、少しでも対策を講じるべきと思う
 からである。






Last updated  2019/08/08 01:23:58 PM
コメント(0) | コメントを書く


2019/07/19
カテゴリ:散歩
◆月例の友人との飲み会。
 早めに会場近くの駅におり、このところ気になっていた新しい
 「立ち呑み屋」で時間を潰した。

 この駅の近くには、最寄にある大手製造業の従業員目当てに、
 酒屋が経営する「角打ち」が何軒かあったのだが、住宅街化が
 進むにつれて、チェーンのスーパーなどに取って代わられて
 しまって、寂しさを感じていたのだ。

 若い店員さんの丁寧な応対が爽やかで、何より「立ち呑み屋」
 としては綺麗すぎる店内に意外さを感じながら、ザルに紙幣を入れ、
 生ビールを注文した。

 正直、決して安くはないことと、もともと住宅街近くで飲食店が
 長続きしない過去実績から、この店もそう長くは持たないと再び
 寂しく思いながら、30年前の桜木町や新橋の「立ち呑み屋」の
 思い出を手繰り寄せていた。






Last updated  2019/07/23 08:36:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/09/19
カテゴリ:散歩

 色々あってサボり気味だったウォーキング時の写真撮影。

 先日、愚息が通う高校の文化祭を訪れた際、写真部の展示を拝見し、
 素晴らしい作品の数々を目の当たりにし、燃えて来た(苦笑)

 何しろデジタルのみならず、銀塩作品までしっかり展示されていたと
 あっては、刺激を受けないわけはない。

 このところサボっていた理由の一つは、トレーニングを主体にしていた
 ので、重たいカメラを持ち歩きたくなかったことが挙げられるが、
 これはフルサイズ一眼の「PENTAX K-1」を軽量のミラーレス一眼の「FUJI
 X-T10」に持ち替えることでクリア。

 カメラを持ち歩くと、普段より遥かに周囲の景色にも愛着を覚えるし、
 撮影の瞬間にはそれなりに考えるので、ボケ防止にも良いだろう。

 これから紅葉の季節も控えているので、しっかりリハビリしたいものだ。

 と意気込んで撮ったらいきなり「やってはいけない」日の丸構図。
 枝と蕾が斜めに入っているので、お目こぼしいただきたい(笑)

DSCF2672

DSCF2672 posted by (C)kirk1701






Last updated  2017/09/29 10:23:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/07/24
カテゴリ:散歩

 2年ほど前だっただろうか。

 いつものウォーキングコースでもあった江の島付近の砂浜に、頑丈そうな
 コンクリの土台がいくつも置かれていた。

 津波対策かな?などとカミさんと話していたのだが、やがてその土台の上に
 鉄骨が組み上げられ、やがてそれは「海の家」になっていった。

 「海の家」と言えば夏場だけ浜に出現する仮設の建物と思ってきただけに、
 あまりにガッチリとした「店舗」の数々に違和感を感じてしまったものだ。

 そして今年。

 江の島への道路の東側の海岸にも、これまた多くのゴッツい海の家が。

 つい先月、クリーンキャンペーンで訪れた時には、何もなかったのに。

 それでも西側に較べるとコンクリ土台ではなく、昔ながらの砂浜に直接
 仮設する形なのでちょっとホッとしたが。

 2020年の東京五輪の一部競技の会場になるとも聞いており、ますます
 変貌を遂げてしまうのだろう海辺の風景。

 惜しい。

P_20170727_073316

P_20170727_073316 posted by (C)kirk1701






Last updated  2017/07/27 03:23:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/13
カテゴリ:散歩
 15年前、愚息が生まれた頃には長女と次女を連れて良く食料品の買い出しに
 行ったものだ。

 凝り性の私は、チラシ欲しさに日経新聞に加えて読売新聞も取るようにして、
 近所のスーパーの価格を小まめにチェックしていた。

 最近は、カミサン任せで私は土日の早朝に24時間スーパーまでの運転程度
 でお茶を濁してきたが、昨年末あたりから、再び興味を持つようになった。

 もちろん、食材の購入に関する意思決定権はカミサンにあり、私は食べて
 みたいものを指差すだけであるが(苦笑)

 職場でも、同じエリアに住む主婦社員やパートさんから情報を収集する。

 「○○の肉は保つ」「○○の魚は照明にごまかされるから要注意」などと
 有益な情報を得ると、夜、カミサンに報告する。

 最近では、ウォーキングコースの帰路には必ずいずれかのスーパーを設定し、
 何のためのウォーキングだか判らなくなってきている。

 こうしてカミサンをおだてながら、私の方はもっぱら、客層の分析や、
 スーパーの設備などを観察して楽しんでいる。

 照明一つとってみても、それぞれのスーパー事情により大きく異なる。

 買い物の途中で先に店を出て、裏の搬入口を覗いてみたりもする。

 製造業に身を置いている者には流通業の物流は、非常に興味がある。

 フランクな雰囲気での、警備員さんへのヒアリングもしょっちゅうである。

 下手なビジネス書を読むよりも、異業種の見学の方が勉強になることも多い。






Last updated  2017/02/22 11:21:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/04
カテゴリ:散歩
 ラジオで女性作家氏が話していたが、確かに最近のコンビニは商品・サービスが
 充実してきている分、従業員の方は大変なのことが実感できる。

 私の世代では「ヒマなんで週刊誌は全部目を通してましたよ」というコンビニ
 アルバイト経験者がいたのだが、彼が勤務していたのは横浜のけっこうな繁華街
 である。決して特例ではなかっただろう。

 昨今のコンビニは、コストダウンのために従業員数はギリギリまで削減し、
 宅急便の取扱から、公共料金の受付など、本当に覚えることが多そうなうえ、
 先日の「でか焼き鳥」のように調理までするというのだから、我々製造業に於け
 る「多能工」の極みであろう。

 さらには、そこまでレベルアップしたコンビニが、ほんの数十メートルの間隔で
 ポコポコあっては働く方にはますます厳しくなっていくだろう。

 もちろん、給与やその他モチベーションが上がる要素があるから続くのだろうが、
 ビジネスモデルとしてみた場合、ワンストップ化はそろそろ限界に来ているので
 はないだろうか?とも思う。

 消費者の側の希望としては、ワンストップ化の揺り戻しで「専業化」側に多少
 振れてくれた方が有難い、とも思う。






Last updated  2017/02/22 03:56:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/22
カテゴリ:散歩
 昨年の今頃は、連日の未明木星観望で、日当たりの「異常に」良い
 リビングに(それ故夏はよしずなしでは地獄)、暖かい日差しが
 射し込んできても、寒気が収まらなかった。

 気合で平日は仕事、休日はウォーキングなどに出ても、正直疲労が
 溜まるばかりでキツかった。

 この冬は、観望を我慢している分、とにかく疲れ知らずだ。

 日曜日は、毎週のようにイベントのある江の島方面は避け、最近は
 海にほど近い静かな公園と商店街を目指して、裏道を中心に散策している。

 この日も、咲き始めた梅と河津桜を鑑賞、撮影しながらのんびり10kmほど
 カミさんと歩く。

 最近お気に入りのスーパーに寄り、刺身などの食材を調達して帰宅。

 まるで年寄り夫婦のような雰囲気だが、このままあと20年ぐらい、こんな
 感じでも飽きが来ないような気がする。

 身体が温まっているところで、筋トレを行って入浴。
 
 最近マイブームの「ジンの発泡酒割り」をガッと流し込み、のんびり。

 これでいいのかな~?

IMGP2447

IMGP2447 posted by (C)kirk1701







Last updated  2017/01/26 05:52:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/11
カテゴリ:散歩
 コンビニL社が1月10日より発売。

 数日間、散策コースに数軒ある店舗をこまめに覗いていたのだが巡り会えず、
 思い切って
 「何時頃なら買えそうですか?」
 と尋ねると、
 「○○時頃から作りはじめますので~」
 と教えられたので、その時間帯に行ってみた。

 レジ前のテーブルに無造作に並べられていたが、既に「タレ」の方はほぼ
 売り切れ状態だったが、「塩」の方はまだ残っていた。

 私は焼き鳥は「塩」が好きなので丁度良く、3本購入。

 焼き鳥は普段、近所の家族経営で、店先で軽く飲むことも出来る店で買って
 いるのだが、これもお手軽で味も良く、つまみには丁度良い。

 自宅に戻ってから軽く焼いて、焦げ目をつけると油もさらに落ちて旨い。

IMGP2325

IMGP2325 posted by (C)kirk1701







Last updated  2017/01/18 04:11:44 AM
コメント(6) | コメントを書く
2016/11/25
カテゴリ:散歩
 週末のウォーキングでよくすれ違う猫が居る。

 老紳士に連れられたその猫、紐が装着されており動きも鈍い。

 どちらともなく話しかけると、あまりの運動不足に連れだしているとの事。

 確かに湘南エリアの猫は動きも鈍く、私がウォーキングに出発した時に居た
 ところに、2時間経って帰って来た時も居る様な奴も居る。

 さらに気にしてみると、紐を装着された猫は結構いる。

 犬嫌いが高じて猫が好きになってきたので、カメラを持っていると結構、猫を
 撮影してしまうのだが、やはり猫は一匹で佇んでいるのが良い。

 冒頭の猫だが、結局、運動不足は解消されることもなく、先日は老紳士に抱
 かれて「散歩」を楽しんでいた(笑)
 






Last updated  2016/12/08 09:00:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/07/26
カテゴリ:散歩
 「ニッポン放送も」というより「ニッポン放送が率先して」というべきかも
 知れない。

 子供の頃からニッポン放送中心だったので、非常にさびしいことなのだが、
 とにかくどの番組もつまらなくなった。

 早朝に戻ってきた上ちゃんも、まったく個性が無くなってしまい、たらたらと
 時間を消費している。

 OB高嶋氏の「朝ラジ」も、高嶋氏の頑迷さだけが耳に残るつまらない番組に
 なった。

 ゲストコーナーを短縮して前倒しで持ってきた垣花氏の番組も、中盤以降は
 聞けたものではない。
 FM化対応で無理に設けた音楽コーナーが浮き上がってしまい、全体の構成を
 おかしくしている。

 唯一の救いは「テレホン人生相談」ぐらいか(笑)

 ビバリーは笑えればいいので相変わらず楽しんでいるが、高田文夫以外の日は
 清水ミチコとナイツの掛け合いぐらいか。

 午後のレオナルドは、既に聞くのを止めた。金曜日の午後も止めた。

 唯一聞いている夕方の「ザ・ボイス」も勝谷・青山両氏が去り、穏やかな
 コメンテーターばかりで、全く面白くなくなった。

 秋のテコ入れを期待したいところだ。

IMGP0844

IMGP0844 posted by (C)kirk1701







Last updated  2016/07/31 06:42:12 AM
コメント(0) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.