2555473 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

The Sky

全1073件 (1073件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

武道・スポーツ・健康

2021/04/20
XML






Last updated  2021/04/21 11:32:45 AM
コメント(0) | コメントを書く


2021/01/02
◆ここ数年、あまり真面目に観ていなかったが、
 今年は注目のカードが幾つかあったので、しっかりTV観戦。

・ボクシング:井岡一翔vs田中恒成
 総合格闘技人気の中で、なぜボクシングが未だ人気なのか?
 が良く分かった一戦。

 攻撃力だけではなく、どちらもカウンターを狙える高度な
 技術を持った選手同士が「ミスをしたら終わり」という
 ヒリヒリする緊張感を最後まで維持し続けた。
 巧者井岡の顔が腫れていたのは、井岡が中距離~接近戦から
 逃げずに、自分の技量が確実に発揮できる間合いに踏ん張り
 続けた証左である。

 最後にレフリーがTKOを宣言したのは、良かったと思う。
 あのレベル同士で、続行させたら田中の選手生命に関わる
 結果になっただろうと予想するからである。

・総合:堀口恭司vs朝倉海
 昨年夏、まだ番狂わせと言われた朝倉の勝利。そのリベンジ
 マッチとなった今回、私は堀口の圧勝を予想していた。

 朝倉兄弟は、共に素晴らしい「勘」を持っており、さらに
 特定の格闘技に拘らず、動画サイトでも観れる通り、どんな
 格闘技からも「使える技」を吸収しようとしており、今回、
 兄の未来は動画でも練習風景を公開していた前蹴りを上手く
 応用して勝利していた。

 対する堀口は、伝統派空手を現在でも並行して稽古しており、
 今回、朝倉海に有効だったカーフキックなどは、昭和にタイム
 スリップしたかと錯覚させるような、半世紀前の、極真の
 第1回世界大会で廬山選手が使っていたローキックのようだった。
 近年、相手の太腿を狙うローキックが多い中、脚の構造そのものを
 痛めつける技術が令和でも活用されているのは興味深い。

 結局、堀口選手は多くのコーチをつけながら、有効な技術を
 自身が修行してきた伝統空手のフィルタも活用して身に付けるため、
 習得~応用、留意すべき点がストンと身体に落とし込めるのだろう。
 技術的・精神的の軸の有無が勝敗を分けたように見えた。






Last updated  2021/01/04 10:14:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/09
◆広島にまさかの連勝後、今宵は巨人に辛勝。
 開幕当初は全く打てなかったボーアは、今夜も2ランで勝利を呼び込んだ。
 中継ぎから抑えでは、藤川球児が今日も1点取られた段階で、
 「うお~今夜もダメか!」
 と嘆息したが、なんとかこれで抑えて2-1で辛勝。

 復調、と言えないこともないが、エラーは相変わらずだし、
 お調子者でモノを考えられない植田が、今日も盗塁失敗。
 同じく思考能力のない糸井が打席では、盗塁を支援する空振りも期待できず、
 まるで相手キャッチャーが2塁に送球しやすいような見送り(苦笑)

 今年も野球の「基本」が出来ていないチームを応援する「修行」の日々。






Last updated  2020/07/10 04:52:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/28
テーマ:稽古(629)
◆左の大腿四頭筋痛めてから2回目の土曜日の稽古。
 今回も組手は手技だけとし、蹴りはなし。
 サウナスーツを着込み、とにかく減量を意識してやった。

 ミット打ちも多めにこなし、たっぷりと気持ちの良い汗を流した。
 蹴りを使わなくても、突きを出す時には前足になる左足には
 軽い痛みは出たが、稽古後の冷温交代浴でケア。
 
 ミット打ち自体は、前回よりも軽快にこなせてホッとした。
 心肺機能はさほど落ちていないようである。






Last updated  2020/03/29 09:07:34 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/22
テーマ:稽古(629)
◆左の大腿四頭筋を痛め、ステッキを突く生活から、
 ようやく普通の状態に戻りつつある。
 深いスクワットや、蹴り技などは無理だが、日常生活は
 なんとかこなせる。

 上半身のトレーニングも再開でき、隠れ家で筋トレをし、
 筋トレ後の一杯を楽しみながら、整理が進みつつある
 GUN保管棚を眺め、動画紹介するGUNを選んで、メンテ
 がてら調子を観て撮影する。
 ここ半年の日曜日。

 足を痛めている間は、上半身のトレーニングも敢えて
 休むようにしていた。
 長い稽古の経験で、痛めた部分以外を、というのは基本的に
 いい結果を生まないことを確信しているからだ。

 今回はかなり酷いと覚悟をしたが、何とか快方に向かって
 くれて助かった!






Last updated  2020/03/28 03:49:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/02
テーマ:稽古(629)
◆これだけ感染が広がり、とうとう我が地元でも中国・韓国並みに
 駅で「バッタリ倒れる」という感染者が出たとあっては、少しでも
 リスクを減らすことは、市民としても、武道を嗜むものとしても
 当然のことだと思う。

 いつ終息するかもわからない中、折角入会してきた新人さんたちの
 モティベーションなども考えると、何か手を講じなければ。
 と、思いついたのが、子供の頃流行っていた「通信教育」である。

 私は「空手は9割が一人稽古」との持論を持っている。

 ならば、ヒントさえあれば、彼ら、彼女らも技量向上を図ることができよう。

 武漢肺炎なんぞに負けるわけにはいかない!






Last updated  2020/03/03 03:35:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/02/17
テーマ:稽古(629)
◆2月10日とこの日2月17日、月曜日の稽古。

 序列から最も古株のメンバーに稽古を任せ、私は欠席。
 足を痛めてしまい、歩くのにも杖を突くような状態で、口だけの指導も
 情けないので、いっそ「師範代」とも云える古株に指導を任せて彼自身の
 「指導者」としてのスキルアップの機会とすることにした。
 
 このところ、コンスタントに新メンバーも入って来るので彼もそれなりに
 教えるのが上手くなっているので、心配はない。

 中国・武漢肺炎の感染も心配なので、直接相手と接触することのない、
 基本・移動稽古を中心に行うよう引き継ぎ、任せた。

 初期メンバーの私より20歳ほど年長の初代「師範代」は、教えるのも上手く、
 特に外人受けと女性受けが良いので、本当に安心して任せることが出来たのだが、
 正直、今のメンバーは指導力と言う点ではまだまだ。

 が、真面目さは私も感服する程なので、あとは経験を積んでもらえば、という
 気持ちで任せることにした次第。






Last updated  2020/02/19 02:33:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
2020/01/04
テーマ:稽古(629)
◆鏡開きは11日なので、今日は「稽古始め」とした。
 暴飲暴食は避けるようになって久しいが、それでも正月気分で
 たっぷり水分を吸った身体から、水分を搾り取るように2時間半、
 休みなしに充実の稽古。

 組手でも、手加減はするものの技自体は積極的に出し、息も上げた。

 相手の右下段回し蹴り(ローキック)に合わせてジャンプ、空中で
 脛ブロックをしながら、落下するGも利用して相手に飛び回し蹴りの
 ような下段蹴りを返すような技も久しぶりに使ってみた。
 これで相手の上段(顔面)を蹴ることも若い頃は良くやったのだが、
 ローを蹴ってきた相手は、元々状態を寝かせ気味しており、顔を捉える
 のは難しいので、的確に下段を狙っている次第。

 予想通り、息は上がったが、とにかく組手が楽しい。

 空手は全身を使えるので、気持ちに動かされるままに技を繰り出す
 だけで、いい全身運動になり、また、自己表現の場にもなる。

 稽古後、シャワーを浴びると、体重も直近最低になっており、
 血圧も126-76と安定。何よりこの爽快な気分!

 今年もポンコツ気味の身体に気合を入れ、充実した稽古をしたいものだ。






Last updated  2020/01/05 01:06:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/12/23
テーマ:稽古(629)
◆月曜日の稽古。
 今年も大きなケガもなく、新しいメンバーも迎えて皆で
 いい汗を流せたことに感謝しつつ、本年最後の稽古を終えた。

 稽古初めまで少し間が空くこともあり、基本・移動、そして
 簡単な型もやり、最後はクールダウンも兼ねて護身術の基本的な
 ものを訓練した。

 皆、忙しい仕事の時間をやりくりして、毎週参加するその熱意の
 おかげで、この稽古会ももう四半世紀を経た。

 毎年稽古納めなどの節目には、過去に一緒に汗を流した仲間の
 ことを思い出し、稽古内容をもっと進化させなければ、と思い
 を新たにしているが、これも参加者あってのことである。

 背中を押されるように、私もサボるわけにも行かず、ポンコツに
 なりつつある身体に活を入れながら日々精進している次第。






Last updated  2019/12/30 04:30:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/12/21
テーマ:稽古(629)
◆休日出勤が多かった関係で、土曜日の稽古な不定期に中止と
 なってしまっていた。
 
 少しでも間が空くと、有難味が本当にわかるのがこの土曜日の
 稽古である。

 仕事後の月曜日に比べ、身体に疲労のない状態で思う存分
 動けるので、気分も爽快な上、自身のコンディションの
 確認にも最適である。

 これは40年以上続けて来たメリットの一つで、若い頃との肉体の
 比較が、かなり客観的に出来るのは有難い。

 組手も20分、私はインターバルなしでみっちりやるので、体力、
 技の精度、反応力、そしてある程度の威力の検証も出来る。
 (威力に関してはフルパワーでは出来ないので「ある程度」)

 東南に向いた窓からの朝日を浴びながらの稽古。最高だ。






Last updated  2019/12/30 05:40:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1073件 (1073件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.