komatta3のスポーツ、芸能ニュース

全5件 (5件中 1-5件目)

1

動物王国

2021年05月24日
XML
カテゴリ:動物王国
壇蜜、ヘビ発見の白輪氏は「スーパースターなんです!」
05月23日 11時48分

https://www.giga.co.jp/jsp/artist/news_gp.jsp?index=narinari&key=65452&aid=


タレントの壇蜜(40歳)が、5月23日に放送されたバラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演。飼育中のアパートから逃げ出したアミメニシキヘビを発見した、爬虫類専門家・白輪剛史氏について、「本当に、スーパースターなんです!」と語った。

自身も自宅でヘビを飼育している壇蜜は、今回の一連のヘビ逃走騒動をまとめたVTR明け、「今回(ヘビを)見つけた専門家というのは、伊豆にある爬虫類園の園長さん、白輪さんという、本当に、スーパースターなんです! 爬虫類界の中ではスーパースター」と力を込めてコメント。




【新品】【本】爬虫類王国 iZoo+KawaZooオフィシャル完全ガイド 爬虫類+カエルたちを感じる・遊べる体感型動物園 白輪剛史/監修・写真

爬虫類界、そんな世界があったんだ。
壇蜜姐さんと蛇、似合っている。


ポスター 壇蜜 LINGERIE TX-1846






最終更新日  2021年05月24日 15時15分22秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年12月28日
カテゴリ:動物王国
5万7千年前のオオカミが永久凍土から発見される。保存状態は完璧(カナダ)
カラパイア2020年12月25日 20:30 3


https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52297699/

       
 小さな歯に柔らかそうな耳。つい最近まで生きていたかと思われるようなオオカミの子供のミイラが発見されたそうだ。発見されたのはカナダにある金の採掘場で5万7000年前のものと推測されている。


【すぐに使えるクーポン有!2点で50円、5点で300円引き】おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫) 【中古】

遺伝子を犬の受精卵に入れると5万年前の狼が復活できる。
すごい発見。






最終更新日  2020年12月28日 12時15分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月17日
カテゴリ:動物王国
タガメの売買禁止を閣議決定 2月施行、乱獲で生息地激減

https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2020011701000838.html

 政府は17日、里山に生息する水生昆虫タガメを「特定第2種国内希少野生動植物種」に指定し、インターネットや店頭での売買、販売目的の捕獲を禁止するとした種の保存法の政令を閣議決定した。施行は2月10日。研究目的や趣味での採集・譲渡は規制の対象外とする。

 タガメは国内最大級の水生昆虫として人気があり愛好家も多いが、近年は水田の水質汚濁や池沼の開発、マニアによる乱獲などで生息地が激減。環境省によると、販売目的の大量捕獲が続けば、絶滅の恐れが高まると判断した。




水辺の虫の飼いかた ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか 海野和男/文・写真 筒井学/文・写真 高嶋清明/文・写真


タガメを繁殖してほしい。
環境をが悪いのかな?

​​
冷凍★タイワンタガメ 2匹 別途クール手数料 常温商品同梱不可






最終更新日  2020年01月17日 13時28分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月07日
テーマ:日本の医療(123)
カテゴリ:動物王国
福井で感染イノシシ初確認 豚コレラ、岐阜県境の大野で

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000031-kyodonews-soci

 福井県は7日、同県大野市で見つかった野生イノシシ2頭が豚コレラに感染していたと発表した。豚コレラは岐阜、愛知両県の養豚場で相次いでいるほか、三重を含めた3県で感染した野生イノシシが多数見つかっている。福井県内での確認は初めてで、養豚場への感染拡大が懸念される。

 県によると、県内では8施設で約2600頭を飼育している。


【電気柵】らくらく100mセット【本体2年間保証・光センサー付】14型仕様・2段張り/ガラガー

陸続きなんだから福井にもいるのは当然。

豚にワクチン接種をすすめよう。






最終更新日  2019年07月07日 11時40分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月08日
カテゴリ:動物王国
高崎山サルがストライキ 餌減量に不満、山にこもる 勢力図も異変、集客苦戦

http://news.livedoor.com/article/detail/15563131/
   
 大分市の高崎山自然動物園で、餌をやる寄せ場にサルが現れなくなっている。サル数を抑制しようと餌の量を年々減らしてきた園に対し、不満を募らせたサルが山奥に引きこもり“ストライキ”に打って出たのが原因で、群れの力関係も影響しているとみられる。書き入れ時の7、8月の来園者は例年より計1万人以上も減り、普段は穏やかな園で緊張感が高まっている。


こざるのシャーロット[本/雑誌] / さえぐさひろこ/ぶん 高崎山自然動物園/しゃしん

餌のもらえないエサ場に用はない。

かしこいんだね。







最終更新日  2018年11月08日 14時16分31秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.