030294 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

鍼灸院きりょう

PR

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

東洋医学

(9)

鍼灸

(1)

更年期

(0)

運気

(0)

水泳

(0)

テニス

(0)

山登り

(0)

スキー

(0)

大リーグ

(0)

現像所

(0)

写真

(0)

温泉めぐり

(2)

腰痛

(0)

膝痛

(0)

テニス肘

(0)

主婦湿疹

(1)

毎日が修業

(3)

凝り

(3)

経絡治療

(1)

食べ物

(3)

鍼灸院きりょう 総合案内

(1)

ひとりごと

(3)

鍼灸院きりょう 営業案内

(6)

家庭でできる治療

(1)

森林浴

(4)

最近、気になっている事

(6)

スポーツ

(1)

健康

(4)

ダイエット

(1)
女性のための治療&Relax Space     newホームページはこちら
 薬にたよりたくない方に最適な治療です

札幌オフィス街から徒歩10分、札医大、
NTT病院のすぐそば.親切と丁寧をモットーに
治療させて頂いています。
・地下鉄東西線「西18丁目駅」徒歩3分
・市電「西15丁目駅」から徒歩3分

当院では体調のご相談を必ずお聞きして、脈診と腹診をおこない、全身をみていきます。
特別注文の使い捨の銀針を使用し、やさしい治療を行っています。
また皮膚を少し接触する程度ですから、ハリ治療が初めての方や敏感肌の方、小さなお子さんも安心して治療を受けていただいています。
この治療は体力をつけ、全身の気血のバランスを整え、自分で回復する力(自然治癒力)を高めますので、身体の深部の緊張(凝り)や様々な症状が改善されやすくなります。
そして治療後には身体が軽くなり、気力も充実し、とても元気になる方がたくさんいらっしゃいます。また、患者さまには症状にあったお灸指導もおこなっておりますので、ご自宅でお灸治療もしていただけます。


【特に以下のような症状の方にお勧めします】
  • 首すじから肩・背中の頑固なこり、疲労回復
  • ストレスのよる体調不良
  • アトピー・喘息・花粉症などのアレルギー疾患
  • ムチウチ症(交通事故などによる)
  • 冷え症・むくみ
  • 自律神経失調症の改善
  • 腰・肘・肩・膝部などの運動器疾患(神経痛等)
  • 内科疾患(慢性疾患)
............................................................................................................................................................

■【営業時間】・完全予約制 (男性の治療は紹介の方のみです)
・下記「営業案内お知らせ」週間予約状況をご覧ください。

■平日

治療時間:10:00~17:00 木曜日も月2回開院
■【日・祝祭日・
   振り替え休日の
   月曜日】

  休診日
【ご予約・お問合わせ】
*予約は治療の前日までにお済ませください。
(当日予約はお受け出来ない時がございます)
キャンセルの方は早めのご連絡をお願いいたします。
10:00~18:00
・連絡  : 下記ご予約・お問合せへ
・Eメール:ご予約・お問合せはこちらへ
・住所  : 札幌市中央区大通西15丁目1-13 ニューライフ大通公園313号

予約表はこちらを御覧ください。

2016.09.24
XML
カテゴリ:凝り
肩こりの新常識 その2      

*肩こりと四十肩・五十肩の違い。
 肩こりは筋肉が本来持っている弾力性が失われ、硬くこわばことで始まります。 
 中高年になると四十肩・五十肩(腕が上がらない、後ろ側に手が回せない)を訴える人が多く、
 この多くが肩関節が硬くなり「肩関節周囲炎」という病気で、肩から背中にある大きな筋肉、
 僧帽筋が緊張しておこる肩こりとは別のものです。


*肩こりを防ぎ治す大切な生活習慣
 ①からだを動かす習慣をつける・・・女性は男性より筋肉量が少ない為、男性より肩こりが
                  多く、運動不足での筋力の衰えで肩こりが起こりやすく
                  なります。ウオーキングなど全身を使った有酸素運動を
                  行いましょう。

 ②姿勢のチェックを習慣にする・・・猫背など悪い姿勢に気をつけましょう。
                  耳の穴ー肩の先ー大転子ーくるぶしが一直線になるような
                  姿勢をこころがけましょう。

 ③同じ姿勢を30分以上とらない‣・肩甲骨などを動かして血行不良を防ぎましょう。


 ④毎日ゆっくりお湯につかる・・・・毎日の入浴は血流を促しますので、肩こり解消には
                  欠かせません。熱すぎない程度の湯の温度で肩まで
                  入りましょう。


                       
                  
 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016.09.24 21:20:18
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.