029187 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

如  月

PR

X

全294件 (294件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

2020/12/10
XML
カテゴリ:
地の果ての狐火恋の燃え上がる   まみよ

まみよさんは ひかりと歴史ロマンと恋の詩人であると思う
ここまで読んできてそう感じた
きっとロマンチックな素敵な人なのだろう

狐火のゆらりゆらりと恋を呼ぶ  碧雲






Last updated  2020/12/10 12:00:15 AM
コメント(4) | コメントを書く


2020/12/09
カテゴリ:
万葉の恋の文かも紅葉散る まみよ


ひさしぶりに時代を飛ばした俳句の登場です
ちらちらと散る紅葉はその中に万葉の恋文が混じっているかもしれないという
乙女チックな句である

ジュラ紀よりありし大木紅葉散る 碧雲







Last updated  2020/12/09 12:00:12 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/08
カテゴリ:
石垣に滅びの色や石蕗咲けり  まみよ


石蕗の花がきれいに咲いている
しかし石垣は崩れ人も住んでいないようだ

謙譲は美徳といへり石蕗の咲く 碧雲







Last updated  2020/12/08 12:00:11 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/07
カテゴリ:
朗々と恋の句月へ晴れがまし   まみよ


まみよさんの句が伊勢神宮主催の俳句で一位を取られた
これは毎年行われている神宮への奉納の短歌と俳句の全国規模の大会である
内宮でやぐらを組まれそこで歌会始のような調子で朗々と読まれたという
その句は「あの恋は蛍ぶくろにしまひをく」という句であった
その句に対して「出して見よ蛍ぶくろの恋とやら」と作って顰蹙を買ったものである

月の座へ恋の句詠みしをみなかな 碧雲







Last updated  2020/12/07 05:45:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/12/06
カテゴリ:
​​村ひとつ一夜に占領曼珠沙華  まみよ

彼岸花とはよく言ったもので
必ず彼岸には咲いている
それが一夜にして
村を取り囲んだのである

一列に直立不動曼珠沙華  碧雲






Last updated  2020/12/06 12:00:15 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/05
カテゴリ:
花嫁の行列囃す曼珠沙華​  まみよ

昔は花嫁は行列を組んでその家に嫁した
その沿道には村の人たちがどんな花嫁だろうかと列をなして見ている
その沿道に曼珠沙華も囃し立てている
秋晴れのいい一日である

囃されて折られてしまひ曼珠沙華  碧雲






Last updated  2020/12/05 12:00:12 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/04
カテゴリ:
言ふなれば星の嫁入り星流る まみよ


流れ星はきれいである
一定の位置から
違う処へ流れていく
それが星の嫁入りだと
唸るばかりである

繚乱のあまたざわめき星流る 碧雲







Last updated  2020/12/04 12:00:07 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/03
カテゴリ:
​​月の宴竹の火袋点しゆく​   まみよ

竹で作った火袋を 次々と点してゆく
そこに幻想的な空間が生まれますね
竹にはどんな模様が彫ってあるのでしょうか

堤防を特等席とも月の宴 碧雲






Last updated  2020/12/03 12:00:15 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/02
カテゴリ:
峡深しローカル線の月の駅 まみよ


山奥のローカル線の駅に降りれば
月が煌々と輝いていた
この場面を月の駅という措辞でまとめる
いいですね

深山へトロッコ列車月の駅 碧雲







Last updated  2020/12/02 12:00:15 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/12/01
カテゴリ:
名月のまだ濡れてゐる海の色 まみよ


なぜ月が海に濡れるのかと
よく考えました
海からの月の出を見たことがなかったのです
広く見て考えて俳句は読まねばと思いました

名月の海より出でて山に入る







Last updated  2020/12/01 12:00:15 AM
コメント(2) | コメントを書く

全294件 (294件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >


© Rakuten Group, Inc.