247978 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

上田喜四郎の実践「日月神示」

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

上田喜四郎@ Re:大雨被害(10/26) はじめまして。 応援メッセージ、ありがと…
おまめ@ Re:大雨被害(10/26) いつも、ありがとうございます
7回目の終了です(その7)@ 7回目の終了です(その7) こんにちは。いつも興味深く拝見しており…
7回目の終了です(その5)@ 7回目の終了です(その5) 1 こんにちは。いつも興味深く拝見して…

カテゴリ

2016.03.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

神開き

 当ブログに来訪の皆様は、3月11日をどのように過ごされましたか?
 私、喜四郎は3月11日以後から昨日までの某日に兵庫県高砂市の

神島1

無人島「上島

へ行ってきました。これは、2月17日
http://plaza.rakuten.co.jp/kisirou/diary/201602170000/
に公開した「御神業」の実地の行動です。
「上島」とは、別名「神島」とも言います。そして、「神島」には、大本教の出口王仁三郎が「豊雲野大神」様が封印された島として、今から丁度、百年前に封印を解き放つ「神開き」をされた島です。偶然ですが、大本教でも今年、百年周年記念祭を行うそうです。


「神島開き」100周年で祭典 大本

2016年1月6日 17時10分

大本は出口王仁三郎聖師が1916(大正5)年に兵庫県高砂市の沖で「神島開き」の神事を行ってから100周年を記念する現地祭典を9月8日に執行する。聖師の「神業」を改めて心に刻み、平和な「みろくの世」実現へ奉仕を誓う。

(中外日報より)」

(http://www.chugainippoh.co.jp/religion/news/20160106-003.html)

 とても当たり前のことを一つ挙げます。「豊雲野大神」様とは、「日月神示」を降ろした「国常立大神」様の妻神様にあたります。
 かつて、出口王仁三郎は「豊雲野大神」様の神開きとして、「神島」→「喜界島」と雛型理論に基づいて行いました。
 私、喜四郎は、
未年(ひつじとし) 平成27年1月 喜界島
申年(さるとし)   平成28年3月 神  島
で「坤(ひつじさる)の金神=豊雲野大神」様に対する「平成の神開き」を行いました。

出口王仁三郎の「神開き」と順序が逆だ

と思われるかも知れません。事実、私、喜四郎もそう思いました。しかし、この順序に関しては、「大本教」のと「日月神示」の「神開き」の差異ということだそうです。

天之鳥船1
 私、喜四郎は、小型船舶免許を取得しているので、瀬戸内海にいる協力者から船を借してもらい、波の穏やかな日に「神島」へ渡りました。

天之鳥船2
船舶内臓のGPSより

神島3
島唯一の船着場に船を係留して、上陸

神島4
画像、中央にある階段を登ると

神島5
関係者以外、立入禁止の札

神島6
大本教の「お願い」立札

 このようになっている為、毎回の事ですが、私、喜四郎は大本教の信徒でないので、これ以上はできません。しかし、私、喜四郎は「日月神示」を降ろされた「国常立大神」様の御意志を頂く者なので、この島で鎮魂帰神法を行えば、「神開き」は可能です。

御龍体

を解放しました。

 出口王仁三郎は、かつて神島について歌を二首、詠みました。

「世を救ふ 神のみ船はあづさ弓 播磨の沖に 浮きつ沈みつ」

「三千年の 塩浴みながら ただ一人 世を憂し島に ひそみ守りぬ」

 私、喜四郎もこの二首を詠みあげました。

神島7

船上での撮影は地上と違い、常に揺れることと、今回はデジカメのセルフタイマー機能で撮影しました。御龍体部分を拡大すると

神島8
たまゆら」の集合体が龍の体を形成しつつあるのが、わかると思います。

 私、喜四郎には、御龍体の全体像が判りましたが、ネット上で画像をアップできるのはここまでです。
至高の「豊雲野大神」様の御龍体を大衆の目にさらすには、まだ時期が早すぎます。ご了承下さい。

 私、喜四郎が「日月神示」の神々様について、具現化した画像をアップしている主旨を、どうかご理解下さい。

「この仕組、言ふてはならず、言はねば臣民には分からんし、神苦しいぞ、早う神心になりて呉れと申すのぞ」

日月神示「下つ巻」第22帖


「村々に一粒二粒づつ因縁身魂落としてあるぞ、芽生えて来るぞ。」

日月神示「マツリの巻」第11帖








最終更新日  2016.07.03 19:34:31
コメント(0) | コメントを書く


フリーページ

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.