243884 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

上田喜四郎の実践「日月神示」

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

上田喜四郎@ Re:大雨被害(10/26) はじめまして。 応援メッセージ、ありがと…
おまめ@ Re:大雨被害(10/26) いつも、ありがとうございます
7回目の終了です(その7)@ 7回目の終了です(その7) こんにちは。いつも興味深く拝見しており…
7回目の終了です(その5)@ 7回目の終了です(その5) 1 こんにちは。いつも興味深く拝見して…

カテゴリ

2017.05.15
XML
カテゴリ:日月神示 政治

日月神示「月光の巻」第7帖

 しばらくの間、更新できず申し訳ありませんでした。今回は、8月に取り上げようと構想を練っていた

東京のパワースポット

に行っていました。この場所は、特別な意味を持つ場所で、普段でも多くの方が訪れる為、訪問者が少なくなる日を待っていました。そして、現場で

鎮魂帰神法

を行なった際、その反動がきてしばらくは安静にしていました。この件は、時節が来たら公開します。
 さて、世界の動向で気になった動きがあったので、それについて、論じていきます。
 少し前にフランス大統領選があり、フランス史上、最年少のマクロン大統領が当選したことは、記憶に新しいと思います。マクロン大統領と言えば、やはり

マクロン大統領夫人 
年の差25歳 中学時代の夫子ある女教師との結婚

ですね。さらに今回のフランス大統領選挙は、

極右 ルペン
極右党 ルペン候補

との、EU離脱の是非を問う、選挙だったことに注目がいっていました。しかし、落ち着いて考えれば、最初から結論は見えていました。
 まず、マクロン大統領の代表的な職歴です。
・2004年からフランス財務省財政監査総局の財政監察官として働く。
2008年、ロスチャイルド家の中核銀行であるロチルド & Cieに入行する。
・2010年には副社長格にまで昇進し、一時期の年収は200万ユーロにも上ったという。
 選挙期間中、マクロン候補の代表的な演説

マクロン大統領
友愛のための戦い

マクロン大統領
出身国に関係なく、フランス人と同じ権利

つまり、平等

フランス憲法

イルミナティアイ

フランス憲法は

友愛、平等、自由

が基本理念であり、フリーメーソンの理念とも同じである。つまり、報道機関による、マクロン候補を支持する世論操作が自然な形で行なわれたと、十分に考えられます。

 

「投票で代表を出すと殆んどが悪人か狂人であるぞ。世界が狂ひ、悪となり、人民も同様となっているから、その人民の多くが選べば選ぶ程、益々混乱してくるのであるぞ。」

日月神示「月光の巻」第7帖







最終更新日  2017.05.16 03:02:22
コメント(0) | コメントを書く
[日月神示 政治] カテゴリの最新記事


フリーページ

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.