000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

上田喜四郎の実践「日月神示」

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

上田喜四郎@ Re:大雨被害(10/26) はじめまして。 応援メッセージ、ありがと…
おまめ@ Re:大雨被害(10/26) いつも、ありがとうございます
7回目の終了です(その7)@ 7回目の終了です(その7) こんにちは。いつも興味深く拝見しており…
7回目の終了です(その5)@ 7回目の終了です(その5) 1 こんにちは。いつも興味深く拝見して…

カテゴリ

2017.12.20
XML
カテゴリ:日月神示 政治
​​日月神示「日月の巻」第19帖​​​​​​​​​
​​​​

​皆様、ご存知の通り、今年の漢字は「北」に決まりました。
​​ ​​今回は、北朝鮮についてです。マスコミが扇動し、トランプ大統領、金正恩も過激な発言の応酬で、戦争がいつ始まるのかを想像しがちですが、原点に帰ります。
 原点とは、「金正日の遺言状」なるものです。それによれば
「ミサイル開発は絶対に諦めるな。国の体制維持のために、これは必要だ。でなければ国がもたない。そして核開発、これはミサイルと一体だ。ここだけは絶対に譲ってはいけない。弾道ミサイルは手放してはいけない。これは我々の国家の礎だ。もしこれを手放せば国は滅びるぞ!」​​
​​
「北朝鮮は米国との心理対決で勝利しなければならないと指摘し、合法的に核保有国となることで朝鮮半島への米国の影響力を弱め、経済発展のための外交条件を構築するために国際社会の制裁解除に向かって前進できると述べている。
​​​また総書記は、中国は常に北朝鮮と最も緊密な関係を保ち続けている国だと指摘する一方で、将来的に中国の意見に常に耳を傾けてはならない警告した。」​​​​


​​ 金正恩の発言と振る舞いは、正に「金正日の遺言状」の通りです。しかし、先日、核保有国の潜在的な意志が世界に示される事件が起きました。

​ノーベル平和賞授賞式、核保有国の米英仏大使は欠席
 つまり、北朝鮮の対米政策で核保有国を目指すも、核保有国は核兵器廃絶も核無き平和も望んでおらず、既得権益に他の国が入ることを望んでいないことが、ノーベル賞を通して判ります。
 その証拠に中国の立場が変化しつつあります。

「中国側も異例な動きをみせている。最近、中朝をつなぐ主要橋梁を閉鎖。国境地帯・吉林省の官製メディアが核兵器から身を守る方法を紹介。一部政府筋の情報では国境付近で5つの難民キャンプを設置する予定など有事に備えている。」

​​ そこで日本の行動ですが、したたかに行動しています。

政府は19日の閣議で、陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)2基の導入を閣議決定。さらに

離島奪還作戦=尖閣諸島=対中戦略
 北朝鮮に対する防衛名目で、対中国防衛を果たしています。北朝鮮問題は、各国の思惑が交錯する構図です。

​「北に気付けよ。」​
日月神示「日月の巻」第19帖​






最終更新日  2017.12.22 03:09:02
コメント(0) | コメントを書く
[日月神示 政治] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


フリーページ

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.