000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

上田喜四郎の実践「日月神示」

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

上田喜四郎@ Re:大雨被害(10/26) はじめまして。 応援メッセージ、ありがと…
おまめ@ Re:大雨被害(10/26) いつも、ありがとうございます
7回目の終了です(その7)@ 7回目の終了です(その7) こんにちは。いつも興味深く拝見しており…
7回目の終了です(その5)@ 7回目の終了です(その5) 1 こんにちは。いつも興味深く拝見して…

カテゴリ

2019.09.15
XML

麻賀多神社の被災2

​​​ ​ 今回も台風15号により被災された、日月神示発祥の地「麻賀多神社」についてです。先日、居ても立っても居られず、夜間参拝になってしまいましたが、今回は14日に行ってきました。日中だったので、被災状況が良く分かりました。


麻賀多神社 正面


麻賀多大神宮

 建築が新しいため、一見して被災は見当たりませんでした。続いて、

大杉

 東日本最大にして、最古(樹齢500年超)のご神木は、ご無事でしたが、前回ブログ通り、沿道に倒木がありました。そして、

天之日津久神社 様

​ 被災箇所は前回の通りです。私、喜四郎は東日本大震災及び、前、天之日津久神社様が焼失された時も自ら参拝しました。被災箇所の詳細をアップするのは簡単ですが、やはり日月神示を語る方は、ご自身でご参拝されるを望みますので、ここまでとします。代わりに

 麻賀多大権現様に向かう参道ですが、上記の状況になっていました。





 裏側から回るとは上記の状況でした。そして、

 これは、神楽殿の裏側から撮影しました。自然の脅威をあらためて感じました。
 そんな中ですが15日は、また夜から千葉県で雨天とのことです。

 
 誤解されない為、お断りしておきますが私、喜四郎は、東日本大震災も熊本大震災も微力ながら復興支援に関わらさせて頂き、上から目線ということはありません。今回は、私、喜四郎の家屋も被災しています。
 ですが、この状況をご神示で表すなら




「涙流せよ、汗流せ、血流せよ。
天災や地変は大き肉体の応急処置の現れであるぞ。
部分的に、人間苦しめる様に思ふてはならん。」

日月神示「春の巻」第四十九帖


 私、喜四郎は希望を捨てず、効率よく頑張るだけです。



【ふるさと納税】【令和元年 台風15号災害支援緊急寄附受付】富津市災害応援寄附金(返礼品はありません)

【ふるさと納税】千葉県銚子市への寄付(返礼品はありません)







最終更新日  2019.09.15 04:02:51
コメント(0) | コメントを書く
[パワースポット 千葉県] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


フリーページ

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.