000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

上田喜四郎の実践「日月神示」

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

パワースポット 京都

2016.02.20
XML

パワースポット 京都6 後編

 今回は、前回(http://plaza.rakuten.co.jp/kisirou/diary/201602170000/)の続きになります。2月13日、某県で御神業をする予定だった私、喜四郎ですが、自分自身でも気付けなかった「霊的な準備不足」が原因でそれを補う為に弥仙山へ行くことになりました。弥仙山とは、標高664メートルしかない山で登山としては、初級者向けの山とばかり思っていました。ちなみに私、喜四郎は後日公表予定
「お山も甲斐の仕組も皆型ぞ

日月神示「日月の巻」第12帖

「甲斐の仕組」を実施した際に、2000メートル級の上中級者向け山を3つ制覇した経験があり、登山の心得があることから、弥仙山の登山はハイキングコースと過小評価していました。

13日午前11時09分  大本開祖「修行の滝」到着

弥仙山 滝1

「修行の滝」全景
弥仙山 滝 2


弥仙山 滝2

 この場所にきて、霊人の器としての私、喜四郎の中に納まっていた二体の御龍体が御出現することになりました。今回は、鎮魂帰神法をしてから、「ひふみ祝詞」を奏上
「たかあまはらに、かむつまります、かむろぎ、かむろみのみこともちて、すめみおやかむいざなぎのみこと、つくしのひむかのたちばなのおどのあはぎはらに、みそぎはらひたまふときに、なりませる、はらえとのおほかみたち、もろもろのまがことつみけがれを、はらえたまへきよめたまへとまおすことのよしを、あまつかみ、くにつかみ、やほよろづのかみたちともに、あめのふち、こまのみみふりたててきこしめせと、かしこみかしこみもまおす。あめのひつくのかみ、まもりたまへさちはへたまへ、あめのひつくのかみ、やさかましませ、いやさかましませ、一二三四五六七八九十。

日月神示「水の巻」第2帖

出口王仁三郎の肉声で「ひふみ祝詞」を聞きたい方は、https://www.youtube.com/watch?v=TegysYdFBuQ

弥仙山 滝3
祠に「たまゆら」出現

弥仙山 滝5
滝全体からも「たまゆら」出現

 かつて、この場所で大本教の出口なお開祖が修行されましたが、なぜこの場所で二体の御龍体が御出現されたかというと、

開祖・出口なおには艮の金神(うしとらのこんじん)という男の神様がかかり、聖師・出口王仁三郎にはその妻神である坤の金神(ひつじさるのこんじん)という女の神様がかかられました。」

大本教HPより(http://www.omt.gr.jp/modules/pico/index.php?content_id=13)

 千葉県の麻賀多神社の末社にして「日月神示」発祥の地である「天之日津久神社」で岡本天明氏に降りたのも「艮の金神=国常立大神」様です。
 つまり、今回は某県での御神業を私、喜四郎が行うには、まだまだ霊的能力が足りず、私、喜四郎が修行する為に導かれたものでした。この場所で、短い時間なのに長い時間の修行をすることができました。
 尚、修行の滝で修行を終えた後、弥仙山山頂を目指し登山を再開しました。

弥仙山7
雪により道が隠れてしまいました。

弥仙山8
 弱音を吐きながら登山したせいか、木之花咲耶姫さまは御出現して頂けませんでした。
 流石に私、喜四郎も出口ナオ開祖の修行場に導かれていたとは、予想もしていない展開でした。








最終更新日  2016.02.21 03:06:23
コメント(0) | コメントを書く


2016.02.17

パワースポット 京都6 前編

 私、喜四郎は13日、14日に関西の某県へ行ってきました。年初めに、ある御神業を行うよう御神勅が下り、実行しに行ったつもりでしたが、結論から言えば、霊的な準備不足で行えず、その準備をする為のパワースポットとして、京都に行ってきた次第です。話しが複雑なので、簡単に時系列でまとめます。

13日(土)早朝
今回の御神業は、としての私、喜四郎ではなく霊人(ひと)として、御神霊の器になり御神霊共々、某県に行く必要があった為、まず日月神示の発祥の地、麻賀多神社の

天之日津久神社1
天之日津久神社

へ御参拝、鎮魂帰神法により「御龍体」が御出現され、器の中に納まって頂きました。

天之日津久神社2
鎮魂帰神法後の天之日津久神社

続いて、

麻賀多大権現様
麻賀多大権現様

へ同様に参拝し、「御龍体」を器の中に納まって頂きました。
 誤解されては、神様に大変申し訳ないので、「御龍体」の姿が小さいのは、私、喜四郎の霊的な器が小さ過ぎるため、私の許容量に合わせられた霊的質量で御出現されたに過ぎません。本来の御龍体は神話の通り、とても巨大な御姿です。
 そして、この状態で朝一番の飛行機に乗り、大阪国際空港に着きました。関西は、春一番の影響で強風と雨天でした。某県で今回の御神業に必要な

あるもの

を借りる予約をしていましたが、空港到着後、貸してもらえるかの最終確認の電話をすると「この状況ではお貸しできません。」とお断りをされてしまいました。前日にも先方から「もしかしたら、お貸しできなくなるかもしれません。」と連絡があった為、予定を変更しました。当初、御神業を終えたら、そこから少しだけ遠い霊場へ行く予定をしていたので、さっそくその場所へ行くことにしました。その場所とは、

弥仙山(みせんざん)

所在地 京都府綾部市 於与岐(およぎ)町
形  状 富士山形。丹波富士と称えられる。
標  高 664m
神  社 山頂 「金峰山(きんぷせん)神社」 (頂上の宮) 祭神 木花咲耶姫命
      中腹 「於成(おなり)神社」 (中の宮、蔵王権現) 祭神 彦火々出見命
      山麓 「三十八社」 (水分神社) 祭神 天の水分神、国の水分神

パワースポットとしての由来は、
大本は、実地の型をしてみせるところである、と教示されています。
 明治33年(1900年)からはじまる出修は、沓島・冠島開き、元伊勢水の御用、出雲火のご用の出修に続いて、開祖さまの弥仙山籠り(明治34年9月8日から一週間、これを岩戸がくれという)と、岩戸開きの神事(明治36年4月8日)が行なわれました。

大本教HPより(http://www.omt.gr.jp/modules/pico/index.php?content_id=218)

大本教の、出口なお開祖が1週間山篭りした、霊山です。私、喜四郎は行ってきました。
弥仙山1

 弥仙山における、出来事が今回のポイントになりました。次回、お預かりした「御龍体」を含め、弥仙山のパワースポット=霊場をご紹介します。







最終更新日  2016.02.18 00:23:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.09

パワースポット 京都5 後編

 今回は、前々回ご紹介した「パワースポット 京都5」の後編です。簡単なおさらいになりますが、私、喜四郎は過去2回、鞍馬山に行くも2回とも降雪に遭い、満足がいく調査ができずにいました。これは、鞍馬山を開山した金星人サナトナクラマと相性が良くないからだと思い、以後、調査対象から外していました。あの災害が発生するまでは・・・。

平成23年3月11日 東日本大震災

「甚大な犠牲を出した平成の大難と私の行為をこじつけるな!」と思われるかもしれませんが、私、喜四郎は姑息なマネをしません。震災と福島原発事故、これに対して私、喜四郎にしかできない事を思いながら、鎮魂帰神法で答えを探し続けていた、4月中旬ころ祈りが通じ、

5月の満月の日に、鞍馬山へ行け

と意思が降りました。いわゆる「満月・新月と巨大地震の関係」かと思いましたが、それでは再度、巨大地震が発生する警告であり、さらに考察すると鞍馬山の祭典に

五月満月祭(ウエサクサイ)

と言われる、毎年5月の満月の夜に東南アジア等の仏教諸国でも、同じように行われる国際的な祭典があったのを知りました。

満月と巨大地震、金星人が開山した神秘の鞍馬山の祭典

私、喜四郎の中で、「この場所で鎮魂法を行うことが、私が求めた務めだ」と勝手な解釈をして、当日、マイカーで鞍馬山へ出発しました。

鞍馬山五月祭1
残り8.3kmに迫った時、鞍馬山との相性を再認識させられました

鞍馬山 五月満月祭2
突然、空から白い物が降ってきて

鞍馬山 五月満月祭3
手に取り、調べてみると

鞍馬山 五月満月祭4
雹(ひょう)

でした。過去2回、鞍馬山で降雪に遭い、3回目には、5月に雹(ひょう)の洗礼でした。私、喜四郎は鞍馬山に対して、何も変わっていない招かれざる者であることを知らされました。こうなると、私にできることは一つです。

鎮魂帰神法

による意思の確認です。この時を待っていたかのように、すぐに

今の状態では無理。行っても御用が務まらない。

と伝達されました。

今更、御用が務まらないはないでしょ。手段はないのですか。

とこの時ばかりはやり返すと、

高熊山の修行

と伝えられて終わりました。高熊山とは、
「出口王仁三郎聖師(当時・上田喜三郎 27才)が、明治31年(1898年)旧2月9日、富士浅間神社の祭神・木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の神使に導かれるままに、この郷里の山の岩窟に篭り、七日七夜にわたる霊的、肉体的ご修行をなされた。大本では、聖師さまのご入山を記念すると共に、み教えの上からも神縁が深く霊場の一つと定めている。」
大本教HP(http://www.omt.gr.jp/modules/pico/index.php?content_id=212)
 
とりかえず、高熊山へ転進しました。そして、

鞍馬山 五月祭6
高熊山に到着。

鞍馬山 五月祭6
大本教の注意立札。

私、喜四郎は、大本教と無関係なのでこの立札の内容通りです。これより先に興味がある方はユーチューブでアップした方の動画があるので、参考にしてください。(私とは、無関係です。)https://www.youtube.com/watch?v=FYlxEiBh-BI
私、喜四郎は、高熊山という霊場で、出来る限るの時間と場所で、短期の修行を行いました。(高熊山は野生の熊が出ると言われてます。私、喜四郎も普通なら避ける霊場です。一般の方はマネしないで下さい)
出口王仁三郎が七日七夜かけて修行した場所に私、喜四郎が数時間修行して同じ成果は生まれません。正確には、鞍馬山・五月満月祭で活動できるよう、一時的な霊力をお借りしただけです。そして、出口王仁三郎は自動書記により

「世の中の人の心のくらま山 神の霊火(ひかり)に開くこの道」

と神詠が出て、鞍馬山に向かった記録があります。    「出口王仁三郎全集・我が半生の記」より

私、喜四郎も鞍馬山へ行き、まず見晴台から満月を撮影すると、
鞍馬山 五月満月祭7
満月がいびつな形になりました。そして、一般の人が五月満月祭を参加している中、鞍馬山のある地点へ行き、

鎮魂帰神法

を行い、私にしかできない御用を務め、「龍の開放」という役目を果たしました。「」と漢字で書けば、格好が良いですが、私、喜四郎が具現化した「」は「タツノオトシゴ」と同じくらいの大きさでしかなく、これが高熊山で一時的に霊力を借りた、精一杯の状態の私の力だと思い知らされました。
 鞍馬山における御用を終え、「龍」が昇った満月の夜空を撮影すると

鞍馬山 五月満月祭8
「太陽と月が写った」訳でなく、中心の赤い点が「満月」で左斜め上の白い円が「たまゆら」です。
私、喜四郎とは、相性がイマイチですが、鞍馬山は、パワースポットです。



鞍馬寺ウエサク祭の満月スーパームーンの聖水で浄化。ラブラドライト ペンダントトップ1(縦15mm×横15mm×高さ7mm)【送料無料】










最終更新日  2016.02.10 00:21:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.01

パワースポット 京都5

 久しぶりに「パワースポット」を投稿します。今回は前編と後編の2回にわたり説明します。場所は京都の

鞍馬寺

です。所在地は、京都市左京区鞍馬本町1074番地です。有名な話として
「源義経(幼名牛若丸)は、7歳頃に鞍馬寺に入山し、東光坊で昼間は仏道修行、夜は僧正ガ谷で天狗に兵法を授けられた」
という伝説があります。古神道や「日月神示」を信奉する私、喜四郎が鞍馬寺に着目した理由は、鞍馬寺の由来にあります。
・金星から人類救済の大使命をおびた護法魔王尊が鞍馬山に降臨した
という由来です。「金星から人類救済」と書いてしまうと、自称「金星人とチャネリングできる人」達が

やっぱり、金星人は偉い、素晴らしい
私は、金星人から転生して地球人となった

等と嬉々するから困ってしまうのですが、「魔王」がする「救済」の意味を考えれば、簡単に答えは判ると思いますが・・・。チャネリングという、多少訓練しないとできない技を覚えたからと言って、チャネリング=交霊術から伝達されたこと全てが正しいと思い込んでしまうことは、危険です。
 さて、私、喜四郎の見解を記したので、画像のアップです。やはり、私、喜四郎は参拝前から随分と嫌われていたようです。

鞍馬寺1

鞍馬寺2

奥の院魔王殿

「650万年前、金星より地球の霊王として天降り地上の創造と破壊を司る護法魔王尊が奉安される」(パンフレットより抜粋) 

鞍馬寺3
本殿金堂

この参拝は平成17年1月17日、大雪のため参拝者が私以外誰もいなかった反面、雪が積もり見たい物や場所に行けなかったため、再度、平成21年3月3日に参拝しました。

鞍馬寺4
本殿金堂

前日に天気予報を確認して、降雪予報はなかったのに、また雪の洗礼を浴びることになりました。

鞍馬寺5
本殿の真ん中にある石は、六芒星です。

鞍馬寺6

こんな感じです。

そして、

鞍馬寺7

鞍馬寺8

これは、単なる石を円錐形にした訳ではありません。私、喜四郎の目には、これがハッキリと

「彼らが地球に着地した際の宇宙船を表現したもの」

だと判りました。判らない人には永遠に判らないと思いますが。
 それにしても、二度、鞍馬寺に参拝して二度雪に見舞われるとは、随分と警戒されたと思いました。
 三度目に鞍馬寺へ参拝したのは平成23(2011)年5月17日でした。

二度あることは三度ある

 この時、何の洗礼を浴びたかは、次回の続きです。


鞍馬寺・貴船神社参拝で宿泊するなら


くらま温泉

露天風呂の景色が最高です。







最終更新日  2016.02.01 22:06:32
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.16

パワースポット 京都4

 今回ご紹介するのは、「パワースポット 京都1」の続編になります。私は「日ユ同祖論」の支持者です。願わくは、次の動画「アメノウズメ塾上級サバイバル篇10日本人とは何者なのか? 1」 https://www.youtube.com/watch?v=aTflE9COnco(再生回数11万回以上の超オススメ動画)を視聴して頂けると、話が早いです。

 京都では「祇園祭」が7月1日から31日まで執り行われています。明日

7月17日

は「前祭山鉾巡業」で、祇園祭の最大の見所です。長刀鉾を先頭に23基の山鉾が京都の中心部を巡行します。

パワースポット 京都 祇園祭 山鉾1

バグダッド宮殿柄

パワースポット 京都 祇園祭 山鉾2

ラクダ・黄砂の道

パワースポット 京都 祇園祭 山鉾3

 現在、本州と四国は台風11号の影響で大雨や大気の不安定な状況にあり、明日、山鉾巡業が行われるかは、定かでありませんが、7月17日とは、


 「ノアの箱舟ユダヤ暦太陰太陽暦)7月17日にアララト山に漂着された日とされている。7月17日はユダヤ暦の半日祝日となっている。」

(ウィキペディアより)

  「箱舟は七月十七日にアララトの山にとどまった。」

(旧約聖書・創世記8章4節)

パワースポット 京都 祇園祭 ノアの箱舟2

  いわゆる、聖書の世界における人間が神を敬わず堕落したため、聖書上の神が人間全滅作戦を実行、大洪水が40日40夜続き、地上に生きていたもの全てを滅ぼしつくし、水は150日の間増え続け、その後「ノアの箱舟」はアララト山の上にとまったという話です。

パワースポット 京都 祇園祭 山鉾5

パワースポット 京都 祇園祭 大船鉾

こちらは、「ノアの箱舟の再現」ではなく、

「大船鉾(おおふねほこ)」と言い昨年、150年ぶりに復活しました。

 繰り返しになりますが、明日台風の影響で、どうなるかわかりませんが、

7月17日、ノアの箱舟がアララト山に漂着

7月17日、 「大船鉾」 が京都の街を巡航 

 もし大雨の中、実行されれば「ノアの箱舟」の再現のようなものです。

 

パワースポット 京都 祇園祭 ノアの箱舟1

 

 「あらしの中の捨小舟ぞ、どこへ行くやら行かすやら、船頭さんにも分かるまい」

日月神示「富士の巻」第16帖

「神は気もない時から知らして置くから、この神示よく読んで居れよ。」

日月神示「富士の巻」第20帖


 全国各地で大雨などによる被害が発生している為、一概に喜べませんが明日の「祇園祭」の結果が楽しみです。尚、昨年から24日に後祭山鉾巡行も復活したので、ご興味ある方は、まだ間に合います。


宿泊するなら、クオリティーと価格がマッチした


アパヴィラホテル<京都駅前>(アパホテルズ&リゾーツ)

祇園祭を知りたい方に

【送料無料】 祇園祭りライブ: 鶏鉾: King Best Select Library 【CD】


男性女性兼用扇子(祇園祭り) 和紙 京扇子 せんす 京都中村屋夏扇子☆「山鉾巡行」夏扇子☆祇園祭り「山鉾巡行」

祇園祭を執り行う「八坂神社」の裏にある、京洋菓子司「ジュヴァンセル」で私も食べた「竹取物語」です。

【店内2点以上購入で送料無料】フランスの古語で「乙女」を意味するブランド「ジュヴァンセル (Jouvencelle) 竹取物語」[洋菓子・焼菓子][KS]











最終更新日  2015.07.18 02:06:40
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.26

パワースポット 京都3

 今回ご紹介するのは、平成22(2010)年9月某日

・京都府亀岡市荒塚町内丸1番地

   大本教「天恩郷」(宣教の中心地)

 に行って来た出来事です。この年、「大本教本部へ向かえ」という意思が私に降りました。当時の私の知識では

大本教本部には綾部市の「梅松苑」と亀岡市の「天恩郷」の2つがある

程度しか知りませんでした。そこで詳しく調べてみると「天恩郷」が改修工事中http://blogs.yahoo.co.jp/oomoto120/folder/1408932.html?m=lc

で10月には美術館が改修に伴い休館することが判明しました。また、

王仁三郎が計算して配置した建築物を理解せずに、移築した建物がある

という事も知りました。そこで私の直感として

美術館の芸術品と改修前の天恩郷

に関係があると考えました。美術館の参拝方法について詳細に調べると、

事前予約すれば大本教の信徒以外でも参拝できる

ことが判明し予約しました。(尚、住所、氏名、連絡先を記載しましたが、後日「入信案内」等は一切来ていません。)

 そして、9月某日にマイカーで京都府亀岡市の「天恩郷」まで行き、天恩郷の車庫に駐めて受付を済ませ、美術館へ案内してもらいました。案内係の男性が付き、美術品の説明を1点ずつしてくれました。美術館へ入った瞬間から強い「波動」を感じ、特に出口なお開祖、王仁三郎聖師、出口すみこ教主の美術品は、別格でした。

 そして、王仁三郎の「耀盌(ようわん)」

 

耀?

 

について説明を受けました。この時私は、

ここで「耀盌」に何かが起ったら、案内係はどんなリアクションをするのか

と思い、全身全霊を込めた鎮魂帰神法を行い、耀盌に対して攻撃の意思を示しました。

出口王仁三郎制作「耀盌」 VS 上田喜四郎

の鎮魂法対決です。結果、全く通じず全てが自分に跳ね返ってきて、その場に膝から崩れ落ちました。案内係の人が慌ててパイプ椅子を準備し、その場に私を座らせて説明の続きをしてくれましたが、耀盌と向き合う事自体が私を霊縛し全身がしびれ、椅子から崩れて床にうつ伏せ状態になり、更に口から胃液が出て(ハンカチで押さえましたが)、私の異様な様子を目の当たりにした案内係の人が応援を呼び、両肩を担がれて美術館から出されました。

 この時点で私の意識は、しびれで半分記憶が飛んでいましたが、案内係ともう一方が「除霊」行為をしてくれた為、またうつ伏せで動けなくなりました。人生初の、自分の鎮魂法による自らの霊縛を体験し、案内係の人達に「もう帰るから止めて下さい」とやっとの事で伝えて、フラフラになりながら、マイカーへ戻りました。

 美術品の鑑賞及び天恩郷の見学も打ち切りにして、車内に入りシートを倒して正午過ぎまで霊縛に苦しみながらひたすらに和らぐのを待ちました。ただひたすら

 国祖、国常立大神様にお詫びする

だけでした。その後、やっとの事でしびれが和らいだので、改修工事の外観一枚だけを写して

天恩郷

とりあえず、天恩郷の坂下にあるショッピングセンターの立体駐車場の日陰の場所に移動して、人並みに動作ができるようになるまでの約2時間、再度、車内で横になり安静にしていました。

 出口王仁三郎の美術品は、それ自体が未だに活動しています。今回は、失敗談で申し訳ありませんが、御機会があれば是非一度は、大本教の美術館へ足を運ばれてみても良いと思います。無意識で参観すれば、凄い波動を感じられます。









最終更新日  2015.06.26 23:52:01
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.22

パワースポット 京都2

 1週間以上更新をせず、ご訪問された方にはご心配をおかけしました。最近、「火山活動」や「MERS」やらと関心事項は多々ありますが、今回と次回は、京都のパワースポットについて、ご紹介します。コンセプトは、その筋では有名な2人の人物が別々に関係する縁の地です。そして、パワースポットとしての結果も、私なりの印象、体験では陰陽に分かれた結果です。

 では今回は、陰陽師で有名な「安倍晴明」を祀る「晴明神社」をご紹介します。


野村萬斎主演、「陰陽師」

 「安倍晴明」と言えば、映画「陰陽師」で広く認知されたと思います。その「晴明」公をお祀りした神社が「晴明神社」と言います。

パワースポット 晴明神社1

 ここには平成24(2014)年7月23日に行ってきました。

 場所は、京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)。

パワースポット 晴明神社2

 晴明井。

 晴明公が念力により湧出させた井戸で、病気平癒のご利益があるとされ、湧き出す水は現在でも飲めるそうです。

パワースポット 京都3

 桔梗紋と五芒星の説明

パワースポット 京都4

 本殿

晴明神社 パワースポット5

安倍晴明公像

晴明神社 京都 パワースポット6

顕彰板

境内の壁に10の逸話が絵と共に紹介されています。

 そして、期待させて申し訳ありませんが、「たまゆら」の画像はありません。晴明神社は、こぢんまりとして、かつ参拝者が途切れることがありませんでした。そのような中で、歴史上、名高い「安倍晴明」公を祀る境内で「鎮魂帰神法」を行い、悠久の時を超えて何かを感じられればと思いましたが、結果は、

でした。「出雲大社」と「伊勢神宮」の時とは全く異なり、参拝者の思念などの影響は受けませんでした。

 私に、もっと能力があれば良かったのですが、何も感じられず、逆に感想として、「観光地化されてしまった」という気がしました。

 世間、一般でいう「パワースポット」としては話のネタにもなりますので、京都に行った際は一度は参拝しても良いかと思います。

 次回は、私が愚行な挑戦をした結果、自爆して身の程を知らされた、スーパーパワースポットをご紹介する予定です。やはり、あの方の足下にも及びませんでした・・・

 







最終更新日  2015.06.23 00:32:39
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.12

「アナと雪の女王」と京都

 当ブログへご訪問頂きありがとうございます。ほんどの方が引き続き、閲覧して頂いてようで感謝します。今回は予告通り『「アナと雪の女王」と京都』のパワースポットをご紹介します。

 まず、最低限の知識として「日ユ同祖論」を記します。詳細を書くと、それだけで膨大な文字数になるので、一文で終わらせます。

日本人とユダヤ人は同じ祖先である

私は日ユ同祖論の支持者です。詳しく知りたい方は、ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%83%A6%E5%90%8C%E7%A5%96%E8%AB%96

を参照して下さい。それでは、本題です。

 京都では、日本三大祭の一つである「祇園祭」が毎年7月1日から1ヵ月間にわたり行われます。そのハイライトとなる山鉾(やまほこ)行事が、7月17日に行われます。

パワースポット 京都3

山鉾(やまほこ)と呼ばれる巨大な車が市内を巡業

この山鉾の1基で、平成24(2012)年「祇園祭」のポスターにもなった

パワースポット 京都1

があります。山鉾の刺繍には、中東系のデザインが多いのですが、このポスターのデザインは、

パワースポット 京都2

これです。旧約聖書創世記第24章の「イサクに水を供するリベカ」と言われてます。そして、

「アナと雪の女王」

にも、この場面が出てきます。「生まれてはじめて」という投入歌があります。YouTubeよりhttps://youtu.be/rIi6LEk7_zo

約1分40秒ころに

京都 パワースポット4

このシーンが登場します。「イサクに水を供するリベカ」をアニメ調にタッチを変えただけだと登場人物達をみれば分かると思います。

 つまり、京都の「祇園祭」のポスターを飾るほどの重要な山鉾のデザインと「アナと雪の女王」の投入歌に、サブリミナル効果のようにすり込まれていました。

 ちなみに

 

パワースポット 京都5

 

ハンス王子。「一見紳士的に見えるが、本性は残忍で冷酷。内心ではアレンデールを支配するためにエルサだけでなく彼女のあとを追ったアナをも抹殺しようと野心を燃やしていた。」(ウィキペディアより)

彼は、13人兄弟の末っ子。13番目です。通説で言われているイスカリオテのユダは、13番目のキリストの使徒で彼がキリストを裏切ったため磔の刑に処せられたとされています。

 見る角度を変えれば「アナと雪の女王」は、所々に色々なものが配置され、

「この映画って、何?」

と感じられるかもしれません。出口王仁三郎の言葉を借りれば「マッソンの手先」ですね。


 

楽天オークションなら2800円だそうです。

 








最終更新日  2015.06.13 00:30:22
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.