240840 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

上田喜四郎の実践「日月神示」

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

パワースポット 三重県

2016.05.31
XML

伊勢志摩サミット 三重県

 先月末から今日まで、私、喜四郎的に色々な事象が発生し、それを把握するのに精一杯でした。まず5月26、27日、日本中が注目した「伊勢志摩サミット開催」及び「オバマ大統領広島原爆ドーム訪問」がありました。安部総理について賛否両論の声がありますが、私、喜四郎は伊勢志摩サミットに関しては、肯定的にとらえています。まず、安倍総理が伊勢神宮、内宮でG7首脳を出迎えて、政教分離の観点から、G7首脳と参拝でなく、訪問されたことです。
 伊勢神宮は、天皇家の祖先、天照大神様を祭る神宮です。形式はともかく、G7首脳が天皇陛下に御挨拶したとも考えられますが、さらに緻密なことは、安倍総理の祖父も伊勢神宮に関係しているということです。
 伊勢神宮の石灯篭は、大きさに差はあれ全て同じ作りになっています。その特徴、下記の通りです。

伊勢神宮 石灯篭1

 そして、内宮に向かう参道のある石灯篭には、

伊勢神宮 石灯篭2

 あの方の名前が刻まれています。

伊勢神宮 石灯篭3
「岸 信介」

 過去のブログのおさらいになりますが、岸信介元総理は、安倍総理の祖父になります。

岸信介
岸 信介

↓ 子

安倍晋太郎
安倍晋太郎

↓孫

安倍晋三
安倍総理

安倍家家系図

さらに遡れば、安倍晋三氏は、天皇家の遠い親戚にあたります。肝心のサミット内容ですが、私、喜四郎としては、か×かと答えるならと答えます。日本だけでも1億2000万人分の考え、社会的身分、収入など多岐にわたります。全ての意志を満たす回答など、人間である内は不可能だからです。その中で、他の首脳国のように、テロによる犠牲者もなく無事に閉幕し、翌日は、原爆を落とした国の大統領と共に広島原爆ドームへ未来志向のため、初の訪問があったのですから、これ以上望むのは如何かと思います。
 少なくとも、太古にあったとされる

「世界各地の統治者達が一同に日本に集まり天皇(すめらみこと)のもとで、次の国政なり目標なりを討議した」

形式だけでも再現をしたのですから十分だと思います。
 ちなみに近くて遠い、いつもの二カ国は

嘘がバレてもたかる

捏造 南京大虐殺事件

「主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で採択された首脳宣言が南シナ海問題に言及」


まるで
(オバマ大統領来日の日程に無理やり来韓をねじ込むと)

セウォル号沈没
この事件の再来のように日米が共同で行動すると
(産経新聞ソウル支局長が不法に拘束されました)

大韓航空機炎上
5月27日、大韓航空機、羽田空港でエンジン火災

トラブルを起こした大韓航空といえば
ナッツリターン事件
大韓航空、元副社長「ナッツリターン事件」
(この会社がこのタイミングで羽田空港でトラブルを起こすと、日米に対する妨害工作と疑われても・・・)


 







最終更新日  2016.06.05 17:36:44
コメント(0) | コメントを書く


2015.06.06

伊勢神宮5 三重県

 ブログ更新が1週間ぶりとなり、お気にかけて下さる方には申し訳ありません。私的に色々な出来事がありましたが、この1週間で一番驚いたのは、

 「安倍首相は5日、2016年に日本で開かれる主要国首脳会議(サミット)を三重県志摩市で開催すると発表した。(中略)

 首相は5日、志摩市を開催地とした理由について、(中略)

志摩市と隣接する伊勢市の伊勢神宮にも言及し、「悠久の歴史を紡いできた。日本の精神性に触れていただくには大変良い場所だ」と述べた。」

YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150605-OYT1T50086.html)より

です。今回で「伊勢神宮の総論」を決めていたので、時流に乗れた投稿ができ嬉しい限りです。

 それでは、まとめです。伊勢神宮がズバ抜けた霊場=パワースポットであるのは、大体の方が肌で感じ、各種の文面で理解できると思います。このブログもその一部になれば嬉しく思います。そこで、伊勢神宮でやってはいけない最低限の禁止行為を挙げます。

1 参道の中央を歩くのは禁止、鳥居の前では軽く一礼する。

  外宮の参道は左側通行、内宮の参道は右側通行です。立て札が所々にあります。その訳は、参道の真ん中を通れるのは、天照御大神様をはじめとする神様とその眷属だけです。特に橋の真ん中には、仕切りの木が真ん中に付けられています。

  文だけなら説得力が欠けるので、画像を付けます。

伊勢神宮 内宮 パワースポット11

内宮、入口の橋。昼間に撮影

伊勢神宮 内宮 パワースポット12

内宮、入口の橋。閉門直後に撮影

伊勢神宮 内宮 パワースポット13

 内宮、入口の橋。拡大画像。

伊勢神宮 内宮 パワースポット14

橋中央部分、赤丸内に「たまゆら」

 私が伊勢神宮参拝で、最後に伝達された意思が、

「参道の真ん中は、神のお道ぞ。その事を皆に伝えてくれよ。」

で、その説明として「たまゆら」に協力してもらいました。共感された方は、参道のルールを遵守と布教を願います。

2 願い事

  伊勢神宮は、個人的なお願いをするお宮でなく、「感謝を伝える場所」です。せっかく旅行代を払って参拝に来たのに、個人的な願掛けでなく、謝意を述べよとは、何事かと思われる方もいるかと思いますが、人間は独りで誕生したわけではありません。両親がいてその両親にも両親、つまり祖先がいます。生を受けた事自体が大きな奇跡です。その大本に対して伊勢神宮に来たのですから、まずは「感謝」を述べるのが筋です。そして個人の小さい願いでなく、日本が恒久的に栄える事を願う場所です。

3 拝礼方法

  二拝二拍手一拝。

   出雲大社では、二拝四拍手一拝です。神社によって拝礼方法が異なるので注意して下さい。

 出口王仁三郎は、拍手について次のように述べています。

 「拍手(かしわで)は神さまを讃仰する行為である。

  今日の官、国弊社では御神前で礼拝のとき、みな二拍手することになっているが、大本は四拍手する。古い祝詞にも「八平手を拍(う)ち上げて-」ということがある。八平手というのはすなわち四拍手である。つまり大本は古式をそのまま採用しているのである。」

大本教機関誌「神の国」昭和7年4月号より

  単純に言えば、古式と新式の違いです。出雲大社は古式。伊勢神宮は新式。日本書紀によれば日本は、はじめ天照御大神の弟、須佐之男命が八俣大蛇を退治し出雲地方を中心に治め、娘の須勢理毘売が、大国主神と結婚し繁栄させた国です。後に天照御大神の孫、邇々芸命が国譲りにより治め、今に至ります。

 ここでも歴史書では触れられない神代時代の禁断の出来事を、「拍手」という方法で伝えられています。ちなみに私は、出雲系を祀る神社では二拝四拍手一拝、伊勢系を祀る神社では二拝二拍手一拝にし、「日月神示」発祥の地、「麻賀多神社」の

「天之日津久神社」では二拝四拍手一拝

です。この動作だけで、私には「日月神示」を語る人の真贋が分かります。もっとも日本には表現の自由が憲法で保障されているので語るのは自由ですが・・・。

 

来年になると三重県旅行は警察のサミット警備などで規制されるため、今年がオススメかもしれません。

楽天トラベルの航空券+宿または、JR+宿の国内ツアーと割引クーポンを使えば、格安で三重県

に行けます。

検索は↓バーナーから、どうぞ。

 

話題の三重県志摩市賢島のホテル

 
賢島パークホテル みち潮 楽天トラベル総合評価 4.31


賢島宝生苑  楽天トラベル総合評価 3.92

 







最終更新日  2015.06.06 17:57:34
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.17

伊勢神宮 三重県3

 一週間ぶりの更新となりますが、前回に引き続き「伊勢神宮」のパワースポットをご紹介していきたいと思います。今回は「伊勢神宮」の「内宮」になります。参拝日は、前回と同日の平成25(2013)年11月19日です。今回は、このブログの特性である「パワースポット」と「たまゆら」です。内宮は、皇室の祖先である「天照大御神」様を祀ってあります。内宮に関する常識的な説明は避けて、私にしかできないことの説明に入ります。

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら1

 

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら2

 

上2枚は同じ画像で下の画像は「たまゆら」部分に赤丸を付けました。続いて、パワースポットと言われている「四至神」(みやのめぐりのかみ)です。ウィキペディアによれば、

「祭神の四至神は神域(宮域)の守護神である。四至、すなわち神域の四方の境界を守護する神である。神社としての四至神は、四至神に対して祭儀を奉る祭壇である。社殿を持たない神社であり、磐座(いわくら)祭祀の形態を残している。」

 やはり、ここにも手をかざす人がたくさんいました。一体、この人達は何を感じられるのでしょうか?それとも私が無能力者なのか?

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット 四至神

 

答えの動画をアップする前に、とりあえず私はお日様の出ている明るい間に、御参拝を済ませました。無論、ここでも「鎮魂帰神法」をするのを避けました。くどいですが、多種多様な人の意思が集中し過ぎているためです。

 伊勢神宮は「こういう場所なんだ」と受け止め、帰路につき最後の鳥居に近づいた時のことです。突然、

「暗くなってから参拝せよ」

という意思の伝達を受けました。守護霊とかではなく、あきらかに遙か上の存在からでした。こうなった以上は、従うしかないので茶屋で「赤福」を食べ、時間を調整してから再度、参拝しました。まず、「四至神」です。

 

伊勢神宮 内宮 四至神 パワースポット たまゆら2

 

分かり易く、赤丸チェックです。

 

伊勢神宮 内宮 四至神 パワースポット たまゆら3

 

続いて、正宮の降り口

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら4

 

ここでも赤丸チェックです。

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら5

 

そして、「荒祭宮」の全体像を撮影。

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら7

 

さらに、「神楽殿」の横側から。

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら8

 

至る場所から「たまゆら」の歓迎を受けました。

 

伊勢神宮 内宮 パワースポット たまゆら9

 

 「なぜ暗くなってから」と指定されたのかが理解できました。閉門1時間前になると参拝者は激減し、人の意思が少なくなったからです。そして、不思議なことは、「出雲大社」と同じく「鎮魂帰神法」無しで、普通に「たまゆら」達と意思の疎通ができました。

 私ごときを歓迎して下さった事

 日本には、伊勢神宮と出雲大社と二大大神が祀られる場所が、なぜあるのかという事

 日本の未来、世界の未来

 内容が深くなり過ぎるのでは、交信内容はここまでです。

 今回は、伊勢神宮と「たまゆら」についてでした。次回は、「伊勢神宮内宮」と「日月神示」と「3・11東日本大震災」をテーマにします。

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2015.05.18 00:28:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.10

伊勢神宮 三重県2

 今回ご紹介するのは、前回に引き続き式年遷宮の年の「伊勢神宮・外宮」です。

 

伊勢神宮 外宮1

 

まずは、案内図です。そして、主祭神は「伊勢神宮」でありながら、「豊受大御神」です。祀られる理由は、画像の説明書きの通りです。

 

伊勢神宮 外宮2

 

 8日前の「出雲大社」へ御参拝して体感した通り、この場で「鎮魂帰神」を行うと、数多の多種多様な人の意思が飛びかい、私の意識の容量を超えてしまうので、外宮内では行いませんでした。

 

伊勢神宮 外宮3
伊勢神宮 外宮4

 

 とにかく、御参拝され方が多かったです。ついでに、「全体の幸福を祈願せず、個人の幸福のみを祈願された」方々も大変多く、私には複雑な心境でした。

 

伊勢神宮 外宮 三ツ石 パワースポット

 

 続いて、皆さんが手をかざしたり、「パワースポット」とつぶやいていた、

三ツ石

です。当時の私は「鎮魂法」を使えず感覚が鈍い状態でしたが、「パワースポット」には感じられませんでした。調べてみると

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1195839661

とても良い回答が載っていました。

 極論すれば、本人がパワースポットであると信じるか否かの問題ですが・・・。

 

 さて、前回触れた「日ユ同祖論」についてですが、

 日月神示 艮の戦 正神v.s.イシヤ・イルミナティの世界最終戦争 

という本の中に以下の記述があります。

 

 泉田瑞顕氏は、『出口王仁三郎の大警告』(心交社)の中で王仁三郎のこの説を敷衍してこう述べている。

「今から約四千年前、中東パレスチナの地に集結して、イスラエル王国を建設した十二部族というのは、セム族である。このセム族というのは、太古の時代世界経綸のため富士高天原から各地に降臨した天孫民族である。中東パレスチナの地にイスラエル王国を建設した十二部族こそ、富士高天原からアジア大陸を西に降った天孫民族の後裔と見るべきである」

 

 出口王仁三郎も「日ユ同祖論」を主張していた事が伺えます。

 

 ところで、GWを働き代休で「お伊勢参り」をされるなら、以下かオススメ。


日の出旅館<三重県>

外宮に徒歩5分。木造3階建て伊勢情緒を愉しむ宿。


伊勢シティホテル

JR・近鉄「伊勢市駅(北口)」より徒歩3分。伊勢神宮外宮へは徒歩15分。


伊勢シティホテルアネックス

近鉄・伊勢市駅近鉄改札口から徒歩3分
伊勢神宮参拝におすすめ!お子様連れに嬉しい!小学生以下のお子様添い寝無料

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2015.05.11 02:33:19
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.08

伊勢神宮 三重県1

 いつも、当ブログに来訪下さる皆様、お待たせしました。GWには、どこかパワースポット=霊場に行かれ、心身に活力を入れられましたか。

 ブログ更新の期間が経ちましたが、また再開していきたいと思いますので、宜しくお願いします。色々と文章構成を思案した結果、

外堀から順に埋めていき、最後に本丸を攻める

言葉の通り、伊勢神宮の外側から順に

霊場=パワースポット

を私独自の視点で論じていきます。今回は、平成25(2013)年11月19日に参拝した伊勢神宮で、その沿道に配置された

 

伊勢神宮石灯籠 ダビデの紋章 六芒星 日ユ同祖論1

 

 「石灯籠」の紹介です。

 まずは4分程度ですので、次の動画を御覧頂けますよう願います。

https://www.youtube.com/watch?v=HWEHkJM3nrM

 「日ユ同祖論」は、ご存知でしょうか。一言で言えば、「日本人とユダヤ人は、同じ祖先」です。その証拠の一つとして挙げられるのが、伊勢神宮の石灯籠です。石灯籠を拡大すると

伊勢神宮 石灯籠 ダビデの紋章 日ユ同祖論

天皇家の紋章である「菊の御紋」の下に「ダビデの紋章=六芒星」が彫られているのが確認できると思いますが、これが一基だけでなく、動画の地図が表す通りの箇所、全てに彫られています。

 続いて、石灯籠を寄贈された中には

伊勢神宮 石灯籠 ダビデの紋章 日ユ同祖論3吉田茂

「吉田茂」元総理大臣

伊勢神宮 石灯籠 ダビデの紋章 日ユ同祖論4伊勢神宮 石灯籠 ダビデの紋章 日ユ同祖論5

岸信介

「岸信介」元総理大臣

ちなみに安倍普三総理大臣は

安部普三

岸信介元総理大臣の孫にあたります。詳細はウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89

で参照して下さい。皇室と日本の政治主導者、これだけでも、伊勢神宮には秘められたモノを感じ取れないでしょうか。

 そして、日月神示・一火◎(ヒカリ)の巻・第6帖

「今度は根本の天の御先祖様の御霊統と根本のお地の御先祖様の御霊統とが一つになりなされて、

スメラ神国とユツタ(ユダヤ)神国

と一つになりなされて末代動かん光の世と、影ない光の世と致すのぢゃ」

 

  ところで私が5月1日にネパール地震から端を発しエベレスト山の雪崩で日本人1名が犠牲になられ、それが「雛型理論」の法則で日本に巡ってくるのではないか

http://plaza.rakuten.co.jp/kisirou/diary/201505010000/

と危惧し投稿して間もなく、「箱根山」の噴火活動、警戒レベル2にまで、なってしまいました。この機会に、非常食の準備がまだの方は、考えてみてはいかがでしょうか。

 

5年保存の水

 

5年保存の野菜ジュース

 

5年保存のレトルトカレー

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2015.05.09 02:37:49
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.02

伊勢神宮・内宮 三重県0

 いつも『「上田喜四郎実践「日月神示」』にご訪問下さり、ありがとうございます。今回からは、「伊勢神宮」についてです。式年遷宮の順番通りです。

 ただし、伊勢神宮編は、紹介順序とブログタイトル通り「日月神示」を誰にでも分かり易く、伊勢神宮との関わりを説明しようと考えて、構成がまとまりません。「日月神示」に

伊勢神宮に関する帖があったかな?

と思われる方もいると思いますが、ちゃんとあります。以前のように、

「パワースポット」に「たまゆら」が出現し、その場所がパワースポットですよ。

とするだけなら、簡単ですが「日月神示」を交えるとそうはいきません。

 今回は、次回からのテーマが「伊勢神宮」であるという予告です。次回投稿まで、数日かかりますが、今後ともご訪問して頂けますよう、宜しくお願いします。下記2枚の画像は、私が「鎮魂帰神法」を習得する以前に、伊勢神宮の内宮へ参拝した際の画像です。2007年7月29日の事です。

 

伊勢神宮 たまゆら パワースポット1

 

鳥居の中心に写る赤い円は、満月です。

 

伊勢神宮 たまゆら パワースポット2

 

点在する白い円は、「たまゆら」です。


 GWにお伊勢参りできない方は、下記をどうぞ。気持ちだけは、お伊勢参りです。


神々が宿る日本の聖地・伊勢神宮。20年に一度の式年遷宮を祝し、樹齢八百年の神宮御神木で作られた最上の御守り【祝・式年遷宮】伊勢御神木ブレスレット 神宮御山杉太珠(黒曜石)16cm [ZB-ENG-0301]

 

 

 







最終更新日  2015.05.03 00:30:04
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.