003909 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

喫茶くしゅん

2012年前半

さすらい。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 6月30日(土)20時06分59秒
今日は某中学校の練習を見に行った。

出張で1回行ったことあるかないかくらいの学校で
自分が姿川中にいた頃に1年生だった生徒さんが
3年生になっているわけだから
ほぼ面識がないといってもいいだろう。

全体的に後ろで演技していたのを前に出したり
キャスト1人1人の脚本の中での役割を説明したり
具体的なスタッフの質問に答えたりした。

顧問の先生と大道具運びは意外と
赤帽が安い割に親切で便利ですよなどとも話した。

最後に部長さんのお礼の言葉とかあって
心温まる時間だった。

今年もフリーな立場ということで
お呼びがかかればどこへでもふらふら出かけて行く
さすらいの身の上である。(笑)

ツインアーチ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 6月24日(日)15時19分15秒
また、先日の巨人戦観戦ネタを。
ドームに入場したら
ビッグマック・ツインアーチ・スペシャルクーポン
というのを配っていた。
何でも両チームからホームランが出たら
後日ビックマックが無料になるというもので
おかわり君に続いて長野が早々と打ったので
ドーム中の観客にビックマックが
プレゼントされることになった。
それで今日、宇都宮の店舗に交換しに行って来た。
店員さんは特に何の反応もなく交換してくれた。
本当はクーポンの日付とか確認した方がよいのではないだろうか。
統一球になってから、そんなにホームランも出なくなったので。
ま、もらえたので別に不満はないのだけれど。(笑)

いらっしゃいませ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 6月18日(月)23時11分33秒
もう高3になる林真子さん、いらっしゃいませ。

お気持ちお察しいたします。

そんな几帳面な林真子さんに、がさつな自分のような者が
適切な言葉をかけられるような気もしませんが
たまたま最近読んでいる「孫子の兵法」に
こんな言葉が書いてありました。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」

大学受験に置き換えると
センター試験なり、二次試験なりの問題の傾向をよく抑えておくこと、
その傾向における自分の弱点分野をなくしておくこと
とでもなるのでしょうか。

言うは易く、行うは難し、ですが
目先の判定に一喜一憂せず
淡々と準備を進めてみてはどうでしょうか。

そして、さらに「孫子の兵法」では究極の必勝法があります。

「勝てる相手とだけ戦え」(笑)

こんばんは。 投稿者:もう高3になる林真子 投稿日:2012年 6月18日(月)20時56分5秒
最近急に暑くなってきましたね。

今年の夏は(夏に限らずですが)私にとっては人生を左右する大切な夏
です‥。

早いものでまた来てしまいました。受験が。

行きたい大学は2年の頃から決めていたのですが、高校受験のときとは訳が違うので勉強が大変で大変で…。

最近、勉強しているといろいろ考えてしまって不安で涙がでてしまうことが多々あります;_;)

まだ半年もあるじゃないかと思われるかもしれませんが、性格的にちょっと焦ってしまって‥(;´д`)

‥‥先生、何かお言葉をください!!!

いらっしゃいませ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 6月17日(日)20時24分13秒
高2の良子ちゃんさん、いらっしゃいませ。

「瞳・發・見・傳」ではいろいろひどい目に合わせて
すみませんでした。(笑)

無事に高校生活を送っているようで何よりです。

自分も演劇部顧問浪人2年目に入りましたが
ぼちぼち作品を上演してくれる学校とかもあって
寂しい思いをせずに日々を送っております。

今年は姿川中学校を見に来た方がよいと思いますよ。
うん。何かそんな気がする。(笑)

またのご来店をお待ちしております。

こんにちは。 投稿者:高2の良子ちゃん 投稿日:2012年 6月17日(日)15時16分37秒
先生、お久しぶりです。
元姿中演劇部で瞳・發・見・傳のヲロ役だった良子ちゃん(笑)です。

先日、高校で日本史の授業中に「盟神探湯」を習い、
「あ!わたし大王に盟神探湯にされそうになったことある!」
と何故か急に思いだし、ふらふらーとここまでたどり着きました。

もうすぐ期末テストですが、
盟神探湯だけは間違わないような気がします(笑)

では、くだらないお話失礼いたしました。
また何かあったら書きこませて頂きますね!

後輩の夏の大会等をみにいったとき、お会いできるのを楽しみにしています(笑)

未来という名の昨日を連れて。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 6月11日(月)20時50分46秒
東京から電車で帰って来る途中
前の席に座っていた女の子グループが
演劇のパンフらしいものを見ていた。
東京アンテナコンテナという劇団の
「未来という名の昨日を連れて」というお芝居らしい。
家に帰って調べてみたらイジリー岡田とかいる劇団だった。
てか、イジリー岡田って舞台やってたんですね。
にしても、第三舞台を意識した何てセンチメンタルな題名だろう。

今シーズン初のサヨナラ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 6月10日(日)20時52分17秒
昨日は東京ドームに巨人vs西武の交流戦を見に行った。

試合は東野が今期初登板で
初回におかわり君に先制2ランを打たれたものの
長野と由伸のソロで追いつき
阿部のセンター越えタイムリーで突き放し
福ちゃん、マシソン、山口、西村と万全のリレーで
逃げ切るかと思いきや
まさかのおかわり君のスチールなどでかき回されて追いつかれ
これはもう延長戦かと思った9回裏
ワンナウト2塁が長野となったところで
四番村田の前で坂本がまさかの敬遠
そんなことは清原以来という場面で
村田が屈辱を払うべく左中間に今シーズン初のサヨナラ
という本当に凄い試合だった。

帰りに大混雑した道すがら巨人ファンが口々に
「いい試合だった~」と言っていた。

自分はヤクルト球団の広報の方から
「志野さんはスワローズファンですよね?」と念を押されているので
巨人戦を見に行ったことはここだけの秘密にしてください。(笑)

ツンデレ百人一首。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月30日(水)21時15分39秒
百人一首を調べてたら
「ツンデレ百人一首」というのが出てきた。

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ
あんたのせいで濡れたんだからね
天智天皇

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の
ながながしきもさみしくなんかないもん
柿本人麻呂

あはれともいふべき人はあなたでしょ
バカよほんっとにバッカなんだからっ
謙徳公

みちのくのしのぶもじずりあなたのせいで
乱れたなんてうぬぼれるのもたいがいにしなさいよ
河原左大臣

うーん、ノーコメントで。(笑)

鎮西八郎為朝。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月27日(日)22時21分32秒
大河ドラマ「平清盛」で保元の乱が始まった。
にしても、鎮西八郎為朝、強過ぎでしょ。(笑)
鎮西八郎為朝を初めて知ったのは
古今亭志ん生の「道具屋」という落語。
古道具屋の親父が客に
「紫式部が鎮西八郎為朝に送った手紙がありますよ」と言い
「紫式部と鎮西八郎為朝じゃ、時代が違うでしょ」と突っ込まれると
「あるはずがないのがあるから珍しいんです」とボケるというもの。
伝説の暴れん坊、本領発揮の巻でした。

楽しみにしています。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月21日(月)20時13分47秒
将来の夢がはっきりしていて素晴らしいですね。

タイムマシンで出かけて行って
カレーライスさんくらいの歳の頃の自分に
「あなたは将来、中学校の先生になるんですよ。
 あと、中学校演劇の脚本を書くようになりますよ」と教えてやったら
「え?」と理解不能になると思います。
何しろ当時の自分は「今晩面白いテレビあるかな~」
くらいしか考えてませんでしたから。(笑)

いつか一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。

追伸
かるた部ですか。
「こんなに面白かった百人一首」(PHP文庫)という本
エピソード満載で楽しいですよ。

ありがとうございます。 投稿者:カレーライス 投稿日:2012年 5月20日(日)15時31分35秒
そうだったんですか。
そういえば、「卒業のバトン」もすごろくの所無かったです。
ということは、HPに載っている方が正式なんですね。

関東大会、いい経験になりました。
栃木大会では見られなかったものに巡りあえたような気がします。
私たち中学生がまず大切にすることは中学生らしさで演技すること
そんなことを感じました。
もちろん、先生やお母さんなどは中学生っぽくではだめですが・・。
なんか、無理に背伸びをしないありのままの劇が素敵だなと胸を熱くしたのを覚えています。
これを後輩のみんなにも分かってもらえればいいなと思っている私です。
そしてそれを我が母校から、栃木の他の学校にも・・・・

私はそのあと、今年全国大会に行く某学院に進学しました。
演劇・・やろうかな。と思いましたが、やっぱり私がやりたいのは中学校演劇だ。と思いかるた部に入りました。

中学校演劇は未だに忘れられません。
私の将来の夢は
中学校の社会科の先生になること。そして、演劇部の顧問になること。
いつか志野先生と一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています(笑)

個人的な事を書き過ぎてしまいました(笑)
また、来ますね。

長々失礼しました。

いらっしゃいませ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月20日(日)14時05分32秒
カレーライスさん、いらっしゃいませ。
関東のコンクール、ご苦労様でした。(笑)
「星に願いを」「卒業のバトン」両方に言えることなのですが
青雲書房の場合は脚本の枚数に制限があって
編集の方と相談しながら削ったという経緯があります。
なのでHPの方は元来の形
青雲書房の方は切り詰めた形ということになります。
だから青雲書房の作品を栃木県の大会でやると
30分くらいで上演が終わってしまうので
「あら?」という感じになってしまうわけです。
またのご来店をお待ちしております。

質問です。 投稿者:カレーライス 投稿日:2012年 5月19日(土)22時33分11秒
はじめまして。
2011年の芸術祭、栃木県学校演劇祭で春一番をやらせていただいた
某学校の岸涼子を演じた者です。(もう分かっちゃいますね 笑)

この度は、志野先生の脚本で気になることがあったので、質問させていただきます。
先生の作品のなかに「星に願いを」という脚本があると思います。
ここ「喫茶くしゅん」で見ることができる「星に願いを」と、
脚本集に入ってる「星に願いを」は内容が少し違くありませんか?
台詞が多少違うような気がしたもので・・。どちらが本当なのでしょう?

嘘だと言ってよ、ジョー!。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月16日(水)20時20分43秒
1919年のアメリカワールドシリーズ。
圧倒的に優勢と言われていたシカゴ・ホワイトソックスが
シンシナティ・レッズに敗退した。
ところが、ホワイトソックスの主力8選手が
賄賂を受け取って、わざと試合に負けていた八百長疑惑が発覚。
世に言うブラックソックス事件である。

背景にはシカゴというマフィアが幅をきかせる風土、
ホワイトソックスのオーナーが年俸は元より
ユニフォームのクリーニング代まで選手の自腹にするなどの
極端なドケチぶりに不満が募っていた、等があった。
※ホワイトソックスの選手はいつも汚れたユニフォームを着ていたため
 事件の起きる前からブラックソックスと言われていた。

野球界を永久追放になった8選手は
「悲運の8人」(アンラッキー・エイト)と呼ばれる。

そのなかで最もファンから愛されていたジョー・ジャクソン。
マイナー時代にスパイクが合わずに裸足でプレーしたという逸話から
シューレス・ジョーというニックネームを持っていた。

大陪審の法廷で八百長を認めて裁判所から出てきたところ
外に集まっていた群衆の中にいた1人の少年が
「嘘だと言ってよ、ジョー!」("Say it ain't so, Joe!")と叫んだと言う。

実はこのエピソードは新聞社のねつ造という話もあるのだが
自分などはこの「嘘だと言ってよ、ジョー!」("Say it ain't so, Joe!")
というセリフを思い出す度に胸がじーんとなるのである。

「フィールド・オブ・ドリームス」は自分の最も好きな映画の1つだが
このホワイトソックスの8人がトウモロコシ畑の向こうからやってくるファンタジーである。

交流戦が始まった。

デニー友利。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月 8日(火)20時29分3秒
宇都宮で行われているとあって
興味深く巨人VS横浜DeNAをテレビで見ていたら
横浜の先発の小杉投手を友利コーチが
マウンドまで出て行ってドンと胸を突き飛ばした場面があった。
4回6失点なので「しっかりやれよ」といった感じだろうか。
好きで打たれるピッチャーはいないので
大勢の前で叱責するのもどうかと思うが
「熱いぜ横浜DeNA」だから
まぁそういうのもいいかな、と思う。
友利コーチはデニーの愛称で
主に西武の中継ぎ投手として活躍していた。
アメリカ人の父、日本人の母、
沖縄の母子家庭の子として育った。
複雑で貧しい家庭環境、
野球がやりたくてもお金がなくて
小学生の時、すぐにやらせてもらえなかった。
やがてプロ野球に入ったデニーは
グラブに刺繍で「母子家庭」と入れる。
西武時代、伊東勤捕手に無茶なタックルをした
近鉄のタフィ・ローズと大乱闘になったのは
今でも語りぐさである。
ハングリーで闘志むきだしのデニー。
熱いぜ!デニー!

青木昆陽。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月 4日(金)19時06分17秒
焼酎の銘柄でいいなと思う名前。
あくまで味ではなくて名前の話。
でも、多分に評判から来る先入観も含まれているかも。

青木昆陽(あおきこんよう)福岡 芋焼酎
古陶里(ことり)佐賀 芋焼酎
かぴたん(かぴたん)長崎 麦焼酎
吉四六(きっちょむ)大分 麦焼酎
霧島(きりしま)宮崎 芋焼酎
森伊蔵(もりいぞう)鹿児島 芋焼酎
せぴあ(せぴあ)鹿児島 麦芋焼酎

それにしても、青木昆陽で芋焼酎って……。(笑)

北の誉。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 5月 3日(木)22時13分43秒
日本酒の銘柄でいいなと思う名前。
あくまで味ではなくて名前の話。
でも、多分に評判から来る先入観も含まれているかも。

北の誉(きたのほまれ)北海道
千歳鶴(ちとせつる)北海道
越乃寒梅(こしのかんばい)新潟
スキー正宗(すきーまさむね)新潟
雪中梅(せっちゅうばい)新潟
〆張鶴(しめはりつる)新潟
八海山(はっかいさん)新潟
華燭(かしょく)福井

志野さんが日本酒をプロデュースするとしたら
志野の誉、かな。(笑)

迷い猫預かってます。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 4月21日(土)14時53分54秒
YouTubeに
倉敷市立東陽中学校演劇部の「迷い猫預かってます。」がアップされています。
(もちろん自分がしたわけではありません)
関係者各位の方々、アップされているうちにぜひご覧ください。(笑)

いらっしゃいませ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 4月21日(土)14時45分15秒
一宮京介さん、いらっしゃいませ。
去年は「笑ぶきや」で2人で飲みましたね。
あれ以来、全く連絡をとってませんでした。
「ラーメン日記」時々拝見しています。
更新の頻度が大陸的なゆったりさで
それも一宮さんのお人柄が表れているようで
好ましく思います。
ラーメン以外というと
これから何に話を広げていくのか楽しみです。
また気軽にご来店ください。

こんにちは。 投稿者:一宮京介 投稿日:2012年 4月20日(金)21時42分15秒
こちらでは初めまして。久しく沙汰無しで申し訳ないです。以前、先生の前の席にいた一宮です。
「水割り」も含めてちょくちょく拝見しております。今後ともよろしくお願いします。

ラーメン日記がネタ切れしつつある私のブログも、ラーメン以外で少しずつ更新していく予定です。
こちらもよろしくお願いします。

独り占め。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 4月14日(土)19時25分10秒
今日は毎年恒例の山の小学校に花見に行った。
と言っても結構な雨が降っていて
行ってみたら桜の周りには誰もいなかった。
こんなことは初めてである。
最近はバスツアーのコースにまで組まれている
名木を独り占めで鑑賞した。
校門を出たところに近所の農家の方がいて
「俺の行いが悪いせいか、今日はこんなだ」
と言っていた。(笑)

いらっしゃいませ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 4月13日(金)23時35分10秒
元2‐5現石橋<竹>さん、いらっしゃいませ。
もちろんわかりますよ。
少し前に東武デパートで会いましたよね。(笑)
<竹>さんと言えば中学の時に
プロ野球の話をしたことを思い出します。
今日は澤村が1イニング4三振をとりましたね。
またそんな話がしたいです。
ここは息抜きの場でもあるので
気軽に書き込んでくださいね。

こんにちは 投稿者:元2-5現石橋<竹> 投稿日:2012年 4月12日(木)23時01分22秒
こんばんわ。

もしや、星野先生かと思い、書き込みしました

わかりますかね

桜。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 4月10日(火)20時50分51秒
土曜、日曜と一泊で東京へお花見に行った。

土曜日は結構人のいる所に行ったので
大学のサークルやらゼミみたいな団体が
しきりに宴会をやっていた。
教授と思われる人がべろんべろんになって
学生に介抱されているのが可笑しかった。

日曜日はあまりメジャーでない所で
芝生に腰かけてゆっくりと鑑賞できた。
花霞の向こう、遠くにぼんやりとスカイツリーが見えた。
気候も良くのんびりとしたいい時間だった。

宇都宮は今週末が見頃なので
二週にわたって桜を堪能できる。

陽だまりの彼女。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 3月30日(金)23時08分56秒
越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」という小説が
面白いというので読んでみた。
確かに面白かった。
映画なんかにしたら良さそうな話である。
ヒロインは戸田恵梨香さんあたりがいいと思う。
この話は女優さんを選ぶので
読めば確かにそのあたりだねと
納得されるのではないだろうか。

「1Q84」が文庫化されたので
本屋に平積みになっている。
この小説は主人公の天吾と青豆が
空に2つの月が出ている
「1Q84」年という別世界に
紛れ込んでしまうという話である。
で、その平積みされた本を見ていて気づいたのは
天吾と青豆の
天に二という字が、青に月いう字が
隠れているということだ。
単なる偶然だろうか?

いらっしゃいませ。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 3月27日(火)20時10分16秒
林真子さん、いらっしゃいませ。
もう高3ですか。早いものですね。
勉強の方、大変でしょうが
来年のキャンパスライフを夢見て
努力を続けてください。
今クールも「相棒」しか見ていないという体たらくですが
「最後から二番目の恋」が面白いという評判は
自分のところにも届いていました。
山下智久さんのドラマもきっとよかったのでしょうね。
なかなか注文通りには脚本は作れないので
と言うか、自分の場合作り始めてから
ああこの脚本こんな風になるのかと
そこで気づかされるような感じが多いんです。
生徒の演技についても基本的には同じですね。
林真子さんは当時、他校の顧問の先生から
「何?あの眼力。あんな生徒初めて見た」
と言われてましたよ。(笑)

(無題) 投稿者:もう高3になる林真子 投稿日:2012年 3月26日(月)23時53分11秒
すいません、続きを書かせてください(笑)

その祖父の言葉が本当によくて、そのとき思ったのが

先生がこんな感じのシーンある台本かいたら 絶対劇やりたい、ということでした。笑

少しスワローズの感動シーンと似た感じになってしまいそうですが、
先生がこういうシーンのある台本かいたら即読みたい、です。

先生も時間があるようでしたら、
ぜひ、最高の人生の終わり方、検索してみてください。

そしてもう1つの「最期から二番目の恋」は
中井喜一の演技が自然で面白くて、
先生はこういう演技を求めていたのかなと思いました。

詳しいことはすいません笑、
またあとで書きたいとおもいます。

それでは化学、やって来ます。笑

長文失礼しました。

(無題) 投稿者:もう高3になる林真子 投稿日:2012年 3月26日(月)23時40分37秒
先生お久しぶりです。最近テストやらリーダースクラブの活動やらで忙しくて
ゆっくり「水割り」 を見れていませんでした。

しかし今は春休み。本当はお風呂をでたら化学をやろうと思っていたのですが、 ふと先生の顔が浮かび、
書き込みしたい衝動にかられ(笑)、今に至るわけです。

それというのも最近ステキなドラマに出会いまして。
先日最終回が放送されもう終わってしまったのですが、先生はご存知でしょうか?

「最高の人生の終わり方」
と「最期から二番目の恋」
というものです。

最高の人生の終わり方というのは、もう名前から分かると思いますが、
葬式屋のお話です。毎回だれかが亡くなるわけですが、最近私の祖父が亡くなったせいか、
なんだかすごく「死」という別れの哀しみや、後悔、そして感謝の気持ちが響いてくるんですよね。

最終回には
役名は忘れましたが、

塋倉奈々自身には見えてなくて山下智久だけに見えてる塋倉奈々の喧嘩したままなくなってしまった祖父(霊)が

山下智久を通じて塋倉奈々と会話するシーンは見ててとても感動しました。

祖父が最後に「生きててよかった。いってきます。(天国へ)」

杏さんの演技。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 3月26日(月)21時39分21秒
大河ドラマ「平清盛」が低視聴率ということらしいが
自分は結構面白く見ている。
白河上皇、鳥羽上皇、崇徳上皇、後白河法皇と連なる
負の連鎖をしっかり描こうとしているのが好感が持てるし
武士佐藤義清が歌人西行に変わる過程もよく描けていたと思う。
待賢門院璋子(たいけんもんいんたまこ)が
どれだけ魔性の女か
という部分も漏れなくあったし
あれはなかなかよく出来たドラマである。
特に見てもらいたいのは
まだ少ししか映ってないのだが
北条政子をやっている杏さんの演技。
あれは凄い。

極私的ラーメン屋論。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 3月20日(火)20時04分42秒
東武トラベルの営業の方が学校に来るので
「今、スカイツリーで絶好調でしょう」と声をかけたら
「この機会を逃したらと思うと……」と
意外にも謙虚な反応だった。

「チケットお取りできますけど」と言うので
空いてからでいいです、と答えておいた。

だいたい人がたくさん集まって
並ばされるような場所は好きじゃない。

並んで食べるような評判のラーメン屋だったら
味は普通でも閑散としてるラーメン屋の方がいい。

自分的にはラーメン食べようと思ってから
割り箸を割るまで20分以上かかった時点で
もうその店はラーメン屋失格である。

もちろん極私的ラーメン屋論なので
気にしないでください。

演劇と教育3月号より。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 3月10日(土)13時29分29秒
中学生の演劇の幅が拡大するのは、喜ばしいことである。
しかし、演ずる中学生一人ひとりには、
当然として現実の中学生としての生活や生きる思いや葛藤がある。
どんな様式の劇にしろ、
中学校劇はそこを踏まえて生まれてくるものでなくてはならない。
例えば、今年度話題になった渡辺茂作『人形館』の主人公は、
腐った人間界に嫌気を感じて「自由」を求めて人間界を飛び出した。
三十五年ほど前の当時は、それが中学生の「劇的」な行動だった。
現在多くの学校で上演される栃木県の志野英乃氏の作品の裏にも、
常に生身の中学生の感性が光る。
だから、心を打つ。
そういう、演劇と生徒の生活を結ぶものを見落としてはいけない。
それが、生徒に演劇をやらせる意味にも通じると思うからである。

深澤直樹先生が書いた
演劇と教育3月号
「第六二回東京都中学校連合演劇発表会」を見て から抜粋。

深澤直樹先生は東京都中学校演劇教育研究会顧問。
脚本集にいくつも作品が掲載されている。

卒業のバトン。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 2月25日(土)20時14分56秒
東京の上板橋第一中学校の先生が
「卒業のバトン」のDVDを送ってくださったので見てみた。

初めに生徒さん達の、自分へのメッセージが入っていて
うれしいやら照れくさいやらという感じだった。

劇が始まると
セットにウォーリー(ウォーリーを探せ)の学級旗が貼ってあって
何か懐かしい感じである。

文集の部分、かすみとか比呂子が
下手スポットに実際出てきてしゃべっていたのは新鮮だった。

それぞれのキャストのキャラが立っていて
いい味を出しているので、さくさく見ることができる。

さすがに激戦の板橋区で
14校中1位になっただけのことはある。

双六、館野のおバカ作文、波留夫の夢の中と
大ウケしていたので作者の自分もうれしくなった。

現実に戻った時、波留夫が机を2つ並べた上に
本格的に寝ていたのが個人的には面白かった。

卒業証書練習のロマンチック場面も
由美と雨宮がムードたっぷりに演じていた。

そしてラストに上板一さんのオリジナル付け足し場面があることは
学校のホームページの写真を見てわかっていた。

なるほど、比呂子がここで出てくるのか。

そして、写真を撮るVサインの時には
「我等之友情永久的二不滅歩以」の「二!」と言っているではないか。

で、第2ボタンも渡している。

これはわかる人にしかわからない演出で、ぐっと来た。

都大会、入試事務で行けなかったので
本当に見ることができてよかった。

上板橋第一中学校演劇部の生徒さんと先生、
本当に元気づけられました。

サンクス!!

山岡鉄舟。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 2月 2日(木)20時42分17秒
山岡鉄舟って、どんな人なのか今までよくわかってなかったけど
昨日、テレビを見てやっと理解することができた。
あの幕末動乱期に、ほとんど斬り合いには参加せずに
ひたすら心身鍛練の剣術を磨いた人のようである。
幕臣であったことから慶喜のボディーガードになったり
海舟よりも前に西郷と下交渉を行ったり
ご一新後は明治天皇の教育係になったりと
とにかく頑強で頼りにされた人のようである。
西郷をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困る」
と評した、まさに侍の中の侍であった。
後に勲三等に叙せられたが、勲章を持参した井上馨に
「お前さんが勲一等で、おれに勲三等を持って来るのは少し間違ってるじゃないか。
 維新のしめくくりは、西郷とおれの二人で当たったのだ。
 おれから見れば、お前さんなんかふんどしかつぎじゃねえか」
と啖呵を切って貰わなかったというから痛快である。
あんパンが好きで、晩年は毎日食べていたという。
海舟もそうなのだが、幕臣も結構素晴らしい人がいるね。(笑)

とりとめのない話。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月28日(土)18時25分47秒
自然食バイキングに行った。
有機野菜を無添加調理で
美味しくたくさんいただこうという
夢のようなレストランである。
周りを見回すとみんなお盆を持って
笑みがこぼれている。
楽園ってこんな身近にあったんですね。(笑)

話変わって
今度「お守り」を上演してくださる
石川県の「児童劇団さくらんぼ」さん。
地元では有名な劇団なのだそうな。
何とOGに田中美里さんと田中美絵子さんがいる。
田中美里さんと言えば朝ドラ「あぐり」。
田中美絵子さんと言えば衆議院議員。
人材が育ってますね。(笑)

前に石川県に旅行した時に
富山から飛騨高山に抜ける高山本線に乗ったら
山間部の一部が山崩れで断線してるとかで
バスに乗り換えてください、みたいな箇所があった。
まあ、15分くらいだろうと思ってたら
いろは坂みたいなとこを1時間近く乗らされて
本当ひどい目にあった。
ここからは再び電車になります、
と言われた時は心底ほっとした。
とりとめのない話でした。(笑)

那須ナンバー。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月25日(水)20時47分23秒
車検が終わって車が戻ってきた。
車検の間は代車を借りていた。
シートにビニールが貼ってあるような新車で
しかも何故か「那須ナンバー」だった。
嫌う人もいるようだけど
自分なんか出来ることなら
「那須ナンバー」がいいなぁって思う。
何かのん気な感じでね。(笑)
でも、やはり県北に住んでないと
「那須ナンバー」は取れないのだそうな。
あの代車もそのうち誰かが乗るのだろうか?
那須高原あたりをのんびりと。

速報。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月21日(土)13時39分6秒
速報

西東京市立田無第四中学校演劇部「Huckleberry friends」
12年8月17日(金)18日(土) 宇都宮市文化会館 全国中学校総合文化祭栃木大会


今年行われる全国中学校総合文化祭の東京代表に
西東京市立田無第四中学校さんが推薦されたらしい。

しかも、今年は栃木開催というプレミアム。

こりゃシゲ先生とかみんなで宇都宮で宴会だな。(笑)

卒業のバトン。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月20日(金)22時48分47秒
上板橋第一中学校の先生が
都大会を見た他校の生徒さんの感想を送ってくださった。

「最後まで胸がきゅんきゅんしながら見ることができました」
「私もあんな風にチョコを渡そうと思いました」
「うちの学校でも上演したいです」
「波留夫くん最高です」
「私もバトンを落としたことがあります。
 でも、その時みんなが慰めてくれました。
 今ではなつかしい思い出です」

上板橋一中の生徒さん、先生、どうもありがとうございました。

「卒業のバトン」は宇都宮市立若松原中学校が舞台になっている。

先日、その若松原中の演劇部の顧問の先生と話す機会があって
今年、1回くらいはお邪魔できたらということになった。
指導とかではなくて、ただ単に遊びに。(笑)

久しぶりに部室や教室を見たり、窓から景色を眺めてみたい。

忘れていたことで、思わず懐かしく思い出すようなことがあるだろうか。

銀残し。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月13日(金)21時41分15秒
どこかの知事が大河ドラマの「平清盛」を見て
「薄汚れた画面描写で、見る気がしない」と発言して
非難を浴びているようだが
自分は時代劇などは画面がやや暗くざらついていた方が
真実味が増して良いのではないかと思っている。
終わってしまったけど
最近の水戸黄門なんかは画面が明る過ぎて
嘘っぽく見えると思っていた。
映画の世界には「銀残し」という手法がある。
フィルム現像の手法の一つで
本来の銀を取り除く処理を敢えて省くというものだ。
映像の暗部が非常に暗くなり
画面のコントラストが強くなるので
引き締まった渋い映像になる。
日本で生まれた技術で
今や世界でも使われている技術だそうである。
銀残しを使用した映画に
「セブン」「プライベート・ライアン」「マトリックス」
「ケイゾク」「友へ チング」「マイノリティ・リポート」
「フラガール」「白夜行」などがあるという。
雰囲気のある映画ばかりだと思う。

プラネタリウム。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月 8日(日)20時32分18秒
宇都宮の隣、鹿沼市にあるプラネタリウムで
「嵐」の曲をかけながら見る集いが開かれる
と新聞に載っていた。
かなりの申し込みが予想されるということだった。
なかなか楽しい試みだと思う。
実はこういう集いは今回3回目で
過去に「東方神起」「いきものがかり」が開催されたのだと言う。
初回が「東方神起」って
担当者が個人的な趣味に走った感が否めない。(笑)
今後は「AKB48」とか「EXILE」とか
「Mr.Children」とかに行けば
一般的なチョイスになると思うが
担当者はそろそろ趣味に走りたくて
うずうずしてるかもしれない。(笑)

め組の喧嘩。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月 4日(水)20時11分45秒
教育テレビの歌舞伎中継「め組の喧嘩」を見た。
町火消しと相撲取りの喧嘩を描いたお話。
文化2年2月に実際に起きた事件を事実そのままに
人物も実名で登場するという
ノンフィクションと言ってもいい演目だそうだ。

実際の事件は
め組の辰五郎と長次郎、その知人の富士松が相撲見物に訪れ
辰五郎と長治郎は興業場所が管轄内ということで無料で入場したが
そうでない富士松まで通そうしたために木戸で口論となり
力士の九竜山が通りかかって木戸番に味方したというのが発端。
その後、芝居見物でたまたま
辰五郎らと九竜山が居合わせ
辰五郎らが九竜山の巨体を野次ったため
九竜山が辰五郎を投げ飛ばして
両者の対立は決定的になる。
町火消しと相撲取りは互いの拠点に戻り
仲間を呼び寄せ
売られた喧嘩は買うなどと大騒ぎ。
特に町火消しの方は火事でもないのに
火の見やぐらの半鐘まで鳴らす始末。
やがて両者の乱闘へと発展していく。

この喧嘩では、けが人は出たものの直接の死者は出なかった。
(最も富士松だけは受けた傷が原因で取り調べ中に亡くなっている)
最終的には寺社奉行、町奉行、勘定奉行まで乗り出して
事態収拾に当たった。
裁きは9月になって下り
辰五郎は百叩きの上江戸追放
長次郎と早鐘を鳴らした長松が江戸追放
九竜山が江戸払い
半鐘は遠島(?)
他はお咎めはなし
ということになった。

ただ、歌舞伎の見方としては
どっちが悪いとかではなく
江戸っ子の喧嘩は腹も何にもないので
粋な姿をそのまま味わえばいい
ということらしい。

登場人物の気持ちがどうとか
どっちにどれほどの責任があるとかないとか
そういうものは近代の発想であって
近世のドラマはそういうことは
かっとばして構わないのである。

だから、中学校演劇においても
人物の心情や、脚本のテーマを理解せずに生徒が演技しても
注意する必要はないのかもしれない。

その子は単に近代の枠におさまりきらない
ということだけかもしれないから。(笑)

初春大歌舞伎
配役
辰五郎 菊五郎
お仲  時蔵
おくら 芝雀
藤松  菊之助
九竜山 又五郎
四ッ車 左團次
喜三郎 梅玉

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 投稿者:志野英乃 投稿日:2012年 1月 1日(日)01時06分5秒
前川つかささんの「大東京ビンボー生活マニュアル」の新刊が
出たというので読んでみた。

※「なんにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル」
 前川つかさ・著 イースト・プレス 1143円+税

知っている人の方が少ないと思うので説明すると
昔「モーニング」に連載されていた
大学は出たけど特に就職もせずに
東京のアパートで1人暮らしをしている
コースケという青年の日常を綴ったエッセイ風のマンガである。

これが本当に味わい深くて
今でも時々本棚から出しては読み返している。

新刊は後日談的エピソードが少々と
後のほとんどが過去の名作選という編集だったが
それでも結構楽しむことができた。

今回「なんにもないシアワセ」という言葉が
題名の頭についていた。

思えば、コースケの生き方って
無為、知足。

ブータン国王夫妻が来日して
日本人が感じたことも
何かそんなことではなかったのかと思う。

自分において言えば
自分はただ
脚本を作るだけでいいと思っている。
それも年に1つか2つだけ。

それが自分の道であり
なんにもないシアワセ、なのだ。


謹んで新年のご挨拶を申し上げます。


               志野英乃

2012年―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.