000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

喫茶くしゅん

喫茶くしゅん

PR

フリーページ

2022年07月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
録画してあったNHKBSプレミアムの
少年ドラマシリーズ「蜃気楼博士」完全一挙再放送を見た。
実は少年ドラマシリーズは「風土記」並みに現存するものが少ない。
今回の「蜃気楼博士」も演者の1人が
家庭用ビデオデッキで録画していて
それをリマスター化してやっと放送に漕ぎ着けた経緯がある。
何でも当時、家庭用ビデオデッキは
家賃の20倍の値段がしたそうで
なかなか庶民の手が出るような代物ではなかった。
そもそも当のNHKも当時はテープ自体が貴重品だったせいもあって
違う番組にと次々に上書き撮影してしまったので
ほとんど残らなかったとどこかで聞いたような気がする。
というわけで、「蜃気楼博士」全12回を有難く拝見した。
昔、アメリカでドクター・ミラージュとして活躍していた
奇術師久保寺俊作は現在は日本に戻ってきて隠居生活を送っている。
そこに部屋から一歩も出ずに守護霊を使って
別の場所にいる人を殺すことができると宣言する
霊媒師峠原忠明が現れる。
たとえ出来たとしても、それは何かしらのトリックがあるに違いない
と久保寺は峠原の挑戦を受けることにする。
そして、実際に起こる殺人事件。
峠原は部屋から一歩も出ないばかりか
部屋にあったはずの短刀が消え
それが殺人現場で凶器として使われていた。
そして、事件が解決しないうちに
第二、第三の心霊殺人が起こる。
しかも、第二、第三の事件は峠原が部屋に入っているところが
全国に生中継された中で引き起こされる。
久保寺は峠原のトリックを見破ることが出来るのか。
それとも、それは本当に守護霊が行った心霊殺人なのか。
今回は3回に分けて放送されたのだが
毎回、番組の最後に
泉麻人さんと犬童一心さんが感想を述べ合う
おまけもついていた。
「それにしてもキャスト全員が馬鹿すか煙草を吹かしている」
「蜃気楼博士を演じた井上昭文さんは
 普段は脇役、それも時代劇の悪役などをやることが多いけど
 今回は主役なので、命が尽きてもいいくらいの熱演をしている」
「当時と同じく六時台に見たかった」
などと「テレビ探偵団」よろしく楽しいものになっていた。






最終更新日  2022年07月03日 09時56分41秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.