2019年08月16日

スマホを捨てよ、窓外を見よ。

カテゴリ:カテゴリ未分類
さらに興味が湧いたので
京極夏彦さんの「魍魎(もうりょう)の匣(はこ)」を読んだ。
文庫本で1000ページもある。(笑)
でも、面白かったのでずんずん進んでもう読み終わった。
またもやおどろおどろしい話なのだが
「姑獲鳥の夏」のさまざまな良さ健在で
またもやオールスターそろい踏みで
京極夏彦という作家の地位を不動のものにするに
十分な作品だっただろう。
「姑獲鳥の夏」も「魍魎の匣」も映像化されたようだが
きっと本を読んで繰り広げられる世界の方が断然上だろう。
読書とはそういうものである。
話は少し変わるが
ラジオを聞いてたら
あるパーソナリティが久しぶりに電車に乗ったら
乗客が8割がたスマホの小さい画面を覗き込んでいて
嘆かわしかったと言っていた。
確かに自分も思うに
人と話したり、読書をしたり、ぼーっと窓の外を眺める
人達のいる列車の方が好ましい。
スマホを捨てよ、窓外を見よ。
で、話を戻すと
「姑獲鳥の夏」も「魍魎の匣」もすごい面白いのだけど
志賀直哉の短篇「赤西蠣太(あかにしかきた)」とか
森鷗外の短篇「百物語(ひゃくものがたり)」なんかの方が
ただただ好ましい。
時間を取らせないのに
文章の手触りや読後感の良さがしっかりと残る。





TWITTER

最終更新日  2019年08月18日 20時46分30秒
コメント(0) | コメントを書く