000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北川整体療術院

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

道楽

2011/12/07
XML
カテゴリ:道楽
行きつけの写真屋の企画で“デジラマ”なるものをやってみないかと勧められホコ天でやった駕籠屋にアルフレックスの“金蔵”君を乗せてみました、

アルフレックスってぇのは時代劇の登場人物のフィギュアを作っているメーカーで“金蔵”君は斬られ役シリーズの一人であります

おおよそデジタルと付き合いのない私なので嫁に命じてやらせましたが面白そうです、いずれは自分で・・・・・・・・。

まぁ暇だったんであります。


kinnzou






Last updated  2011/12/08 12:17:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/03/16
カテゴリ:道楽
 最近“寄席”には行けていないがDVDやテレビなどで落語を楽しんでいる。

 ディアゴスティーニの隔週刊のDVDはもう38巻目で各巻二席づつ入っているので好きな噺が聞きたくなった時に困る事は少ない、落語の場合は面白さが演者によって大きく左右されるが寄席に行ってられない苛立ちを紛らわすくらいの役には立つ。

 今日暇な時間が出来たので店で“井戸の茶碗”を観た、落語に本当に悪い奴が出てくることはまずないがこの噺の登場人物はそろいもそろって全員善人!善人が揃うと滑稽なものでしかも頑固ときている。

 実に後味の良い話で何度聞いても飽きません。

 とどのつまり今日は暇であります・・・・・久しぶりに寄席に行きたいなぁ・・・・。






Last updated  2010/03/16 04:45:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/02/17
カテゴリ:道楽
 関心のない人には一切何の事やら判らんでしょうが横浜で手動転轍機を見つけました、大して珍しくは無いのかもしれませんがもしかしたら貴重なのかもと撮ってきました。

 踏切から5メートルくらいのところで一瞬動かしてみたいという衝動に駆られましたが私とて分別ある大人です、写真撮っておしまいです。

 奥に保線用の車両がありそのための引き込み線のポイントのようでしたから手動でも問題ないのかもしれませんね。

 ちょっと鉄オタしてみました。


転轍機






Last updated  2010/02/17 02:46:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/01/29
カテゴリ:道楽
 学研の大人の科学の二眼レフを組み立てた、組立ての過程は実に楽しかった、本当はプラモデルよろしくきれいにそれっぽく塗装して一瞬高級品に見えるようにしたかったがそのようなことを考えるといつまでたっても出来上がらないのでそのまま組んだ。

 失敗としては反射ミラーの保護フィルムが二枚重ねてあると説明書に書いてあったのでセロテープを使ってはがそうとしたがうまくいかずうっかり触ってしまったので慌てて拭いて傷にしてしまった、出来上がってファインダーをのぞくと大した問題でなさそうなのでよかった。

 早速写してみたいがFM2にもフィルムが残っているしリコーフレックスも修理後の試写がまだ、学研で撮るまでちょっとかかるかも・・・・。

 学研は縦型に写真を撮るように出来ていて横に取るのは実にめんどくさそう、ファインダー内で被写体がさかさまに映るので水平を保つのも余程慣れないと困難である、いろいろのぞいていて気がついた、二眼レフが総じて正方形で写真を撮るように作られているのはそういう理由か・・・・・・。

ガッケンフレックス

 まあ、またおもちゃが増えたという報告であります。






Last updated  2010/01/29 07:26:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/01/23
カテゴリ:道楽
 派手さはないが幾何学的に洗練されているかななどと思い撮ってきました。

 三島市内だけでもまだまだ種類がありそうでしばらく楽しめそうです


まんほーる







Last updated  2010/01/23 01:03:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/01/21
カテゴリ:道楽
 昨年末に修理見積もりをお願いしていたリコーフレックスが退院してきた、絞りの調節をする部品が折れたか何かしてf16で固定の状態だった。

 無事に治ってピントも調整、レンズもきれいになって帰ってきた、あまりお金をかけるのもなぁ~という程度のカメラだが縁あって私の持ち物になったのだからもう少しかわいがりたかった。

しかし今月は仕事もろくにせず道楽にばかりうつつを抜かしている。

 仕事しなくちゃ・・・・・。


リコーフレックス






Last updated  2010/01/21 07:15:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/12/27
カテゴリ:道楽
 マンホールが好きな人って結構いるみたい、気になってっからネットで探ってみると熱心なマニアがいるようだ、まあ、どんなものにも“オタク”っているものだ・・・・・とまるで小馬鹿にしたようなことを言っているが私もプチ、マンホールマニアになってしまった。

 店のすぐ近くにも当然マンホールはあるが同じ下水のマンホールにもいくつも種類があって面白い。

 前に紹介した“桜の柄”採用以前の物なのだろうか地味なデザインのものを二種類デジカメで撮ってきた。


マンホール三島3

もうひとつ違うデザインの物も見つけた

三島マンホール4

こちらの方がなんとなく古そうだ、他にバリエーションはあるのか興味は尽きない。






Last updated  2009/12/27 04:46:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/12/25
カテゴリ:道楽
 マンホールが面白いかもとちょっと前のブログで書いたがそうなってくると今迄どうでも良かったものにも目が行く。

 電話線の入っている穴のマンホールであろうが、“電電公社”のマークのままのものが多い、NTTのマークのものも混在しているが取り替えたのかその場所は民営化された後新設されたものなのか興味がわく。

 マンホールのふたなど滅多にダメになるものではないので余程の理由がない限りそのままなのだろう、三島市も以前紹介した“桜”の意匠のものの他にも市章が真ん中に記された地味なものもある、その画像をアップしたい。

 滅多に取り換えないとなると合併で消滅した町名がマンホールに限り相当先まで残ることになるのかな、

 故郷の名前が消えてもその踏みしめる大地は故郷の名前のままってぇのもいいじゃないですか・・・・・。

 たかだか下水の蓋ごときがふるさとのモニュメントになりうると思うとますます面白いと思う次第であります。


電電公社のマンホール

 






Last updated  2009/12/25 05:00:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/12/24
カテゴリ:道楽
 持っている写真機に露出計の付いていないものがある、大体のところを覚えておけば良いのだが何となく度胸がないので少しお金を出してVCメーターなるものを買った、こいつは結構便利だ、しかし昔のカメラのアクセサリーシューはサイズがほんの少し大きいようでしっかりついていてくれない、安くないものなので落っことしたりしてダメにすると辛いので気を使う。

 それからそれほど厳密にしなくても写真は撮れるのだろうがシャッター速度のメモリの刻みが違ってたとえば125分の1の場所が100分の1としてありなんとなく落ち着かない。

 そんな事を考えていたら良い物を見つけた、写真の露出計算尺だ、プリントアウトしてラミネーターで自作できるようになっている、さっそく拵えてみた。

 夜景や室内などの撮影にも対応していてシャッター速度の刻みも“100分の一”があって安心できる。

 良く見るとこちらの速度の刻みが1/10 1/20 1/40 1/100 1/200という具合に表示してあるこれを持ってきたページによると“大陸表記”と言うらしい、私のペトリ君とリコーフレックスは1/5 1/10 1/25 1/100 1/250 と言う進み方をしている、今はほぼ統一されているのだろうがいろいろあるんだな。

 こういうのを使いなれると感覚で露出を決まられるようになるのではないかとちょっと期待。

露出計算尺






Last updated  2009/12/24 06:57:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/12/23
カテゴリ:道楽
数日前の御殿場のマンホールの意匠が面白いと気になってデジカメで撮ったがどうやら地域ごとにオリジナルデザインのものを使っているらしい、

今まで気にもしていなかったがちょっとおもしろいかも・・・・。
マンホール 三島

私の住む三島市もオリジナルデザインで三島桜の意匠です。

マンホール 三島2

色つきのもあった。

どこかへ出かけるたびに下を向いて歩きそうだ。






Last updated  2009/12/23 11:50:34 AM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.