000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★きてぃうさぎ★

☆きてぃうさぎの歴史☆

とりあえず、生い立ちです^^

うさぎだよん

 
そしてきてぃうさぎの歴史はここからはじまります。。。


はーとラインはーとライン

★幼児期★

まず台湾のママと台湾&日本のハーフの父親から私が生まれる。
なので私はクォーターかな?
(今の父親は実は二人目なのら)
台湾で7年過ごし、日本へいく。(ママの再婚とともに・・・)
6歳くらいのときにはママはもうすでに独身になっていて、どこかでかけるたびに
私は友達の家にあずけられていた。
何度も一度別れると数ヶ月会えなかった・・・
さびしくてつらくて、いじめにもあって、ずたずたに傷ついた6歳~7歳。
きたないおおきめな紙袋に服をたくさんつめこんで、家でをこころみたこともある。。。
ひきとめられたけどね(笑)

★日本へ★

もう8歳にもなるころだったかな、大阪へママと一緒にいくことになった。
今のパパとの生活の始まりです。
当時わたしはひとことも日本語を話すことができなかった。
普通なら小学校2年生にあがる年だったのですが、1年おくらせて、1年生からやりなおした。
でも子供の語学の吸収能力はすごいね、うさはたったの2ヶ月で普通の子がしゃべる日本語を
話すことができるようになっていた。
最初はパパのお父さんお母さん(じいちゃんばあちゃん)と同居していたけど、
3年生のときにうさとパパとママは別に小さいアパートを借りて、別々に住むことになった。
なので転校・・・。

でも運がよかったせいか、いじめはなく、すばらしい友達がたくさんでき、
お誕生日にはともだちよんでパーティーしたり、楽しい小学生をおくってたかな・・・
でもパパとママはなぜかしょっちゅう喧嘩してたな・・・
6年生だったある日のこと、パパとママは喧嘩し、ママは私をつれて家出をすることになって
ん~~。毎回そうだけど、もう喧嘩はやめて!っていっても、逆切れされて、
最後に怒られるのはいつもわたしだった・・・。
喧嘩のたび、私は心臓がはちきれそうなくらいに恐かった。ものをなげたりこわしたりというのは
なかったけど、しょっちゅう喧嘩している声や言葉をきくのがすごくつらかった。
人は言葉だけで、ひとを傷つける。ひとを殺すこともありえる。そう理解したころだったな。。。
この家にいたくない、でていきたい・・・でていきたい・・・
そればかりだった・・・。パパとも実はあんまり仲良くなかった。
実の父親じゃないからではなく、逆に父親にとって実の娘じゃないから、本当の娘のように接するとはいったもの
どうすればいいのかわからなかったのかもしれない。。。

今のパパとママでの子供はいない。だから私はひとりっこのようなものだった。
(ママは二度子宮外妊娠をしたのだ・・・)

それは厳しく育てられたな・・・。学校がおわったら、即家に直行ってのが門限。
夕方外へでて公園で遊ぶとか、友達と遊ぶことはなかったな・・・。
かといって、習い事をしてたわけでもなく、とりあえずママのいいなりになってた。。。
それもこれも、今になって、全部私自身のためだったんだと、ママは言う。

★中学生★

門限は中学生になっても一緒だった。でも
ピアスをあけた。両耳に一個ずつね★思春期だよね^^私はバスケットボールクラブにはいって、体をとりあえず動かした。
でも異常に心臓が圧迫され、呼吸困難によくあった。私の体はスポーツするのにむいてないのかな?
そして、たばこを覚えたのもこのころだったっけか。中学2年生だったかな(笑)
いあ、あからさまに、ぐれたりとか、わるさしてたわけではないよ^^
ママが台湾からこっちへお嫁にきて、支えになるというか、頼りになるのは私しかいないからね
私がぐれたら、ママはひとりになってしまう。そうおもっていたから、一般でいう不良と友達はいても、
つるむことはなかったよ(笑)

あああ、中3のときに彼氏ができたんだった★めちゃめちゃパパとママにしょっちゅう注意されたよ。

★高校生★

私立の高校に入る^^
またまたピアスをあける。今度は左耳に2個追加(笑)
だから全部で左耳3つ、右耳ひとつってことだね♪
そして、ひきつづき彼とのお付き合いはつづき・・・
手をつなぐようになり・・・学校の帰りちょっとしたデートをするようになる。
でも近所のおばちゃんに見られて、告げ口される(親に)
そんなくりかえしで、ママには付き合うことを猛反対されるようになり、
かくれて会っているたびに誰かにみつかっては、家にかえると、しばかれてた(まぢで
そうこうしてるうちに、なんだか家にいるのがすごくいやになり
高校卒業したら、仕事をしよう、遠めなところにしよう。
なるべく寮がついているところに入って一人暮らしをしようと考えるようになる。
そして高2になり、身体検査がおこなわれた有る日、心電図の検査で、なんとか不整脈と
診断される。具体的にはおぼえていないけど、毎年精密検査うけさせられたな。
心臓がひとよりすこし小さめで、人間だれしもとしをとったら必ずなる不整脈に若くからもってしまったっていう。
中学のとき、心臓が圧迫されて、呼吸困難になったのは、きっとこれが原因だったんだな。
薬をだされたときもあったな・・・
台湾にくるまでは毎年一度、24時間心電図と、気分が悪いときは、お薬をだしてもらうという
くりかえしだった。
このままじゃ将来結婚して、子供を産むのは難しいといわれたこともある。
そうそう、私が通ってた高校って不良の集まりで有名な学校だったのだ(笑)
スカートをおもいっきり短くしたり、髪の毛をキンキンに染めたり、学校の帰りには
平気でたばこぷかぷか吸っていたり、そんな女子高(笑)
でもうさにはプライドがあった、制服は一切変形しない、髪の毛も染めない、それで3年間とおすときめた。
友達運には恵まれていたのか、まもってくれるいいつれがたくさんいた^^
というか、逆に、ひとの真似をしない、影響されないことで、興味をもたれたのかな(笑)
楽しい高校生活だったよ^^

★社会人★

そして、みごと大阪のホテルニッコー関西空港へ入社することができた。
家から2時間半。寮つき。新築ワンルームマンション。条件は最高
ここから自由な一人暮らしがスタートする★
そうそう、中学高校と付き合っていた彼しとも、心機一転したいということで、
すきなひとができたとうそをついて、別れを告げる・・・。
おやに反対されてたし、彼氏との付き合いのせいで、何度ママに手をだされたことか・・・
それを考えたら耐えられなくなってきて、一度別れようっておもったのだ。
彼には悪いけどね・・・。体や心とともに、痛いおもいをするのはもういやだっておもったのだ。。

そして仕事に燃えたね~。会計、レストランサービス、宴会ヘルプ、フロントサポート
いろいろ経験してきました^^
新しい彼氏もできた( ´ノω`)コッソーリ
けど・・・ギャンブルにはまって・・・いつも私からお金を・・・だから8ヶ月できっぱり別れてやった。
一人でがんばりなさいって^^

4年働いてのち、腰をかなり悪くしたことに気づいて、仕事をやめる決意をする。
アメリカか、どこかへ留学しようかとかんがえはじめる。
そうだ、台湾だ、中国語をわすれかけていた私はもう一度台湾にもどって、勉強しようと
きめたのだw
それから、何をおもったのか、歌手になりたいとおもっていた(笑)
歌をうたうことは小さいころからすきだったんだよ^^

★台湾へと留学★

親からまた離れた台湾にくる。台湾の師範大学の語学教室での勉強がはじまる。
まず3ヶ月、別々で育ったおねえちゃんの家に3ヶ月すみながらの通学、遠いんだよね・・・
タクシーで駅までいってから、電車でまず台北駅までいってから、またバスで学校まで・・・。
交通費だけでもかかっちゃうのよ・・・。
このとき、ねえちゃんの旦那に実はセクハラされたんよね・・・
だから、いとこねえちゃんとこでお世話になることに・・・
台湾にきたことは誰にも知らせたくなかったから、いやだったけど、ねえちゃんには悪いけど
あそこにはもういたくないとおもった。
けど従姉妹ねえちゃんとこからはまたまた遠いことにきづき、2ヶ月半でおもいきって、
台北にて、部屋を借りて、アルバイトをして、学費を稼ごうと決める。
親や、誰にも頼らないでがんばろうとおもった。

そして、新聞でみつけた日本料理店でバイトがきまり、そこのママさんやマスターのおかげで
すむところも決まる(ラッキー★
マスターは日本人だったので、仕事がしやすかったよん★
そして、モデルの仕事をもらったのもこのころね^^
歌手めざしてたから、うたのレッスンもうけたよ♪
けど・・・声に迫力がない、、、全体的に優しすぎると・・・
デモをうたう仕事はもらえたけど、舞台に立つことはなかった・・・。

それからというもの、毎日あそびまくっていたな(笑)
すむところあっても2~3日帰らない日が普通だったりしたのら~~~
お泊りセット3日分は毎日もちあるいていたからねーー(笑)
学校で一生懸命授業うけたあと、そのままバイトいって、2時半ごろから夜の11時。それから
実は親戚がやっているスナックへヘルプでいくようになっていた。
仕事のあがりはだいたい2時ごろ、それから学校の友達とビリヤードいったり、
クラブへ踊りにいったりしていたな・・・
かなりハードな毎日を過ごしていました(笑)
それはもう~、お客さんにも好意もたれて、モテモテだったじょ(うふふっふふふ
あほですなw
私はそうとうなあほです(笑)
そのころ、スナックやってる親戚の紹介でなんと、今の旦那と出会う・・。
6ヶ月でゴールインしたふたりなのらwww

私のめちゃめちゃな生活に驚いたのか、ほっとけなかったのか、めんどう見させてくれといわれる・・・
しばられるのはいやだったな・・・
けど、安心するなにかはあった。
そして・・・
結婚を決意した。
子供できちゃったの!!( ´ノω`)コッソーリ
けど、彼は私を心から受け入れ愛してくれていることは信じていたから、
このひとについていこうと決めたのだ。

まぁ、私の生い立ちを簡単にここで紹介しましたが、かなりおおまかですよ(笑)
この28年間、これだけの文章ではいいあらわせられないよ^^
みんなだってそうだとおもうよ★

★結婚生活★

これはもう、毎日日記を書いているから、読んでもらえたら
だいたいどんな生活しているかがわかるとおもうw


というわけで、最後まで読んでくれてありがとう^^
こんなきてぃうさぎですが、今後ともよろしくおねがいします。ぺこ <(_ _)>


花シルバー

感想はこの画像をクリックしてBBSでお願いします~



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.