3783999 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニバラ写真館

モンテクリスト フォーエバー

2017.5.26
モンテクリストフォーエバーです。この品種は花弁数がやや少ないので蕾のときの姿が魅力的で開いてしまうとやや物足りなく感じます。花径8cm、香りもあります。

モンテクリストは開きかけが魅力2017.5.12
モンテクリストは開きかけが魅力2017.5.12

モンテクリストダブルセンター2017.5.12
モンテクリストダブルセンター2017.5.12

モンテクリスト2017.5.14
モンテクリスト2017.5.14

2012.1.13
 最近咲きが悪くなったと思っていましたら、ガンシュ病に罹患していました。古くから所有している品種で、スレンダーな蕾に魅力を感じていますので、夏まで保たせて接ぎ木して品種の保全をしておこうと思います。

2009.12.3
モンテクリスト
モンテクリスト

 今日は朝からシトシト雨。身の引き締まる寒さではないですがそれでも寒いです。

 今日のミニバラはモンテクリストフォーエバーです。昨日ご紹介した12月上旬のミニバラのなかに入っていたのですが、大輪ミニバラばかりの中に入っていると目立たないですね。

 花径は8cmになっています。切花にした花の香りを嗅いで少し香るかなという感じです。
花弁数が少ないのでスレンダーに咲くのがこの花の特徴でしょうか。

 今回は花弁の縁が覆輪のように色づいていますが、確か上品なピンクの花だった気がします(今年5月に咲いた花)。ミニバラは気温や光の影響を受けやすくて、どんな花が咲くのか咲いてみないと判らないのも面白いところですね。


2009.5.23
モンテクリストフォーエバー
モンテクリストフォーエバー

モンテクリストフォーエバー
モンテクリストフォーエバー

 今年のモンテクリストは、これまでと全くイメージが違って咲きました。これまでモンテクリストといえばこういう花でした。清楚でスマートでやさしい花。

 それが今年はどうしてしまったのでしょうか。やはり肥料の効きすぎでしょうか。オールドローズタイプの花が花弁数が多くなって豪華になるのは一向に構わないのですが、清楚さがなくなるとやや寂しいです。

 といっても花弁数がそれほど多くなるわけではなく、花弁が大きくなりすぎてしまりが無くなったのです。開いてしまったこの大きさで10.5cmになっています。香りは相変わらずあるようですが、確認はしていません。

 咲かせ方に少し工夫が必要かもしれませんね。

2008.9.12
モンテクリストフォーエバー
モンテクリストフォーエバー

 昨年は何の品種かわからなかった花です。やはり蕾の姿が美しかったです。やや開きかけてそのスマートさが薄れました。

 香りはわずかにあります。花径5cm。花弁数が少ないためでしょうか、ほっそりした蕾がとても魅力的な花です。色は同じピンクでもなんともいえないエレガントさを有しています。

 これから寒さが加わってくると、もう少し花弁数が増えてきて、開いても魅力が増すと思われます。

2007-9-29
モンテクリスト

 モンテクリストフォーエバーです。この写真は5月に咲いたときのものです。写真をフォト蔵にアップするため整理していましたら、出てきましてカテゴリを見ましたらまだ一度も紹介していないミニバラのようでしたので、アップしました。(写真をクリックするとフォト蔵にとび、もう一度クリックすると大きな画像が見られます。)

 フォーエバー社のカタログでは花径7.5cmと大きな品種になっています。花弁数が35枚とやや少ないのですが、香りは4程度でした。

 ところが実はすでに紹介していたのです。君は誰と名前のわからなかった品種がこのモンテクリストでした。モンテローザと3文字同じだったので早とちりしていました。夏の間、同じ品種なのに鉢によってずいぶん咲き方が違うなと思っていたのですが、違っていたんです。

 モンテローザは咲きにくかったのですが、こちらのモンテクリストはすっきりと上品にしかも大輪に咲き続けていました。夏のミニバラ10選のモンテローザも、モンテクリストの間違いでした。記事を訂正しておきます。

 モンテクリストフォーエバーを改めて再評価しています。いいミニバラです。

2007-9-12
夏のモンテローザ

 夏のミニバラ第4弾はモンテクリストフォーエバーです。色と香りが上品なのは、一年を通して変わらないですね。

 この写真の花径は6.5cm。咲き進むと8cmまでになります。以前このブログで君は誰と紹介したミニバラは、モンテクリストだったのですね。

 似たような花の咲く、モンテローザは2鉢あるのですが、そちらは花弁が縮こまってあまり素直に咲きません。その一方でこのモンテクリストは比較的スリムに咲きます。

 問題なのは他の2鉢で、咲くときは豪華に咲くのですが、機嫌が悪いと蕾が固く沢山の花弁がクシャクシャと固まって、おおらかに咲かないのです。ことによるとスリップスの影響かも知れませんが、姿は見えないのです。なぜなのでしょうか。

 モンテクリストの香りはけっこう強いです。粉粧楼の香りをやや甘くした感じでしょうか。しかし、ハニームーンほどには甘くありません。ステムもしっかりしているし切花にも出来ます。株の高さは50cmとやや背が高くなりますが自立しますので、お勧めのミニバラです。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.