3839326 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニバラ写真館

PR

全97件 (97件中 81-90件目)

< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 >

活け花 アレンジ 花径比較

2009.10.16
XML
10月のミニバラ切花
10月のミニバラ切花

10月のミニバラ切花
10月のミニバラ切花

 10月中旬に咲いているミニバラを切花にして花びんに入れています。ミニバラでもこれだけ咲けば楽しめますね。

 中央と右の白い花はハイデルベルク、ピンクの大輪はコペンハーゲンです。後ろにある赤い花がトリノ、左がマルセイユ、そのほかのミニバラは忘れました。

 生け花にして4日ほど経っていますが、まったく散る様子もなく長く楽しめています。自宅でこれだけ色とりどりのバラが切花に出来るのは、大輪ミニバラの良いところです。

 また今別の種類が咲き始めていますので10月下旬には全く別の取り合わせが楽しめそうです。






最終更新日  2009.10.16 11:50:45
コメント(0) | コメントを書く


2009.08.11
8月中旬のミニバラ花活け
8月中旬のミニバラ花活け

8月中旬のミニバラ花活け
8月中旬のミニバラ花活け

 今朝5時7分頃また大きな地震がありました。静岡県沖で静岡県では深度6弱。東京でも深度4と連日の地震が続いています。

 しかも今台風9号が伊豆諸島近海に向かっていて、静岡付近に強い雨が降っているようです。台風の直撃は無いようですが、これから大雨が警戒されます。

 先日切花にしたミニバラを花活けに生けてあります。中央の白い花はエキサイティング、左上がコルフ、中央がエスメラルダコルダナ、その奥がボルトウスカレフォーエバーです。白い小さな花はクリームチカコルダナ。後は忘れました。

 何はともあれ地震と大雨でこれ以上大きな被害が出なければ良いのですが。






最終更新日  2009.08.11 08:00:06
コメント(6) | コメントを書く
2009.06.26
6月下旬のバラ開花状況
6月下旬のバラ開花状況

 今日は暑かったですね。朝少しだけ水遣りをして出かけたのですが、帰宅したらERの花が縮んでいました。ミニバラの花は大丈夫でしたがかなり乾いてうなだれている鉢もありました。これからは気をつけなければいけませんね。

 毎日、大きくなった蕾に袋をかけ、袋の中で開き始めた物を切花にするだけでかなり時間を取られ、ゆっくり写真を撮れません。特に今日は忙しかったので、昨日に引き続いて切花の写真です。

 中央の花はションテロゼミサトで下の白い花はグラミスキャッスルです。奥に写っている真紅の大輪のミニバラはファッションパティオです。この暑さの中で全く花径が小さくなることなく咲き、しかも長持ちします。香りはありませんがお勧めの品種です。

 そのほかにはリヨンフォーエバー、カバナパレス、モンテクリストフォーエバーなどが写っています。もうどれが何の品種だったか判らなくなりますが、色とりどりで目は楽しめます。ミニバラだから狭い場所でもこれほど多くの品種を今の時期に楽しめるのですね。

 まだまだ毎日咲き続けそうです。いつまで咲かせておくかが問題ですね。葉の色が悪いのは肥料不足かもしれないと油粕の大きな玉肥えを隅に埋め込んでみました。どうなるでしょうね。






最終更新日  2009.06.26 20:06:01
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.25
6月のミニバラ切花集合
6月のミニバラ切花集合

 6月のミニバラの開花状況です。といっても切花にしてコップやミニ花びんに入れたものを寄せて撮っています。ほぼ真ん中の青いミニバラはグラウンブルー、その下はERのシャリファアスマです。他の花はその花との比較で花径をご想像下さい。

 6月に咲くミニバラには必ずスリップスが入り込んでしまいます。この対策としてポリ袋を固い蕾のうちからかぶせると防げることが判り、さら梅雨の雨風対策にも有効ということが判りました。

 そうして咲かせたミニバラですが、それを袋を取って外に置いたままにするとどこかからスリップスが飛んできて花弁の間に入り込んでしまいます。そのため、袋の中で開き始めたときにすぐに切花にして家の中に飾って咲かせることにしました。我が家の栽培棚にあるミニバラは常に袋のかかった蕾という状況です。

 袋をかけないうちに先端が緩んでしまった蕾は、残念ですが切り取って洗剤液に浸けてしまいます。それでもスリップスの数は減らないのですからどこかで大量繁殖していて飛んでくるのでしょうね。

 こんなことを繰り返していますので、家の中はミニバラの花で一杯になります。最近は蕾にかけるポリ袋が不足してかけられない状況になっています。ちょうど良い薄さと大きさのポリ袋は100円ショップにしか売っていませんので、機会を見て今度は大量に仕入れておこうと思います。






最終更新日  2009.06.25 21:47:28
コメント(6) | コメントを書く
2009.05.10
ミニバラ花径比較
ミニバラ花径比較

 ミニバラが沢山咲きましたので、一度花径の比較を行っておきます。左上2種はイングリッシュローズで花径の比較のためにおきました。我家で咲いているミニバラを自分で切ったのですが、こうして並べているうちに品種がわからなくなってしまったものもあります。

左上から
シャンテロゼミサト9cm グラミスキャッスル7cm ファッション10cm グラウンブルー10cm マラガ10cm デュエット9cm エメリー9cm ティファニー9cm

2段目左から
エビアン8.5cm モンテシステラ8cm ベラオプティマ8cm 忘却8cm サンタバーバラ8cm コーネリア8cm アラスカ8cm レモンコルダナ8cm

3段目左から
ビンカ7.5cm モーニングブルー7.5cm ナルボンヌ7.5cm カラメラ7.5cm スカーレットオベーション7cm ホワイトピーチオベーション7cm カミラ7cm
オーバーナイトセンセーション7cm

4段目左から
バルデソーレ7.5cm 忘却6.5cm サンビーム6cm クラウディア6cm サンゴ6.5cm ヘルメス5cm ソワレ5cm トレンディ4cm

 以前の花径比較の写真より一段と花径の大きいものが揃っている感じです。






最終更新日  2009.05.12 18:53:00
コメント(6) | コメントを書く
2009.05.09
黄色いミニバラ5種色比較
黄色いミニバラ5種色比較

 これまでご紹介した黄色のミニバラを一堂に集めて、色の比較をしてみました。

一番左がコーネリア。その右上がハイデルベルク。その右がアマルフィー

コーネリアの右下がレモンコルダナ、その右がサンドリーナです。

 皆さんはどの黄色がお好きでしょうか。もっともこの春に咲いた色合いということで、次に咲くときの色が同じとは限らないのがミニバラの特徴ですから、これで優劣は付けられませんね。

 このほかにもまだ黄色のミニバラが沢山咲いています。何でこんなに増えたのかなと不思議で仕方がありません。自分で買ったのですがねー。 






最終更新日  2009.05.09 19:51:05
コメント(2) | コメントを書く
2009.05.08
ブルー系ミニバラ3種比較
ブルー系ミニバラ3種比較

 ミニバラのブルー系といわれる3種の花が同時に咲きましたので、色の比較をするために、寄せて一緒にとって見ました。

 一番大きいのがグラウンブルー、左がエビアンで、右がモーニングブルーです。どれも実物どおりには色が再現できていない感じですが、概ねの違いは判っていただけるでしょうか。

 皆さんはどの色がお好きなのでしょう。私は今のところは、グラウンブルー、モーニングブルーで、エビアンは変わっている色ですが好きというほどではありません。






最終更新日  2009.05.08 19:08:32
コメント(6) | コメントを書く
2009.03.25
ミニバラ新芽の違い
ミニバラ新芽の違い

ミニバラ 新芽の違い
ミニバラ 新芽の違い

 ミニバラが新芽を勢いよく伸ばしています。今までの品種ではそれほどの違いを感じなかったのですが、今回は品種によってあまりに色や大きさが違うのでご紹介します。

 上の写真は色の違いです。
上の左から順にファッション、ベルモンテ、エヴィータ
下が左から  ボルトウス、 レナータ、 モナ    です。

 特にレナータの葉の色があまりに黄色いのでビックリしました。これが普通の色なのか、まだ若いからこの色なのかわかりません。

 下の写真は、左がモーニングブルー、右がチュチュです。

 レナータとモーニングブルーは春の芽吹きを始めて迎えるので、その違いに改めて驚いています。






最終更新日  2009.03.25 09:20:58
コメント(8) | コメントを書く
2008.09.21
ミニバラ切花
ミニバラ切花

 夕方になって激しい雨が降り始めました。昨日、ワックス系の展着剤を使って散布したのでその効果を確認に行きましたが、500倍程度では水滴をはじいてはくれないようです。

 新葉のほうはきれいに水滴をはじいていますので、ワックス分がしっかりとあるのでしょうね。今度はもっと倍率を濃くして散布してみたいと思います。

 この切花は、昨日切って活けておいたものです。一番大きな花はハニームーンで花径7.5cmになっています。その他の花も大きく咲いていますので、花瓶に挿してもはえます。

 花弁には虫食いが出ているのですが、遠目には分かりません。ルリマルノミハムシの仕業で行くたびに数匹捕まえているのですが、絶えません。

 この長雨でまた、黒点病が蔓延するのでしょうね。






最終更新日  2008.09.21 18:58:12
コメント(4) | コメントを書く
2008.09.16
初秋のミニバラ花径比べ
初秋のミニバラ花径比べ

 しばらく行っていなかった、花径比較を行いました。夏にも咲いていて比較した写真を撮ってみたいなと思ってはいたのですが、すぐに開いてしまって、一度に撮影できる数が集りませんでした。

 今回は、大輪種を中心にあまりに小さな花がありますので、それとの比較を中心にしました。

左上から
グラウンブルー、グラミスキャッスル、ハニームーン、エメリー、エスメラルダ
中段左から
コペンハーゲン、ボナンザ、ハイデルベルク、サンタルチア、トリノ
下段左から
カラメラ、メルロー、パヒューマーコルダナ、ビンカ、カリナ、カリブラ

 カップの大きさは5cmですのでそれで比較してみてください。
 一番大きなグラウンブルーは花径8cm。一番小さな朱色の花カリブラは2.5cmです。

 グラミスキャッスルはイングリッシュローズで香りが良い花です。ミニバラでもこうした人気の花と花径では劣らない花が増えていることが嬉しいです。

 しかし、ビンカやカリナ、カリブラなど花径の小さなミニバラもあります。導入したときは花径が5cm~6cmということでした。ミニバラの本当の大きさは栽培してみないと分からないものです。






最終更新日  2008.09.16 11:21:02
コメント(4) | コメントを書く

全97件 (97件中 81-90件目)

< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.