996480 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気まぐれ Kiyo の etc.

PR

X

プロフィール


KIYO

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

rainbowbri.jpg
2008年10月10日
XML
カテゴリ:アホ家族の日常

日中は、動くと汗ばむ東京でした。

歯痛の痛み止めが効くようになり、かなり楽になりましたが、
食事食事中にうっかりそこで噛んでしまうと、
思わず悲鳴びっくりを上げそうな痛みが襲います!涙ぽろり

日付が変わってしまっているので、
今日(10日)の夜にはオータムミーティングへ出発します。
もう少し歯の痛みが気にならない程度になって欲しい・・・しょんぼり


さて今日は、昨日ちょこっと書いた「駐車違反」の話し。

ホタ助が駐車違反を犯しながら、
ゴールドきらきら免許のままでいられる事について。

今年の春から(?)、駐車している時間に関係なく、
つまり、たとえ1分の駐車でも、違反の取り締まりになる。
それは知っていたのだが、それは建て前であって、
実際には、数分程度は大丈夫・・・そう思っていた。

ところが、ホタ助はスーパーへ寄り、
ものの数分の駐車、本人曰く「5分と駐めてない」
にもかかわらず、しっかり違反のステッカーを貼られてしまった!ショック

昔のように、2回の巡回で取り締まるのではなく、
駐車車両を見つけて、その場で端末に車両情報等を入力し、、
その間にドライバーが現れなければ、ステッカーを貼られ、
しっかりと駐車違反として取り締まられてしまう。
甘い思い込みは、大失敗に繋がるね・・・。

交通違反反則切符と言えば、青切符と赤切符がよく知られ、
Kiyoは、不幸にも両方とももらった事があるのだが、
今回、ホタ助がもらった切符は、黄切符と呼ぶのか、
実物を初めて目にしたので、その画像を載せちゃいましょ!

放置車両標章(表)  放置車両標章(裏)
よ~くご覧頂きたい・・・、確認開始時刻と取り締まりの時刻時計
(画像クリックでフォト蔵へ飛びます、元画像でどうぞ)

正式には「放置車両確認標章」と呼ばれるようだが、
実際に、車両が現行犯で取り締まりを受けながら、
その場に、ドライバーがいない場合が多いため、
車両に放置違反確認標章を貼り付けられる事になる。
本来であれば、その標章を持参して、
最寄りの警察署へ出頭するのが当たり前に感じる。

ところが、放置違反金(駐車違反反則金と同額)を
金融機関から払い込むための用紙が、
数日後に、車両の使用者宛、郵送されるのだという。
あくまでもこれは、違反者が出頭しない場合に送られる名目だが・・・。
これが何ともヘンテコなシステムになっていて、
場合によっては、正直者がバカを見るような、
とても奇妙な事が起こってしまうようだ。

考えられるホタ助が取る行動は、大きく分けて二つある。

一つは、私が悪うございました、とばかり
払い込み用紙の送付を待たず(あるいは知らず)に、
最寄りの警察署に標章を持って出頭し、反則金を支払う事。
この場合、反則金を支払い
さらに駐車違反の免許点数が課せられる事になる。

もう一つは、警察へは出頭せず、
払い込み用紙の到着を待ち、金融機関から違反金を振り込む事。
この場合、違反金を支払うが、免許点数は課せられない。
車両の所有者、使用者、両方に減点がないとの事だ・・・。

つまり、ホタ助はこれを調べ、
払い込み用紙を待つ事にしたため、
免許点数、いわゆる減点が課せられず、
ゴールド免許は、そのままになるというわけ。

喜ぶホタ助を見つつ、な~んかコレっておかしくないかぁ!?

正直に警察に出頭した場合に、反則金を支払い、減点が課せられ、
出頭せずに、払い込み用紙を待った場合に、減点がない。
これでは、ダレも出頭なんかしなくなるよね・・・、
警察としては、反則金が入るのは一緒だから、問題はないのか!?しょんぼり

何だかまとまりのない文章になっちゃいました・・・、
くわしくは
コチラに出ていますので、ご覧下さいな。

------------------------------------------------------------------

今日の子ニャンたちは、まず赤リボン猫VSチビ猫の闘いに始まり、
途中から青猫が参戦・・・、赤猫が集中攻撃を浴びてる・・・、
かと思いきや、見た目にチビは赤と青を仲裁してるかのようだ!ウィンク


右矢印  赤リボンVSチビのはずが・・・.jpg  左矢印
赤リボン猫VSチビ猫だったけど・・・


みんなに応援して頂いて、必死に頑張るチビ猫
お腹の傷がみるみる小さくなっていったのですが、
その後、小さいながら傷がずっと塞がらず、
相変わらず体液が流れ出ています!わからん

体液で常に濡れているお腹と足が、
変色して茶色くなってしまっています。
そんなチビ猫のお腹を、一生懸命舐めるルビー猫です。


右矢印  チビに愛情を注ぐルビー.jpg  左矢印
チビ猫に愛情を注ぐルビー猫







最終更新日  2008年10月10日 01時06分19秒
[アホ家族の日常] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.