000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

きざし昇の雑記帳

視力回復センター



「アッ!先生、さっきはどうも・・・先生もお昼ですか?」

「たしか、田中さんでしたネ。
 ここは視力回復センターから近いし、なかなか美味しいんですよ♪」

「先生のお勧めは、なんですか?」

「これ、これが一番のお勧めですよ♪
 田中さん、こいつは絶対後悔はさせませんよ♪」」

「じゃ、僕もソレとおなじのをお願いします!」

「先生、お食事中ですが、ちょっと質問させていただいていいですか?」

「どうぞ♪」

「先ほど、視力回復センターで先生に目の検査をしていただきましたでしょ。

 視力回復トレーニングの効果を高めるのに、目に良いと言われている食品にも、気を使ったほうがいいんでしょうか?」

「そうですね、相乗効果を考えれば、いいことだと思いますよ。
 特にブルーベリーなんかは、眼に良いと聞きますね」

「仕事がら先生も、眼の健康には気を使っていますか?」

「やっぱり、気にしていますね♪」

「ですよネ。やっぱり、先生に勧められたように眼は大切ですから・・・」

「田中さん、視力回復トレーニングに、何か心配でもあります?」

「・・・じつは、眼の大切さは十分理解はできるのですが、中途挫折をしてしまう僕の性格を考えちゃうと、せっかくトレーニングをしても、効果がでるかどうか」

「ウン、大丈夫ですよ! 私の所は薬や機材を使いませんからね。
独自に開発したトレーニング法で、正しい眼の使い方を覚えもらって、田中さんの間違った眼の使い方を矯正しますからね。

田中さんみたいな性格の方にこそ、絶対後悔はさせませんよ♪」

「そうですよね・・・

 その手軽さが魅力なんですよね・・・

 でも・・・」

「でも?・・・ まだ、何か心配でも?」

「先生の・・・」

「はい? 私の?・・・」

「先生のメガネが、ラーメンの湯気で曇っているのが、 さっきから気になって・・・」


© Rakuten Group, Inc.