117119 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

きざし昇の雑記帳

2011.04.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんなブログ記事がありました。

幾分かは事実なのでしょうが、なんか文章の書き方に『優しさ』がないような気がしました。

****

原発周辺の立ち入り禁止地区 「カラスが遺体に」との証言.
2011年04月11日07時00分 提供:NEWSポストセブン

災害救助犬の調教師・村田忍さん(39)は、今回の東日本大震災の救助要請を受けて、災害救助犬で愛犬のレイラとともに岩手・大船渡にはいった。そして、3月24、25日には福島に出動。しかし、福島では、むごい状況と直面することになった。

 * * *
原発の周囲は立ち入り禁止になっているので、遺体があるとわかってもそこへ行くことができないんです。ですから、避難先の高台から双眼鏡などで自分の家のほうを見ている人たちがいるんです。たいていカラスが集まっているところに遺体があるんですが、ただ見ていることしかできなくて、

「おら! おれの爺さまがカラスに食われてる!」

と叫んでいる人までいました。地獄ですよ。ようやく1週間前に、防護服を着た自衛隊員が遺体の収容作業にあたるようになったそうですが、愛する人も、愛する動物たちも、カラスや野良犬の餌食になっているんです。

****

必要以上に気を使う必要はないのですが、他者に対するいたわり、尊厳の感覚がね・・・ なんか低いと思えてしまいます。

野良犬の餌食ですか。。。。

なんとも他人ごとのような・・・・

ひとには想像力があるものですが・・・・

  

しかしこの記事を書いた人は、伝聞を文章に起こしたのか、流行りのネットの摘み食いかもしれません。

避難先の高台から双眼鏡か何かで見ているんですよね。

多分、避難地域の境界線から見ているのでしょう。

  

しかし、双眼鏡の倍率で人の遺体の確認ができる距離なら、武装した北朝鮮の国境警備兵が配置されていない状況なら、保存に赴くと想うのですが・・・・

それに、自分の肉親ならなおさらでしょうが・・・・

市民が入手できる双眼鏡レベルで、肉親の遺体であると確認できる性能のものがあるものでしょうか??

  

確かにまだまだ、高レベル放射線地域の捜索は進んでいないと想います。二重被害を防止のためには仕方がありませんので、ただただ手を合わせ鎮魂の意を表すしかないのかもしれません。

この記事に、この現実を思いやる気持ちはどの程度あるのでしょう。

 







Last updated  2011.04.11 15:04:43
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Category

Recent Posts

Comments

きざし昇@ Re[1]:民主党の安住淳議員(06/10) alex99さん >この男は、表面はいいが裏…
alex99@ Re:民主党の安住淳議員(06/10) この男は、表面はいいが裏はいやな男だそ…
きざし昇@ Re[1]:イージス艦あたご衝突事件 妄想(05/30) alex99さん >私は初めから漁船側の過失…
alex99@ Re:イージス艦あたご衝突事件 妄想(05/30) 私は初めから漁船側の過失と考えていまし…
cozycoach@ いろいろと 説明していただき、ありがとうございまし…

Favorite Blog

日本は人権問題にど… 徒然2020さん

ボロボロっす ぶんさださん
ちょっと本を作って… 秦野の隠居さん
ガードマンのつづる… 杉山巡さん
写真の撮り方 ギルモア8さん

Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.