000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

きざし昇の雑記帳

2011.05.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

黄砂の季節が来ました。
  
今から30年ほど前の、「日中友好バンザイ」ブームの時、シルクロードをイメージさせる黄砂は、いにしえの時代ロマンを感じさせるものでした。
  
しかし冷静に考えて見れば、黄砂の発生地域は、中国の中国的な環境意識のもとで核実験が行われた地域です。
  
日本に黄砂が飛んでくるルートの途中には、底質の石炭をワンサカと使う地域があります。
もちろん、中国的な環境基準で排出された煙ですから、黄砂の粒がこの地域を通過するとき、燻製のように、タール物質でコーティングされることになります。

  
すなわち、黄砂の粒の割れ目や穴に入っていた放射性物質が、気ままな風まかせの旅の途中に、こぼれ落ちないようにしてしまいます。
  
さらには、中国本土上空にあるゴミやら細菌までも、ベタベタしたタール状物質が吸着してしまいます。

  
  
ある程度重くなった、毒粒はさすがに日本本土までに来る前に落下するでしょうが、飛散している量が中国的な量ですから、重くなった毒粒も日本にもやって来ることはあります。
  
こんな季節がやって来たと言うことですね。
  

そんな季節を迎え、毒粒黄砂の本家である中国では、日本製農産物の禁輸措置や放射能汚染の検査をしているそうです。 
確かに、自国民の健康保全は、共産党政府の仕事ですから当然でしょう。
  

ならば、日本側はそのような中国政府の心意気に感じて日本政府が持つ放射線量の測定データをリアルタイムで開示するべきですね。

そのことによって、日本の放射線汚染に対する態度を明確にするべきです。

  

日本政府が持つ放射線量のデータです。

当然、中国国内にある日本大使館や領事館、日本政府関係施設で観測している放射線量も、リアルタイムで誰でもが見れるようにネットで開示しなければなりません。 

      
中国だけではなく、
日本政府関係の日本国内の施設が購入する、中国産食材の放射線量の測定データも開示するのは当然のことです。
  

日本政府の持っているデータの開示ですから、

中国の人達に日本の情況を知ってもらうために

手抜きはダメです。

信用されるために、

今すぐ、

日本政府の持つ放射線量測定結果を開示しましょう。 







Last updated  2011.05.03 17:06:48
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Category

Recent Posts

Comments

きざし昇@ Re[1]:民主党の安住淳議員(06/10) alex99さん >この男は、表面はいいが裏…
alex99@ Re:民主党の安住淳議員(06/10) この男は、表面はいいが裏はいやな男だそ…
きざし昇@ Re[1]:イージス艦あたご衝突事件 妄想(05/30) alex99さん >私は初めから漁船側の過失…
alex99@ Re:イージス艦あたご衝突事件 妄想(05/30) 私は初めから漁船側の過失と考えていまし…
cozycoach@ いろいろと 説明していただき、ありがとうございまし…

Favorite Blog

日本は人権問題にど… 徒然2020さん

ボロボロっす ぶんさださん
ちょっと本を作って… 秦野の隠居さん
ガードマンのつづる… 杉山巡さん
写真の撮り方 ギルモア8さん

Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.