000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

きざし昇の雑記帳

2011.05.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

中国で再び食品スキャンダル、ニワトリに「バリウム」
2011.5.13 17:24
 
 中国の重慶市で、体重を重くするために鉱物を食べさせられていたニワトリ1000羽以上が当局に押収された。英字紙チャイナ・デーリーが10日報じた。中国ではこのところ、食品の安全性をめぐる問題が再び相次いでいる。

 同紙によると、重慶市の当局は、ニワトリの消化管から「未知の異物」が見つかったとの消費者からの通報を受けて調査を開始。7日にニワトリ約1000羽を積んだトラック2台を調べたところ、「重晶石」の粉を与えられていたことが分かったという。重晶石は、病院でのレントゲン撮影時などに使われる硫酸バリウムの結晶。

 中国では2008年、メラミン入りの粉ミルクを飲んだ乳幼児少なくとも6人が死亡し、約30万人が健康被害を訴えるなど大きな社会問題となっていた。

 先月には同じく重慶市のアイスクリームメーカーから、有害物質メラミンが混入した粉ミルク26トン以上が押収されていた。(ロイター)

 

***

  

パクリ新幹線も、中国の科学技術結晶だと宣言していましたが・・・

世界最速も結構ですが、安全面に対するコストはどうなんでしょう?

私が一番心配するのは、中国製の弾丸列車が走るレールの品質とメンテナンスです。

例えて言うなら、高性能弾丸を発射する大砲に使われる材料の品質とメンテナンスということになります。

大砲に使われていた部品の品質は良かったとして、交換された部品の品質の保証はどうなのでしょう。結果を深く考えない儲け主義が出てくると、粗悪品の混入率が、バレルまで高まるような気がします。

それに日々のメンテナンスのレベルも、品質維持に重要です。

  

以前私が設計担当していた商品で、購買担当者から中国系の商社から半額以下のパーツの売り込みがあって、その品質確認の依頼がありました。

台湾メーカーのパーツをまるごとコピーをしたと、言っていたそうです。

それで検査をしてみると、外見は同じなのですが、金属シャフトの材質が良くなくて使えませんでしたが、その話をすると、すぐに材質の改良をしたものを値段が同じで持ってきました。

そうこうするうちに、使えるものになったので、購買の判断で切り替えをしたのです。

様子を見ながら少ロットの購入の時は、納品契約の時の品質が守られていたようなのですが、3ヶ月程すると怪しい情報がユーザーから入るようになりました。

そして検査をすると・・・・

予想通り、粗悪品が混入していましたが、分析してみると最初にNGをだした物と同一のものです。

事故で混入したのか、故意に混入したのか・・・・

品質を安定させる気がないのか、それとも、バレるまでやるのか、ホトホト安心ができませんでした。

いくら注意をしても、中国側の担当者は平気のようです。

品質の安定のためにこちらがエネルギーを掛けても、どうやら無料の品質チェックを日本側がやっていると思っているようでした。

 







Last updated  2011.05.13 18:22:42
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Category

Recent Posts

Comments

きざし昇@ Re[1]:民主党の安住淳議員(06/10) alex99さん >この男は、表面はいいが裏…
alex99@ Re:民主党の安住淳議員(06/10) この男は、表面はいいが裏はいやな男だそ…
きざし昇@ Re[1]:イージス艦あたご衝突事件 妄想(05/30) alex99さん >私は初めから漁船側の過失…
alex99@ Re:イージス艦あたご衝突事件 妄想(05/30) 私は初めから漁船側の過失と考えていまし…
cozycoach@ いろいろと 説明していただき、ありがとうございまし…

Favorite Blog

温暖化問題はどうなる New! 徒然2020さん

ボロボロっす ぶんさださん
ちょっと本を作って… 秦野の隠居さん
ガードマンのつづる… 杉山巡さん
写真の撮り方 ギルモア8さん

Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.