051962 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

岩手県盛岡つなぎ温泉 ホテル三春 オフィシャルブログ

PR

楽天プロフィール

設定されていません

コメント新着

櫛桁 武@ ホテル三春に関心もって メインページを見たが 温泉だというのに 施設紹介に浴槽風景が…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
hirake5ma3tanuki3@ 楽天フォトの写真について 突然ですが 楽天フォトの祭りの写真をお…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/0g2y0dp/ ちょ…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

岩手県盛岡つなぎ温泉ホテル三春
2008年12月14日
XML
テーマ:温泉について
カテゴリ:カテゴリ未分類
■硫化水素は猛毒であることは誰でも知っている。最近は自殺に使用されたり、石膏ボードの廃材から硫化水素が発生したニュースが多い。

■温泉にも硫化水素はある。所謂、泉質で言う硫黄泉です。ただし温泉に使用出来るのは硫化水素60PPM以下と法律で規定されています。この他に風呂の造り方や取り扱いの方法、浴室内部の濃度など法律で事細かく規定されています。消費者は以外に知らないようですが温泉に入る以上は知って欲しいと思います。

■硫化水素はガス成分ですが比重が空気より重い。このため温泉水よりぬけた出た硫化水素は浴槽内部に滞留し濃度が上がります。このことから
  1)外窓の下部に引き戸を設け、上層部にも換気孔を設けガスの滞留を防止すること。
  2)湯舟のへりは洗い場より高くすること。
  3)温泉は湯面より上から掛け流すこと。
  4)湯舟は常に全満にしておくこと。
などが法律で規定されています。

■取り扱い規定として浴槽下部の引き窓は頻繁に開け硫化水素を滞留させないこと。
  1)浴槽湯面から上位10cmの位置の濃度 20ppm
  2)浴室床面から上位70cmの位置の濃度 10ppm
を超えないようにすること。

■基準の適応対象となる泉質は、総硫黄(総硫化水素+チオ硫酸に対応するもの)が2mg/kg以上含まれる温泉。

■このような規定になっているが上記の風呂の写真を見てください。外窓下部が引き窓になっていなす。

■冬になると寒いから窓を開けるな、夏になると虫が入るから窓を開けるなという人がいるが、これは温泉知らずですね。お客様の安全がどのように守られているか考えて欲しいとおもいます。













最終更新日  2008年12月14日 23時52分58秒
コメント(79) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.