429430 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*** 私の闘病 Diary ***

PR

Recent Posts

Free Space






Calendar

2020.10.23
XML
テーマ:闘病日記(3907)
カテゴリ:**
初めて抗がん剤治療をした4月末
あの頃は三重苦(味覚異常・嘔吐・下痢)で本当に辛かった
昨日まで大丈夫だった物が、突然ダメになり
牛乳⇒豆乳 麦茶⇒緑茶 ポカリ⇒レモン飲料 とかに変えていた

家族が作ってくれた御飯が全く食べられない
塩味が苦く感じて(味覚異常は初経験で調味料のせいだと思い全部捨てた)

一人では何も出来ず、毎日が腹痛で痛み止めを飲んで1時間以上さすってもらい
やっと眠ることができた
家の中で杖を使ってやっと歩く生活…要介護2の認定を受けた
絶望的になり、悲観的になり、恨みつらみだけが頭の中でグルグルしていた

癌はどんどん成長する…そして成長する過程でその臓器が機能しなくなる
切除不能の癌は何もしなければ半年、化学治療をして効果があれば
寿命を半年~1年~と伸ばせるらしい

私の場合、今の抗癌剤(オニバイド)が効かなくなったら残りは
数種類の抗がん剤を組み合わせたFOLFIRINOX療法のみ

家族に迷惑はかけたくないの一心で、まだ動ける内にと終活に励んだ
そんなこんなしている内に、チョットづつ歩けるようになり
ご飯も食べられるようになり、8月には食事の支度も出来るようになった
味覚異常は暫く続いたが、少しずつ回復していった

三重苦で輸血までしていたのに
ご飯が食べられる様になり栄養状態(アルブミン)の数値が激変する
下痢は続いていたが、主治医と相談して副作用に下痢のある薬を全て止めた

そして暫くして、何とか車椅子での通院から解放される
嘔吐しながらのシャワー・ビニール袋持参のトイレは何だったのか

現在はスーパーをはしごできる程に成ったけど
腫瘍マーカーの数値が悪い号泣



 






Last updated  2020.10.23 10:31:11
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.